英語力検定試験の種類について

英語力検定試験にはどんな種類があるの?

世界中にある様々な英語力検定試験の中から、日本とオーストラリアでの進学・就職に不可欠な4種類の英語試験(IELTS、Cambridge、TOEFL、TOEIC)についてご案内します。


IELTSについて

International English Language Testing System(IELTS;アイエルツ)は、英語力4技能(話す、聞く、書く、読む)の能力を測る英語力試験です。世界120カ国で実施され、年間100万人以上のが受験しており、教育機関や企業でも注目されているため、進学・就職採用の基準ともなっています。
IELTSは、オーストラリアはもちろん、ニュージーランド、イギリス、カナダのほとんどの高等教育機関で認められており、大学や専門学校への入学の英語条件として幅広く利用されている他、移住のビザ発給に必要な英語力を証明するのにも最適な試験です。
アメリカでも TOEFL に代わる試験として、入学審査の際に採用する教育機関が増えています。


ケンブリッジ英語力検定試験について

ケンブリッジ英語検定試験は、世界で最も知名度の高い英語資格です。
あまり日本では馴染みのない試験ですが、ケンブリッジ試験を統括しているケンブリッジ大学の所在地イギリスだけでなく、ヨーロッパ諸国ではTOEIC・TOEFLなどその他の英語試験の中でも1番の信用度と認知度を誇っています。
ケンブリッジ英語検定試験は、試験結果がスコア・点数で表されるTOEICやTOEFL、IELTSと違って、一度認定を受けると、一生涯その資格を保有することができることも人気の理由の1つとなっています。
また、試験のレベルはKET~CPEまで5段階あり、自分に合った英語レベルの試験を受験することができるのもケンブリッジ英語試験の大きな特徴です。


TOEICについて

TOEIC(トーイック)とはTest of English for International Communicationの略称で、身近な内容からビジネスまで幅広い英語のコミュニケーション能力を測る世界共通のテストです。
世界60カ国で実施されています。
日本国内の企業や教育機関ではTOEFLと並んで最も知名度の高い英語試験の1つです。
問題はListeningとReadingのみで構成されており、合否ではなく10点から990点までのスコアで評価されます。


TOEFLについて

TOEFLテスト(Test of English as a Foreign Language)は世界中で受験されている、英語運用能力テストのリーダー的存在です。
現在TOEFLテストのスコアは、約110ヵ国、6,000以上の機関で英語運用能力の証明として使われています。
2005年9月に米国より導入(日本では2006年7月)された新形式のTOEFL iBTは、実際のコミュニケーションに必要な「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を総合的に測定します。より実践的な英語運用能力を測るべく、受験者が英語をどれだけ「知っている」か、ではなく、「使える」かに焦点をあてています。
主に北米での進学・就職の基準として採用されています。


オーストラリアで採用されるのは?

オーストラリアで広く認知されている英語力検定はIELTSケンブリッジ検定試験になります。専門学校や大学への入学基準英語力証明、ビザ申請などにも必要になる英語力証明資格です。両試験対策コースとも、オーストラリアの語学学校で開講しています。