クイーンズランド州の州都ブリスベン

ブリスベンの公共交通機関

ブリスベンの主な公共交通機関は、電車、バス、フェリーです。

その中でも、バスを利用する事が多く、バスの利用に慣れると、車を持っていなくても快適なブリスベン生活を満喫できます。

しかし、日本と違って電車もバスも遅れる場合があります。慣れないうちは時間のルーズさにイライラさせられるかもしれませんが、大らかなオーストラリア人達は多少の遅れはあまり気にしないので、豪に入れば豪に従えの精神で利用しましょう。

まずはGo Cardを購入しよう!

ブリスベンだけでなくクイーンズランド州内共通のICカードが Go Card です。日本のPASMOやSuicaのようにチャージして乗降時に車内や改札に設置されてある機械にタッチするだけ。バス・電車・フェリー全て共通して利用できます。

★go cardお得な使い方
<~2016年まで>
「月曜日スタート~日曜日まで」の1週間で9回以上利用すると、Go Card10回目は無料になります!つまり、留学生なら<月~金までの通学で往復9回>乗ると、金曜日の帰り~土日は電車・バス・フェリーとも無料で乗り放題になり、ブリスベン周辺だけでなく、サンシャインコースト~ブリスベン~ゴールドコースト間もすべて無料になりますので、週末は少し遠くへ足を伸ばしてみるのも良いですね。
<2017年以降~>
2017年以降は上記の「10回目から無料」が廃止となりますが、平日の運賃が値下げになり、且つ、「9回目から半額」に変更となります。

Go Card の種類

Go Cardには<一般大人用Adult(青)><学生用Concession(緑)><子供用Child(黄色)><シニア用Senior(赤)>の4種類があります。

語学留学の学生とワーキングホリデーの方は青色の一般大人用Adultカードを購入してください。
中高生や、TAFE・カレッジ・大学でCertificate~Diploma~Bachelor~Postgraduate 等のコースに在籍している学生は、留学生でも緑色の学生用Concessionカードを購入することができ、交通費が半額となります。留学先の学校で発行される学生証に「クイーンズランド州が認定校の学生」という証明になるロゴがある方が、この<緑色の学生用Concessionカード>の対象となります。

Go Card 使用の注意点①
改札のある駅は少なくほとんどが無人駅ですが、Go Card をタッチする機械は必ず設置されています。電車・バス・フェリーとも「きちんとGo Card をタッチしたか、無賃乗車していないか」車内にインスペクターが見回りに来ます。乗車時Go Card をタッチし忘れてた場合、罰金235ドルが課されますので、Go Card のタッチは忘れず行いましょう。また、<緑色の学生用Concessionカード>を使っている学生は学生証を求められる場合もあるので、Go Card+学生証を持ち歩きましょう。

Go Card の購入方法

Go Card はブリスベン近辺多数のコンビニやニュースエイジェンシーで購入できます。初めてGo Card を購入する際に必要な最低金額は10ドル(うち5ドルはデポジット)です。
チャージ(オーストラリアではTop up と言います)は駅に設置されている機械やコンビニ・ニュースエイジェンシーで出来ます。

コンビニ等でチャージする場合の一言英会話
Can I top up ○○(金額) dollars, please?
(○○ドルチャージしてもらえますか?)

Go Card 使用の注意点②
乗降車時に機械にGo Card をタッチし忘れると、次回利用時にGo Card から10ドルが差し引かれます。機械が故障などで作動しない場合はオンラインで(またはトランスリンクに電話で)カードに返金してもらえます。乗車時、残高が足りなくて1セントでも入っていれば、マイナスの表示は出ますが降車することが出来、次のチャージ時にその金額がカードから差し引かれます。

Go Card 以外に紙のチケット(切符)で公共交通機関を利用することも出来ますが、Go Card は紙のチケット(切符)より30%オフの運賃で利用できるので、クイーンズランド州に留学中のほぼ100%の方がこのGo Cardを購入しています。

Zoneと交通費

運賃は、ゾーンの移動数(何ゾーン移動したか)によって変わります(電車・バス・フェリー共通)。ブリスベンの語学学校はほとんどがZone 1に位置しています。留学生・ワーキングホリデーメーカーの方はZone2 のシェアハウスに住む方が多いです。

ブリスベンのZone Map

Zone交通費
Zone13.20ドル
Zone23.90ドル
Zone35.96ドル
Zone47.85ドル
Zone510.32ドル
Zone613.09ドル
Zone716.28ドル
Zone819.32ドル

ブリスベンのバスの利用法

BNE bus

市内・郊外と網の目のように通っているので慣れてしまえばとても便利。バスの正面に3桁の数字と目的地が書かれています。自分の目的地を通るか判らない時は運転手さんに尋ねてみましょう。

バスの乗り方

①乗りたいバスが来たら手を上げて合図を出す   
②前方の入り口から乗車する
③Go Card の機械にカードをかざす(Touch ON)
④降りたい停留所の手前でボタンを押すとランプが光り、次のバス停で停まってくれる
⑤Go Card の機械にカードをかざす(Touch OFF)

オーストラリアのバスには車内アナウンスがありませんので、目的地の目印やひとつ前のバス停を覚えておきましょう!夕方5時以降や週末はバスの本数が減るので、乗り過ごしのないように事前に時刻表をしっかり確認してください。また、オーストラリアのバスは日本ほど時間に正確ではありませんので、バス利用時には時間に余裕を持ちましょう。

ブリスベン市内を循環する無料バス

ブリスベン市内には Free Loop(フリーループ)と呼ばれる無料バスが運行しています(平日の朝7時~午後6時前まで15分間隔)。


フリーループの停留所はセントラル駅(stop26)、シティホール(stop21、)、QUT(stop114)、クイーンストリートモール・・・など市内に18箇所にあり、中央駅~ブリスベン市内中心部~クイーンストリートモール~観光地でもあるボタニックガーデンなどを周遊します。

バスの路線は時計周りと反時計回りの2本で、赤い車体が目印です。Go Card も不要なので旅行者でも市内観光に気軽に利用できます。

「トランスリンク」サイトで乗り換え検索しましょう

クイーンズランド州公共交通機関情報はTranslinkサイトからアクセスできます。1番よく使うのがJourney Planner(乗り換え案内)。

サイトにアクセスすると画面左側にJourney Plannerが出てきます。これを使えば目的地までの行き方を簡単に調べることが出来ます。
Translink


バスの時刻表の出し方

バス番号が分かる場合はJourney Plannerの下にあるTimetableにバスの番号を入れて時刻表をみることができます。

timetable

Findを押すと下記の画面がでるのでPDFファイルをダウンロードすれば時刻表を手に入れることができます。

PDFfile

トランスリンクをうまく利用していろんな所に出かけてみましょう!