変圧器、変換アダプター、どうしたらいいの?!

オーストラリアの電圧、変圧器、変換アダプター

オーストラリアの電圧

オーストラリアの電圧は240Vとなっており、日本の100Vに比べると電圧が高く、日本の電化製品をそのままオーストラリアのコンセントに挿すと故障するばかりでなく、火災の原因にもなりますので注意が必要です。

日本製のスマートフォン、タブレット、パソコン、デジカメなども240Vまで対応しているものがほとんどです。

ノートパソコンであれば電源ケーブル途中にある変圧器(四角い箱型のもの)に240V対応と記載されているか確認の上、コード途中の変圧部分までが100V用のまま(ケーブルが細い)という事もありますので、心配な方は変圧器を使う方が良いかもしれません。

また、取扱説明書、充電器に必ず記載がありますので、確認してください。240Vまで対応している場合は「変換アダプター」のみ用意すれば大丈夫です。対応していない場合は、「電圧変換器」を使用する必要があります。

変換アダプター

オーストラリアと日本ではコンセントの形状が違いますので、必ず変換アダプターが必要です。
日本のコンセント形状は=の形をしたA形プラグ、オーストラリアのコンセント形状はハの形をしたO形プラグです。
変換アダプターは安いものだと日本で200円程度で購入出来ます。こちらも日本で準備してきましょう!

変圧器が必要なものは持ち込まない。現地購入をオススメ。

オーストラリア留学に、変圧器を必要とする電化製品を日本から持参する方はほとんどいません。強いて言えば、ドライヤーと炊飯器くらいですが、ドライヤーのようなモーター(熱を発する)の付いた電化製品を持参し海外で使う場合、電化製品の電気容量の3倍前後の電気容量対応の変圧器を使用する必要があります。例えばドライヤーのワット数が1000Wだとすると、3000W前後の変圧器が必要になります。

このように大容量の変圧器は値段が非常に高く、サイズも大きく、何より重いです。
ドライヤーも炊飯器も、オーストラリアに現地対応のものがありますので、日本から変圧器と一緒に持ち込むよりも、現地での購入をオススメします。

変圧器

もしどうしても変圧の必要がある電化製品をオーストラリアで使用する場合、変圧器の購入時には<ダウントランス>と<アップトランス>の2種類がありますのでお気をつけください。

ダウントランス

海外で流れている240Vの電圧を、日本の機器で使えるように100Vまで下げる(ダウンする)もの。

アップトランス

日本で流れている100Vの電圧を、海外の機器で使えるように240Vまで上げる(アップする)もの。


つまり、日本の機器を海外で使うにはダウントランス、海外の機器を日本で使うにはアップトランスが必要となります。

ダウントランスとアップトランスを間違えないように気をつけましょう。また、変圧器を購入する際はワット数にも気をつけると良いでしょう。

デジカメやノートパソコンは10~75ワット、ドライヤーは800~1500ワットと、ワット数が全然違います。変圧器にはワット数を制限しているものもありますので変圧器を購入する際は確認することをお勧めします。必要な人は渡航前に日本で購入しておきましょう。