ワーキングホリデーで学ぶ!働く!旅をする!

ワーキングホリデー基本情報

ワーキングホリデーとは、18~30歳(イギリスは18~25歳)の若者を対象に協定を結んだ2国間で、最長1年間定められた期間中に、相手の国の文化を学び、交流するという目的で発足した制度です。

その期間には、旅行はもちろん、滞込資金を補うためのアルバイトや学校で勉強することも認められてます。
日本では、1980年にオーストラリアと政府間協定を結び、その後、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、台湾、香港が加わり、現込11カ国との間で、この制度が実施されています。


ワーキングホリデーで出来ること

オーストラリアのワーキングホリデー制度は、現地でのアルバイトは同一雇用主であれば、最長6ヶ月まで働くことが出来ます。学校で英語を学ぶ期間は最大4ヶ月となります。

一定の都市に滞込してじっくり語学力を身につける人もいれば、転々と旅をし続ける人もいたりで、ワーキングホリデー制度の利用の仕方は人それぞれです。しかし、ビザが簡単に取得できるからといって、気軽に渡航し、無計画に過ごすのは無駄に時間とお金を使ってしまいます。

帰国後の就職やキャリアアップにつながるような体験、もちろん自分自身の成長に繋がる具体的な目標をかかげて、さまざまなことにチャレンジしましょう。


ビザ申請はインターネットから

最初のワーキングホリデービザ申請はオーストラリア国外からインターネットで行います。

これまではオーストラリア大使館への郵送による申請のみでしたが、現在は原則としてインターネットを使ったEビザシステムのみとなります。通常早ければ3日ほど、遅ければ2ヶ月ほどでビザ発給許可通知書(VGN)がEメールで届きます。

2回目のセカンドワーキングホリデーは、オーストラリア国内・国外から申請可能です。


セカンドワーキングホリデー

2005年11月より、ワーキングホリデー制度を持つ国で初めてセカンドワーキングホリデー制度が決定されたのがオーストラリアです。

最初のワーキングホリデーでの滞在期間中に、オーストラリアで政府の指定する第一次産業で3ヶ月以上働いている事が申請条件となります。また、ファーストワーキングホリデーと同じく、年齢制限、扶養家族の有無も申請条件にあります。