2016年12月6日

サウス・オーストラリアン・カレッジ・オブ・イングリッシュ徹底解説!

サウス・オーストラリアン・カレッジ・オブ・イングリッシュ(通称SACE/セイス)はアデレードで一番の歴史を誇る老舗校で、アデレードで不動の人気を誇る私立の英語学校です。

以前の記事では一般英語コースの体験授業の様子をレポートしましたが、今回はSACEの提供している各コースの違いについて詳しく解説していきます!

SACEってどんな学校?


1、私立の語学学校で真面目に勉強をしたい方にオススメ
SACEは進学に強く、ダイレクトエントリーコースを修了することで進学できるパスウェイ提携校を多く持っています。そのため進学を目指している生徒さんも多く、学校全体的に真面目に勉強をする雰囲気があります。

2、講師の質が高い

SACEは英語の先生になる人のためのコースCELTAや、すでに英語の先生として活躍している人たちへ教授法を教えるコースも提供しており、「英語の先生のための学校」とも言えます。そのため学校全体的に講師の質が高いのです。

3、放課後のフリーレッスン
SACEは、月曜日〜木曜日放課後15:30-17:00まで無料のフリーレッスンを提供しています。レッスン内容は変更になる可能性がありますが、サンプルは下記の通りです。
月曜;会話クラブ (フリートークで初級から上級の生徒さんまで入り混じって会話練習をします)
火曜、水曜;スタディークラブ(フリーテーマで先生に質問できます。他の人がする質問を聞くというのも意外と勉強になると思います)
木曜;映画(学校内で無料で映画放映します。お友達と一緒に楽しく英語を学べますね)
やる気のある生徒さんは、これらのフリーレッスンを取れば、9:00-17:00までみっちり勉強できることができます。
参加される学生は日により異なりますが2名〜10名程度の少人数です。「放課後に残ってまで勉強をしたい意識の高い生徒さんばかりなのでとても良い時間です」という声をいただいています。

4、IELTS、ケンブリッジコースの開講率

半年以上の長期留学生にとっては「一般英語の後に何の勉強をするか」という目標を持った方が良いです。その際に候補に上がるのは、IELTSクラスやケンブリッジクラスかと思います。

SACEでは、IELTSコースは現時点まで必ず毎回開講しており、ケンブリッジ検定コースは2017年1月の開講分は完全クローズドクラスを保証(アデレードキャンパス対象)をしています。(ケンブリッジ検定対策コースの2017年1月開始コースにはキャンペーン料金が適応中です。キャンペーン詳細はこちら!)

5、選択科目やコースの種類が豊富
SACEでアッと目を引くのはそのコースのバラエティです。学校詳細ページでもたくさんコースが紹介されていますね。これらのコースを上手く組み合わせて自分らしくカスタマイズした留学生活を送りましょう。

コース概要

たくさんコースを持っているSACEですが、大きく分けて下記4つに分類されます。

・一般英語コース
・アカデミックコース
・ケンブリッジコース
・その他のコース

各コースの違いは下記に詳しく説明していきます。

一般英語コース


クラスレベルは初級、中級下、中級、中級上、上級の5段階に分かれています。
週30時間(25時間の一般英語コースと、5時間のプライベートレッスン)
週25時間(一番スタンダードな内容)
週20時間(3コマ目の選択授業が週2日のみ)
週17時間(コアクラスのみ)

ここでは一番スタンダードな週25時間の授業について解説していきます。


1コマ目、2コマ目のコアクラスでは文法、会話、リスニング、リーディング、ライティング、発音、語彙を満遍なく取り扱っていきます。

3コマ目の選択授業は月曜・水曜で1つ、火曜・木曜でもう一つ別のものを選択することができます。選択肢は、ご自身の英語力、時期や生徒数により変動します。
・IELTS対策
・TOEIC対策
・進学英語
・ビジネス英語
・会話、発音
・オーストラリアについての学習
・上級ライティング・文法
・ホスピタリティ英語
・語彙力強化
・パートタイムインターンシップ(別途手配料が必要ですが、英語力や就学期間等の条件をクリアしたら選択授業の時間を利用して週2-3日無休インターンシップをすることもできます。)

ちなみに、一般英語+ビジネス英語コースもありますが、一般英語コースで午後の選択授業にてビジネス英語クラスを取るということを意味しています。

アカデミックコース


クラスレベルは4つに分かれています。どちらのコースもIELTS対策用のテキストを用います。これらのアカデミッククラスを終了することによりIELTSのスコア無しで各種提携の進学先へ進学することができます。

Foundation IELTS  
アカデミック英語の中で一番下のクラス。中級でもアカデミックコースに入れるのは嬉しいですね。
入学条件;同校中級程度、IELTS4.5-5.0相当の英語力が必要

English for Tertiary Studies Ⅰ / IELTS Preparation
コース終了後、専門学校TAFEへの進学(IELTS5.5程度)の英語力を目指します。
入学条件;同校中上級程度、IELTS 5.0相当の英語力が必要

English for Tertiary Studies Ⅱ
コース終了後、大学への進学(IELTS6.0程度)の英語力を目指します。
入学条件;同校上級程度、IELTS 5.5相当の英語力が必要

English for Tertiary Studies Ⅲ
コース終了後、大学院への進学(IELTS6.5かそれ以上)の英語力を目指します。
入学条件;同校上級以上、IELTS 6.0相当の英語力が必要

ここではサンプルとしてFoundation IELTSのタイムスケジュールを


1コマ目、2コマ目のコアクラスはIELTS対策となります。午後の選択クラスでは、1つは「IELTS対策」を、もう一つは「上級ライティング・文法」を取る生徒さんが多いようです。

他校のIELTSコースは年に数回の入校日が決まっていることが多いですが、同校は毎週月曜日お好きなタイミングで入学できるのも利点です。

各レベル基本的には12週間の就学で上のレベルを目指していきます。週2-3回は小テストを、また12週間のうち1度は本番のテストを模した形でIELTSの模擬試験を受けることになります。

ケンブリッジコース


3コース提供しています。ケンブリッジ試験日の10-12週間前からケンブリッジ対策コースが開始となるため、年3回の入学日が設定されています。

ケンブリッジFCE試験対策英語コース
入学条件;同校中上級程度

ケンブリッジCAE試験対策英語コース
入学条件;同校上級程度

ケンブリッジ試験対策フレキシブル
入校日や就学期間の関係で上記FCE,CAEのクラスに入れなかった場合、英語力が条件に満ちた時点で毎週お好きな月曜日にコースに入ることができます。(4週間以上)

サンプルタイムテーブルはこちら


コアクラスでは、ケンブリッジの4技能(リーディング、ライティング、リスニング、スピーキング)対策に加え、発音練習、語彙力強化、ディスカッション、テストでのテクニックも学びます。

選択授業①ではケンブリッジリーディング・ライティング、②ではケンブリッジリスニング・スピーキングを取る方が多いようです。

SACEはケンブリッジ試験のテストセンターとなっているため、いつもの環境で本番の試験を受けられつのもメリットの一つです。

その他のコース


ギャップイヤープログラム
高校、大学卒業生を対象にした総合学習パッケージプログラムです。ウィットサンデーとアデレードの2校に移動して学ぶことができます。

30週、40週間プログラムに含まれるもの
・アデレード校にて10週間or20週間の就学 + ウィットサンデー校にて20週間の就学
・TOEIC試験費用
・履歴書作成サポート
・2週間のインターンシップ
・ブリスベンorシドニーからウィットサンデーへの片道航空券
・ウィットサンデーでの1週間の学生寮滞在費用

17週間、20週間プログラムに含まれるもの
・17週間、もしくは20週間の就学
・履歴書作成サポート
・ブリスベンorシドニーからウィットサンデーへの片道航空券
・ウィットサンデーでの1週間の学生寮滞在費用


インターキャンパスフライヤー
アデレード、メルボルン、ホバート(タスマニア)、ウィットサンデー(グレートバリアリーフ)の4つの都市にキャンパスを構えるSACEならではの特典です。16週間以上の就学が条件で、キャンパス間を移動する片道航空券を無料でいただけちゃいます。

大都市メルボルンと中都市アデレード二つの都市を経験したい人、長期留学の方で地方と都市を移動してリフレッシュしたい人、ワーホリさんで就学後にはタスマニアでファームをしたいという方など、欲張りさんにはピッタリです。


英語教授法(CELTA)コース
ケンブリッジ大学から認定された、英語指導者のための資格コースです。生徒の75%が英語をネイティブとする人で、留学生はIELTS8.0以上の英語力を求められます。
ちなみにCELTAコースで学ぶ先生の卵たちが教育実習として放課後に毎日2時間フリーレッスンを開講してくれることもあるのでタイミングが合えばとってもお得です!


英語 + 無給インターンシップ
職場環境での実践英語と、文化や風習を理解するためのプログラムです。
インターンに参加するためには、最低4週間以上の就学、中級上の英語力(IELTS5.5相当)が求められます。申し込み時に、ご希望の職種、過去の実務経験、学歴等の情報を学校に提出し、学校側が企業との面接を手配してくれます。過去の経験が非常に重要なので大学生よりも社会人向けのプログラムと言えます。
  学生ビザの場合
    ー 最低4週間以上の就学終了後に、4週間のフルタイムのインターンシップが可能

  ワーキングホリデービザの場合 
    ー 最低4週間以上の就学終了後に、6週間〜6ヶ月のフルタイムがインターンシップが可能
*観光ビザの方は参加することができません。


英語+ボランティア
活動地区は学校周辺都市の国立公園や保護地区ということが多いです。過去の活動内容としては、タスマニア国立公園での絶滅危惧動物保護や、アデレード周辺での動植物保護活動、クイーンズランドでの植林活動などです。ボランティア期間は希望により1-6週間可能です。
参加条件:最低4週間以上の就学。中級以上の英語力。

学校訪問後の感想


小規模の学校でアットホーム感を保ちつつ、大規模校並みにたくさんコースを提供してくれています。
例えば、
・英語+ビジネスや会話や発音などの選択コースを取りたい方
・2都市で留学したい方
・長期留学で英語+試験対策をしたい方
・インターンシップをしてみたい方
・進学希望の方
など、幅広いニーズに対応した選択肢を用意してくれていますので、きっとあなたのご希望プランも見つかるかも。一度お問い合わせして見る価値有りです。サウス・オーストラリアン・カレッジ・オブ・イングリッシュにご興味をお持ちになられたら皆様のご状況とご希望内容を下記フォームからお問い合わせください。ご状況に合わせてプランをご提案させていただきます。