2018年11月30日

結果重視で学校を決めたい!ラングポーツで長期留学!


読む、書く、話す、聞く4技能をスキル毎に勉強が出来る、独自カリキュラムを提供しているラングポーツ・イングリッシュ・ランゲージ・カレッジ(ブリスベン校)。このUFOプログラムと母国語禁止ポリシーは有名ですが、ラングポーツの他の特徴は?

今日はラングポーツを選ぶ3つの理由をお伝えします。留学後しっかりと結果を出したい!そんなあなたは、最後までお付き合いください!

お勧めポイントその1:ケンブリッジ英語検定に強いカリキュラムと高い合格率

長期留学の最終目標がケンブリッジ英語検定の合格!そんなあなたはラングポーツ・イングリッシュ・ランゲージ・カレッジ(ブリスベン校)を第一候補に考えましょう!理由は3つ。

①初級(PET)、中級(FCE)、上級(CAE)の3種類を用意!
ラングポーツでは、ケンブリッジFlexi(PET, FCE, CAEレベル)、ケンブリッジFCE、ケンブリッジCAE、ケンブリッジCPEを開講しています。

ケンブリッジFlexiコースは、毎週月曜日から入学が出来、4〜10週間の受講が可能です。午前中にレベルに合わせたケンブリッジ試験に特化した勉強を行い、コース終了時のテストは必須ではありません。このコースは、入学日指定のあるケンブリッジコース入学前の準備コースと捉えて頂くと良いでしょう。

ケンブリッジFCE、ケンブリッジCAE、ケンブリッジCPEは、入学日が決められており、10〜12週間クラスメイトが変わらない環境で学習を行います。コース終了時の試験は必須です。

英語レベル初級からケンブリッジFCE合格を目指す場合は、ケンブリッジFlexi PET→ケンブリッジFlexi FCE→ケンブリッジ FCEとレベルアップをしながら勉強を行うことが可能です!

【スピーキングが伸びたなと感じたコース】FCE Flexiコース
クラスにスイス、スウェーデンからの留学生が多く入ってきて、彼女たちの英語力は非常に高かったです。今までの留学中、スピーキングで困ったことはありませんでしたが、このコース中は自分のスピーキング力に落ち込むこともありました。

最初は引け目を感じたこともありましたが、積極的に話そうとした結果、少しずつ話すことが出来るようになっていきました。自分よりも英語、教養・知識のレベルが高い学生と一緒に勉強することが出来たので、モチベーションの維持、まだまだ自分のレベルは足りないという気づきにもなりました。このコースでは、実際の生活で使える英語を学ぶことが出来ました。→口コミ全文はこちら


②ケンブリッジFCE合格率の高さ!
ケンブリッジFCE合格を目指す方が多いので、ラングポーツ ブリスベン校の過去1年間の合格率をご紹介!

2017年 9月 合格率95% (日本人2名合格)
2018年 1月 合格率92% (日本人2名合格)
2018年 3月 合格率82% (日本人1名合格)

他のブリスベンの語学学校と比較をしても、合格率は高くなっています!合格率の高さの秘訣はコース終了時の受験必須のテストと担当教師にあり!


③評価の高いケンブリッジコースの講師!
(写真右:Aly)
ラングポーツは長年フルタイムで勤務をする教師が多いことも特徴の一つですが、ケンブリッジコースを担当する教師についてはいつも良いフィードバックを頂いています!

その中でも、Alyは当社のお客様からも非常に評価の高い教師の一人です!(※ケンブリッジコースは、Aly以外が担当をすることもあります。)

Alyは、生徒に質問をよくします。復習が自然と出来るスタイルです。また、ゲーム形式も多かったです。プレゼンテーションをしなければいけないことが多く、それでまた勉強をすることが出来ました。→口コミ全文はこちら

先生のアリーは、美人でおしゃれなだけでなく、経験や知識が非常に豊富な方です。何を聞いても明快な回答が返ってきますし、授業も綿密に計画されているのが分かります。さらに、生徒のやる気を引き出すことに長けているので常に楽しく勉強することができました。ラングポーツは素敵な先生ばかりですが、アリーは大好きな先生のうちの一人になりました。→ケンブリッジFCE合格体験談はこちら

お勧めポイントその2:英語力を伸ばしたい!そんなあなたをサポートしてくれるアカデミックマネージャー


アカデミックマネージャーのMatt。次のコースは何を受講しよう?長期留学だけど、今の英語レベルからどのようなプランで英語力を向上させることが出来るだろうか?彼は、全ての学生に対してスタディプラン組みそして勉強の悩みなどを聞き、的確なアドバイスをしてくれます。

キャンパス1階の受付横にある個室(母国語禁止ポリシーを破ると顔写真が貼られているボードの前辺り)におります!

Mattへのインタビュー動画


ラングポーツには、日本人スタッフが在籍しておりますが、基本的にクラスやコース選びで何か困ったことや悩みがあった場合には、英語でMattに相談をする必要があります。学校選びの段階ですと「えぇ、でも伝えたいことが英語で出てこないのですが・・・」と感じてしまうかもしれませんが、Mattは今まで数多くの留学生を対応していますので、恐れることはありません!また、当社のお客様も問題なくMattに相談をされています!

自分の持っている語彙・英語力を使って英語で話す練習!ラングポーツには英語で努力出来る環境が揃っていますよ。


お勧めポイントその3:ファミリーだと感じることが出来るアクティビティ設定

全ての語学学校には、授業以外で英語に触れることが出来る環境の一つとして、”アクティビティ”というものがあります。他の学校にはないラングポーツ独自のイベント、当社お客様から人気のアクティビティをご紹介します!

①スポーツを通して交流しよう!

Langports QLD cupと呼ばれる、半年に一度ブリスベンキャンパスとゴールドコーストキャンパス対抗のスポーツ大会が開催されます!競技はサッカー、バスケット、バレー、タッチラグビー、テニス、バドミントン、卓球、チアリーディング対決。

この大会に向けて、授業後に練習を行うのでクラス外にもお友達が出来るチャンス!そして、留学中少しなまりがちになる体を動かすいい機会です。

バレーボールの様子


チアリーディング(ブリスベンキャンパス)

※このスポーツ大会に参加しない場合は、キャンパスで授業を受けることが出来ますので、ご安心ください。

半年に一回、ゴールドコースト校vsブリスベン校でスポーツ大会があるので、とても楽しかったです!。→口コミ全文はこちら


②団結力を高めて合格を目指す!

先述をしたケンブリッジFCE,CAE,CPEコースはコース期間(10~12週間)クラスメイトが変わりません!また、コース終了後の試験は必須のため、クラス全体でモチベーションを上げて、合格を目指すことは不可欠です。

コース開始1週目にクラス全員+教師でランチ!という学校も多いですが、ラングポーツは日帰り遠足(エクスカーション)を実施しています!

ブリスベン校はサーフィンとカヤックを行うために、ゴールドコーストまで!アクティビティを通し、教室外で過ごすとぐっとクラスメイトとの距離も縮まり、翌週から一緒に勉強に集中することが出来ます!

このクラスは入学日が指定され、コースの途中に入学者がいないゆえにクラスメイトとの絆を深める事が出来ます。このコース終了時にFCEの本試験を他校で受けるのですが、クラスメイトの大半は試験日直後にそれぞれの国に帰ってしまうため、別れを惜しんで泣く子も続出する程でした。まるで家族のような仲間たちに出会え、私たちはこのクラスの事を「FCE family」と呼んでいます。→ケンブリッジFCE合格体験談はこちら

コース開始1週目の金曜日に、ケンブリッジコース全体(FCEとCAE含め)でゴールドコースト(Tallebudgera beach&creek)へ行く日帰り旅行がありました。午前中にサーフィン、午後はカヤックと体力的にかなりハードなスケジュールとなっていますが、移動中のバスやお昼の時間など他の生徒と距離を縮めるとても良い機会でした。
ケンブリッジFCE合格体験談はこちら


③当社お客様に人気のアクティビティ

毎週木曜日にあるパブナイト。最初の1杯は無料!そして教師も参加してくれるので、教室の外を飛び出したし他のクラスにお友達を作ることも出来ます!


約3ヶ月に一度開催されるインターナショナルデイ!自分の国の料理やお菓子を持ち寄り、他の学生達とシェア!多くの留学生が通学をしているラングポーツなので、いろいろな国の料理を試してみることが出来るお楽しみの一つ!


パブナイト(木曜の夜)、スチューデントパーティー(イースター、ハロウィン、クリスマス)、イートストリートマーケット、ムービーワールドに行きました。ゴールドコースト校vsブリスベン校で行われる、ラングポーツゲーム(スポーツ大会)にも参加しました。インターナショナルデイと呼ばれる、各国の食べ物を持ち寄ったパーティーも楽しかったです!
口コミ全文はこちら

ラングポーツ・イングリッシュ・ランゲージ・カレッジ(ブリスベン校)の費用例

ラングポーツでは、現在長期留学の方向けにキャンペーンを行っています!(お申込み期限:2018年12月23日)
多くの留学生はまず4週間ほどホームステイにて滞在し、その後シェアハウス等に移動されるため、宿泊については4週間のホームステイとして費用を算出しています。※1ドル85円で計算しています

ワーキングホリデービザで17週間の就学+4週間のホームステイ

入学金255ドル
授業料週410ドルX17週間=6,970ドル
教材費週18ドルX17週間=306ドル
宿泊手配費255ドル
宿泊費週275ドルX4週間=1,100ドル
空港出迎え費115ドル
合計9,001ドル(日本円で765,085円程)

学生ビザで25週間の就学+4週間のホームステイ
入学金255ドル
授業料週360ドルX25週間=9,000ドル
教材費週18ドルX25週間=450ドル
宿泊手配費255ドル
宿泊費週275ドルX4週間=1,100ドル
空港出迎え費115ドル
OSHC364ドル
合計11,539ドル(日本円で980,815円程)

学生ビザで50週間の就学+4週間のホームステイ
入学金255ドル
授業料週350ドルX50週間=17,500ドル
教材費週18ドルX50週間=900ドル
宿泊手配費255ドル
宿泊費週275ドルX4週間=1,100ドル
空港出迎え費115ドル
OSHC602ドル
合計20,727ドル(日本円で1,761,795円程)

ラングポーツを一つの候補で考えてみよう!


いかがでしょうか?ラングポーツの魅力、伝わりましたでしょうか?

目標達成にはどれくらいの通学が必要?IELTSのスコアを持っていないけど・・・という方は、ラングポーツのレベルチェックテストをご自宅で受験して頂き、スタディプランを立ててもらうことも可能です。弊社では、ラングポーツのレベルチェックテストを無料でアレンジすることも可能ですので、お気軽にお尋ねください。


ラングポーツについてももっと知りたい!コースについてのご質問やご不明点のある方は、是非お問い合わせフォームからお問い合わせくださいませ!