Incoming Passenger Card

オーストラリア入国カードの記入方法

オーストラリアに入国する際、飛行機内で入国カードが配られます。このカードは入国審査の際にパスポートと一緒に提出するカードとなり、お名前、パスポート番号、利用便名の他、オーストラリアに持ち込む物など、必要事項を記入します。入国カードは、青色または黒色のペンを用い、英語で記入する必要がありますから、搭乗の際はペンを持参しておきましょう。


オーストラリアの入国カードの記入方法



全て英語で記入します

  • 1.姓 例 > YAMADA
  • 2.名 例 > TARO
  • 3.パスポート番号 例 > MR123456
  • 4.搭乗機または搭乗船名 便名を記入 例 > QF360
  • 5.オーストラリア国内での滞在予定先 > 滞在先の住所を記入してください。
  • 6.オーストラリアに向こう1年間にわたって滞在する予定ですか?
    • ワーキングホリデービザ、長期学生ビザ > YES
    • ETASや、1年間以内の学生ビザ > NO
  • 7.結核にかかっていますか?
    • はい > YES
    • いいえ > NO
  • 8.犯罪歴がありますか?
    • あります > YES
    • ありません > NO
  • 9.下記の全ての質問に答えなければなりません。
      どう答えていいか不明な場合は、はいに×をつけてください。
      下記の物品をオーストラリアに持ち込もうとしていますか?
    • 禁止または規制されている物。医薬品、ステロイド、鉄砲、武器、不法な薬物
    • 1125mlを超える、アルコール類、または紙巻タバコ250本または250gを超えるタバコ製品
    • 贈答品を含めて、海外で入手した品物、あるいはオーストラリアの免除店等で購入した品物で、合計額がAUD400を超える場合
    • 業務/営業目的の物品/見本
    • 豪ドルまたは外貨で合計AUD$10,000ドル相当以上
    • すべての食物-乾燥、生鮮、保存加工、調理済実調理などを含む (カップラーメンやお菓子などを含めた、なんらかの”食品”を持ち込むのであれば、必ず”はい”を選んでください。)
    • 木製品、植物、植物の部分、伝統的な医薬品、薬用・食用および香料用の草本植物、種子、球根、藁、ナッツ類など
    • 器具、卵、バイオテクノロジー製品、標本、鳥、魚、昆虫、貝殻、蜂製品、ペットフードを含む、動物、動物の体や毛の一部、およびそれらを使用した動物製品
    • 土、またはたとえばスポーツ用品、靴などのように土の付着した物品
    • 過去30日以内にオーストラリア以外の国で農業地域を訪れた、または家畜に触ったりその近くに行きましたか?
    • 過去6日間以内にアフリカ、または南米に行きましたか?
  • 10.署名 > パスポートと同じ署名および、本日の日付を記入してください。
  • 11.この航空機または船舶に搭乗した国 例 > JAPAN
  • 12.職業
  • 13.パスポートに記載されている国籍 > 例JAPAN
  • 14.生年月日 > 日/月/年
  • 15.旅行者または一時入国者 ×印を記入
  • 16.オーストラリアでの滞在予定期間 > 予定している滞在期間を記入。
  • 17.居住国 日本であれば、JAPAN
  • 18.オーストラリアを訪れる主な理由
    • 大会/会議
    • 商用
    • 友人あるいは親類訪問
    • 就職
    • 教育
    • 展示会
    • 休暇
    • その他該当する項目にチェックをしてください。

入国カードの両面の質問に完全に答えたことを確かめてから、到着時にパスポートと共に提出しましょう。