オーストラリアの主要都市「シドニー」

都会と自然が身近にある

オーストラリア最大の都市で、都会のイメージが強いものの、中心地からほんの少し足を伸ばすだけで、豊かな自然に溢れている2つを欲張りに楽しめるのがシドニー。
北端のパームビーチから南のクロヌラビーチまで、大小27以上のビーチがあり、世界的にも有名なボンダイビーチはなんと市内中心からバスで約30分ほどで行く事ができます。ビーチはいつも身近にあってシドニー生活と切り離せないものの一つかもしれません。


アルバイト先が多い

英語力とこれまでの経験によって就けるアルバイトの種類が変わるものの、シドニーはオーストラリアの都市で一番アルバイトの求人が多い都市でしょう。
日本食レストラン、お洒落なローカルのカフェ、レストランなどの接客業から、オフィスワークまで様々。
「生活費が高い」というイメージのあるシドニーですが、到着後から早い段階でアルバイトスタートしていくことができるのは嬉しいポイントです。
アルバイトでは現地でまず「経験」を積むことが大切です。アルバイトの経験は、履歴書に職歴として書くことが出来るので次のアルバイト探しのときにもプラスになり、さらに条件の良いアルバイト先へステップアップも目指せます。


交通の便が良い

シドニーの主な交通機関は、バス、電車、フェリーの3種類で、どこへ行くにもアクセスは抜群。日本の「Suica」や「ICOCA」などでおなじみの、公共交通機関で利用できるチャージ式Opal Card(オパールカード)を使えば、1週間にカードを8回以上利用することで得られる特典(それ以降の運賃は無料というウィークリー特典)も。また、日曜日は一律2.5ドルになりますので、平日あまりOpal Cardを使っていない人でも一枚持っておくと便利です。


羽田と成田から直行便あり

東京成田空港から日本航空(JAL)、カンタス航空(Qantas)の直行便に加え、2015年からは羽田空港から全日空(ANA)、カンタス航空の直行便も就航となりました。
羽田空港発着便が加わったことにより、日本国内各地より国内線→羽田空港→シドニーとよりスムーズな移動ができるのも魅力です。
3航空会社の値段を比較して、キャンペーンもあればお得なチケットを購入することも可能ですね。


人種のるつぼ

南半球最大の都市シドニー。世界各都市からも近いため、世界中から人が集まります。シティで周りを見渡すと、オーストラリア人はもちろん、ヨーロッパ、インド、中近東、アジア、南米、アフリカと沢山の人々、そして聞こえてくる言語も多国籍です。シティにいるとオーストラリア人はもちろん、英語も各国それぞれのアクセントの有る英語を話す人がいますので、パーフェクトに話せ無くても大丈夫。英語を話せば耳を傾けてくれる環境があります。


選べる生活スタイル

シドニーでは、沢山のレストランやカフーェが集まるシティ周辺でグルメ、ナイトライフ、ショッピング、観劇、アート、イベント等、刺激的な都会を楽しむことが出来ますし、週末はシティから30分程度郊外に行けば世界的に有名なボンダイ・ビ−チ、マンリービーチで海を楽しんだり、ナショナルパークで森林浴等リラックスした時間も満喫できます。その日の気分によってシティライフ、ナチュラルライフを選べるのが贅沢です。


学校やコースの選択肢が豊富

シドニーの学校数はオーストラリアの中でも多いため、競争が激しく各校の開講コースも多岐に渡ります。コースによってはシドニーでしか開講をしていないコースも有りますので、目的に合わせて多種の選択肢から自分にピッタリの学校を選ぶことが出来ます。