オーストラリア留学中に住むところは?

オーストラリア留学中の滞在方法

オーストラリアでの滞在方法は様々ですが、留学生の代表的な滞在方法としてはホームステイ・学生寮・シェアハウスの3つが挙げられます。ここではそれぞれの滞在方法の良い点悪い点、かかる費用などを案内します。


ホームステイ

オーストラリアでの生活を始めるにあたって、英語の環境に身を置き、オーストラリア人の生活様式や文化に触れるためにお申し込み頂くホームステイ。住宅事情の違いもあり、日本ではまだあまり見られませんが、オーストラリアでは留学生を自宅に迎え入れる事が気軽に行われています。

ホテル・寮での滞在や自分でアパートを借りるのに比べると、現地の一般家庭に入り、生活を共にしながらオーストラリアの文化・習慣・言葉を学ぶ事が出来るユニークなシステムです。しかし、「お金を払っているから世話してもらって当然」、という感覚ではうまくいきません。

お世話になっているという謙虚な気持ちでの滞在を心がけ、各家庭にある基本的なルール(門限、就寝時間、食事の時間、トイレ、入浴、洗濯、掃除、電話など)を事前に確認し、滞在中はホストファミリーの生活習慣を尊重して下さい。
日本とは生活習慣が違いますので、疑問があるのは当然ですし、最初は誰でも慣れない言葉や文化、生活習慣の違いで戸惑うものです。最初に決まり事を確認しておくと、後々気兼ねすることもないでしょうし、コミュニケーションを取るきっかけにもなります。遠慮せずに、どんどんホストファミリーに確認を取り、コミュニケーションを取ると良いでしょう。変に遠慮したり、ごまかしたりするのはかえって失礼ですし、自分で勝手に判断するのは何かしらの誤解を生む事にも繋がってしまいます。

また、出来るだけ家族との会話を持つように心がけましょう。部屋に閉じこもってばかりでは、英語や文化等に触れるせっかくの貴重な機会を逃してしまい、ホームステイをしている意味がありません。

意外に困るのが、ホストファミリーに日本のことについて色々質問された時。日本の文化、社会などを学び、英語で伝えられるように準備をしておくとホストファミリーとの交流もますます深くなります。


ホームステイの良い点(メリット)

やはり英語環境でいられるという事。学校で学んだ英語を家で使う事で英語が習慣になります。
また、オーストラリア人の考え方や、ルール、マナーなどを知る事も出来ます。文化交流には最適です。
オーストラリア留学センター、或いは学校などの手配会社の担当者が視察に行っている事。万一の問題発生時にサポートしてくれるのは安心ですよね。シェアの場合は基本的に自分で問題を解決しなくてはいけません。


ホームステイに滞在する場合のリスク

門限や食事の時間など、家庭のルールをある程度守らなくてはいけない事。でも当たり前の事ですよね。オーストラリア留学センターでは日本人スタッフが視察したホームステイをご用意しておりますが、どんなに評判の良いホストファミリーを手配しても50人に一回くらいは、「私とは相性が合わなかった」、なんて言われてしまうのも事実です。確かに相性の問題もあると思いますので最初から長期で申し込まずに、まずは1ヶ月程の申し込みをしたら良いでしょう。


ホームステイをする場合の費用(2016年度)

基本的にホームステイは入学する学校にて一緒に手配をしていただきます。
語学学校手配のホームステイ費用については、各語学学校が提示する、手配費、宿泊費が必要になります。
宿泊費には平日2食(朝、晩)、週末3食(朝、昼、晩)の食事代が含まれます。

※なお、クリスマスホリデー期間(12月23日~1月1日)に滞在が重なる場合は、別途、特別期間の追加料金が加算される学校もありますので、ご注意ください。

下記は大体の週あたりの平均的な額です。

滞在都市 宿泊費
シドニー 週あたり約290ドル
メルボルン 週あたり約280ドル
ブリスベン 週あたり約265ドル
パース 週あたり約270ドル
アデレード 週あたり約265ドル
ゴールドコースト 週あたり約260ドル

空港出迎えサービス費用について(2016年度)

空港出迎えサービス希望の際は、到着空港により変わります。これは各都市によって、空港から市内までの距離が大きく変わるためです。各空港毎の空港出迎え費用については、下記を参考にしてください。

行程 空港出迎え費用
シドニー空港 → シドニー地区へ 片道 約185ドル
メルボルン空港 → メルボルン地区へ 片道 約170ドル
ブリスベン空港 → ゴールドコースト地区へ 片道 約230ドル
ブリスベン空港 → ブリスベン地区へ 片道 約165ドル
ゴールドコースト空港 → ゴールドコースト地区へ 片道 約165ドル
ゴールドコースト空港 → ブリスベン地区へ 片道 約230ドル
パース空港 → パース地区へ 片道 約150ドル
アデレード空港 → アデレード地区へ 片道 約150ドル

※深夜着などの場合、到着時間により空港出迎え費用に追加料金が加わる場合があります。また、深夜着の場合ホームステイ先の受け入れが難しい場合がありますので、事前にご連絡ください。


学生寮

ホームステイのように門限や食事の時間に決まりがあるのに抵抗がある、でもいきなりシェアハウスは探せない・・・という方に人気なのが、”学生寮””学生アパートメント”です。語学学校が管理をしており、学校を通して申し込みをすることができます。学生寮にも様々なタイプがありますが、キッチンやリビングルームは共有で、ベッドルームは1人部屋、もしくは2人部屋となります。(寮によってはどちらかのタイプしかないところもあります)


学生寮の費用

都市、学校や寮のタイプによって非常に大きく異なります。1人部屋ですと週180ドル〜400ドル程度、2人部屋ですと週130ドル〜250ドル程度となります。また滞在費以外に滞在手配費、保証金(ボンド)などが発生します。


学生寮の良い点(メリット)

同じ学校の学生同士で仲良くなることができます。学生寮には多国籍の学生が滞在しているため、友達作りには最高の場です。一緒に料理をしたり買い物をして、交流を深められます。また、ホームステイのように門限や食事の時間を気にしなくて良いという点を、メリットと感じる方もいるでしょう。


学生寮に滞在する場合のリスク

生活スタイルはシェアハウスとほぼ同じですが、学校が手配をしていることもあり、ご自身でシェアハウスを探すよりは割高となります。ですから、はじめの1ヶ月程度は学生寮でその後はシェアハウスに移られる流れがお勧めです。また学生寮は非常に人気のため、半年以上先まで満室ということもあり得ます。学生寮に滞在を希望の場合は早めの手続きが必要となります。


シェアハウス

オーストラリアのワーキングホリデーメーカーや、留学生の多くは、滞在費を安く抑えるためにシェアと呼ばれる滞在方法を取っています。日本では知らない人同士や知らない男女が同じアパートに住むのは抵抗がありますが、オーストラリアではごく当たり前に受け入れられています。

例えば、寝室が2つある2ベッドルーム(2BEDROOM 日本の2LDK)のユニット(Unit/Flat マンションの事)を、賃貸主(オーナー)が不動産業者や家主と賃貸契約を結び、オーナーはメインの部屋に住み、空部屋を貸してもらう事をシェアをしていると言います。

シェアをする場合は不動産業者との面倒な手続きは必要ありません。部屋が空いていれば見せてもらい、お互いの条件があえば日時を決めて入居します。

基本的に家賃は週払い/2週間払いで、またボンドと呼ばれる保証金を払いますが、家具を壊したりしなければ退去する時に全額戻ってくるのが一般的です。退去時には最低でも2週間前にその旨を伝えるのが一般的です。また使った部屋はきれいに掃除しましょう。


シェアをする場合のメリット

オーストラリア人やその他外国人の同年代の人たちと一緒に住めば、英語も学べ、文化交流もできます。逆に最初は外国人と住むことにどうしても抵抗や不安がある方は、日本人向けのシェアハウスなどもあります。また滞在費用が抑えられるという点は、留学生には一番嬉しいポイントではないでしょうか。


シェアをする場合のリスク

日本の常識とオーストラリアの常識は少なからず違うところがあります。後で話したら良いだろう、とか、インターネット位使わせくれるだろう、と言った考え方をすると良くありません。入居時に何が約束事なのか納得できるまで聞くようにしておいた方が賢明です。電話代、電気代、駐車場は使えるのかどうか?冷蔵庫の中の住み分けや日用消耗品の補充など予めオーナーとよく話しましょう。
また、 多くの方が平和に生活してはいますが、一方でいろいろなトラブルが発生している事も事実です。最初からボンド(敷金)目当てで日本人に部屋を貸し、短期間で追い出すケースや、シェア広告を出し、訪れた人間に暴行を加えると言った犯罪も残念ながら過去にはありました。特に女性一人でシェアの見学には行かないようにしてください。トラブルを避けるためにの自己防衛が必要です。


シェアをする場合の費用

一週間当たり:100ドルから200ドル (ご滞在都市で費用が違ってきます)


シェアをする場合の探し方

最近は、インターネットでシェアハウスを探すのが主流です。インターネット上のクラシファイド情報からシェア募集を見て、電話などで連絡をします。また語学学校の掲示板や友達の紹介でみみつかることもあります。