2019年5月3日

失敗談から学ぶ!後悔しないオーストラリア留学のコツ

期待と不安を胸に、オーストラリアへ留学する留学生。

いざ現地生活を始めると、様々な場面で「想像と違った!」「もっとこうすればよかったかも…」と感じる瞬間があるのではと思います。そこで今回は、現地でありがちな“失敗エピソード“と共に、弊社からのアドバイスをご紹介します!

学校選び編


【国籍割合】

日本人は少なかったけど、アジア系が多くヨーロッパや南米の学生は少なかった
多国籍な学校というイメージだったけど、初級クラスには日本人が多かった

アドバイス①時期別の国籍割合をチェック!
多くの語学学校は毎週入学日があるので、国籍割合も毎週変わります。さらに時期によっても、国籍に偏りがみられることもあります。語学学校の多くは月ごとの国籍割合を算出していますので、自分の渡航時期の国籍が気になる方は、前年の同時期の割合をチェックしてみましょう。

アドバイス②全体の国籍割合=1クラスの国籍割合ではない!
学校情報を調べていると「日本人率●%」という記載を目にすると思いますが、これはあくまで初級から上級の全ての在校生の平均値のこと。一般的に日本を含むアジア系の学生は初級〜中級レベルのクラスに多く集まり、ヨーロッパや南米の学生は中級レベル以上に多く集まる傾向があることを頭に入れておきましょう。



【誤った学校選び】

安いという理由で某語学学校を選んだが、遅刻/途中退室は当たり前、授業中にも関わらず母国語で話すので勉強に集中できなかった。もう少し落ち着いた雰囲気の学校の方が自分には合っていたと思う
アルバイトに生かせるような会話力を伸ばしたいと思い語学学校に入学したが、文法やエッセイを書く授業が多すぎて、自分の希望とは違った

アドバイス①自分の目的をはっきりさせる
自分に合っている語学学校を探すためには、まずは「自分が語学学校に通学してなにをしたいか」という目的を決めていただくと良いです。”ケンブリッジ検定を取りたい””ワーキングホリデーで、ローカルのカフェで働きたい”などなんでも構いません。目的が決まると、学校の候補も絞ることができます。

アドバイス②良いところだけではなく、マイナスな部分も聞いてみる
気になる学校については、良いところだけではなくマイナスな部分も調べましょう。エージェントに、過去の留学生からのネガティブなフィードバックはないか、留学カウンセラーの視点からその学校の改善点がないかなどを聞いてみてください。良いところ・そうでないところを両方知った上で、語学学校を決めていきましょう。

アドバイス③信頼できる情報は現地エージェントから得よう
現地で各語学学校と連絡を取り、日々留学生からフィードバックをもらっているエージェントは、正確かつ最新の学校情報をを沢山持っています。その情報を元に、自分に合った学校を紹介してもらいましょう。

留学準備編


【荷物】

重量オーバーしながら重い荷物を持って来たれど、意外とこっちになんでも売っていた
真夏だからとタンクトップ&短パンで学校に行ったら、学校の中がとっても寒い
オーストラリアは年中暖かいと思い冬服を持って来なかったが、私が留学した地域は冬はとても寒かったので、着るものがなく困った

アドバイス①荷物は1人で無理なく運べる程度におさめる!
多くの留学生は、最初の1ヶ月程度はホームステイや学生寮に入居して、その後はシェアハウスに移動します。また、その後もファームに行ったり都市移動をしたりと、留学中は何かと引っ越しが多いのです!なので、日本から持ってくる荷物の量は1人で運べる量・スーツケース1個+リュック1個程度に収めることをお勧めします。

アドバイス②渡航する都市の気候をしっかりチェック
インターネットで検索して、現地の気温などをチェックしましょう。また、インスタグラムで現地に滞在している人の服装を観察することで、必要な服装などを確認することもできますよ!弊社のインスタもぜひご参考に。学校の教室は驚くくらいエアコンが効いているので、夏でも羽織りものは大事です。

荷物については、下記の特集ページもご参考ください。
オーストラリア持ち物リスト

【英語の勉強】

もうちょっとボキャブラリー増やしておけばよかった。語学学校の授業で、文法がわかってても、単語がわからなかった。いちいち辞書で調べる時間がもったいなく、大事なレッスンを聞き逃してしまうので、単語力が大事だなと思った
来る前にもうちょっと英語の勉強をして、初級ではなく初中級クラスからスタートすれば、卒業までにもっと上のクラスに行くことができたと思う

アドバイス①中学校3年生までの文法を徹底的に復習
日常生活でいきなり難しい文法が使われることはありません。学んだことのない高度な文法を勉強するのではなく、まずは中学校3年生までの基礎的な文法を、徹底的に頭の中に入れましょう。1つの文法を勉強したら、それを使って例文を作ってみてください。”学んだことを使う”クセをつけるのは大切です。

アドバイス②オンライン/SNSを使い、現地で使われる単語を学ぼう
日本人留学生は英単語力(ボキャブラリー)が少ないと言われていますので、単語の勉強は大切です。日本で販売されている単語帳も悪くありませんが、現地オーストラリアのニュースサイトやSNSで実際に使われている単語をチェックするというのも効果的です。

お金編


【現地での生活費】

留学がスタートしてから予想以上に出費が多く、アルバイトを始める前に生活費が尽きてしまい、親に送金してもらった
生活費がカツカツだったので、学校の友達と遊びに行ったりすることができず、結果あまり友達が増えなかった

アドバイス①:最初の3ヶ月分の生活費は多めに用意しておこう!
入国して1~2ヶ月は、生活用品を揃えたりシェアハウスの保証金などを払ったりするので、出費が多くなります。また、すぐアルバイトを始めるのも現実的ではありません。なので、最初の3ヶ月分の生活費は多めに用意して留学スタートしましょう。結果的に節約ができたのであれば、余ったお金を旅行や、帰国後の貯金に回せば良いので、多めに用意して損をすることはありません。

アドバイス②:コンビニを使わない生活
日本で生活をしているとコンビニを利用することが多いと思います。ただ、オーストラリアのコンビニは物凄く高い上、品揃えも残念です。(スーパーより3〜4倍の値段)お買い物は小さいものでもスーパーを利用するようにしましょう。


【お金のトラブル】

生活費(現金)を部屋に置いておいたら、盗まれていた。シェアハウスは友人などの出入りも激しく、犯人が特定できなかった
バスを待っていたら地元の人ににフレンドリーに話しかけられて、会話に夢中になっていたらベンチに置いていたバックから財布が抜かれていた

アドバイス:カード/ネットバンキングを駆使してキャッシュレス生活
オーストラリアはキャッシュレス社会なので、メジャーなスーパーやレストランでは、銀行のキャッシュカードを機械にかざして買い物ができますので、入国をしたら早めに銀行を開設して、現金をあまり持ち歩かない生活を始めましょう。また、家賃の支払いなども現金ではなく、インターネットバンキングを使ってオンラインでお金を移すことをお勧めします。

住まい編


【ホームステイ/学生寮】

ホームステイ先のルール(門限、シャワーの時間など)が厳しい。さらに家が遠く、最終バスが午後6時で終わってしまうので%