2019年6月21日

ケンブリッジ本試験に合格する10カ条〜パース編〜

ケンブリッジ英検について

★ケンブリッジ英検は、下記のような方にオススメです

・帰国後に外資系の企業に就職をしたい!
・英語を使う部署に就職、もしくは英語でキャリアアップをしたい!
・留学中に何か英語資格を取得して帰りたい!
・オーストラリアで大学や専門学校に進学をしたい!

★ケンブリッジ英検とはどんなテストか?

ケンブリッジ英語検定とは、IELTSやTOEFLと並び、世界150カ国以上で実施されている英語力検定試験です。テスト項目はリーディング、ライティング、リスニング、スピーキング、ユースオブイングリッシュと分かれており、各項目ごとの対策をケンブリッジ英検コースでは勉強をします。そしてテストの内容自体は、アカデミックな内容に加えて日常生活からのトピックも出されるので、実際に使える英語力を学ぶにも最適なコースです。

またIELTSやTOEFLなどのように有効期限はなく、一度本試験に合格をすれば、生涯資格を保持する事ができます。


開講レベルと時期

ケンブリッジ英検取得準備コースは、開講日が年に1月、3月、(学校によっては6月も開講します)、9月と決まっており、コースで勉強をするカリキュラムも決まっている為、コース期間が10週〜12週間に設定されています。また、コースの最後にはケンブリッジ英検の本試験があります。

履歴書に有効、進学するのに必要なレベルはFCEレベル以上になりますので、長期で留学を検討されておられる方は、ぜひFCEレベルを目指してください!

レベル 英語基準の目安 テスト内容
PET(B1)(中級) Intermediate
英検2級、IELTS4.5、TOEIC650、TOEFL430
リーディング&ライティング(1時間30分)
リスニング(30分)
スピーキング(10分〜12分)
FCE(B2)(中上級) Upper-Intermediate
英検準1級、IELTS5.5、TOEIC750、TOEFL500
リーディング&文法・語彙(1時間15分)
ライティング(1時間20分)
リスニング(40分)
スピーキング(14分)
CAE(C1)(上級) Upper-Intermediate,Advanced
英検1級、IELTS6.5、TOEIC850、TOEFL550
リーディング&文法・語彙(1時間30分)
ライティング(1時間30分)
リスニング(40分)
スピーキング(15分)
CPE(C2)(超上級) Advanced
英検1級上、IELTS7.5、TOEIC900、TOEFL600
リーディング&文法・語彙(1時間30分)
ライティング(1時間30分)
リスニング(40分)
スピーキング(16分)

ケンブリッジ英検コースの先生に聞いてみました!


質問:本試験に合格するコツは?

レベルの合ったコースを選ぶ事。コースに入る為の入学テスト結果が50%以下しか取れなかった場合は、授業についていくのがかなりしんどくなるので、もう少し一般英語コースでの準備をした方が良い。

課題(宿題)をしっかりこなす事。実際にコースの課題をしっかりやった生徒と、しなかった生徒では、本試験の合格率にかなりの差が出たそうです。

学校の自主学習プログラムに参加をする事。こちらも、自主学習プログラムでしっかり勉強をした学生の方が合格率が高い。

英語で書かれた本を読む事。

字幕なしで映画を見る事。

英語のラジオを聞く事。

ネイティブのイングリッシュスピーカーとなるべくたくさん話す機会を持つ事。

自分専用の単語帳を作る。(項目は少なくとも5つ:単語、自分の母国語の訳、意味、例文、類義語)

⑨上記の単語張になるべく、たくさんの単語を集める。

英語学習を、困難ばかりの山に登るようなものだと思わない事!努力しただけ、頂上からの景色は美しいという事を忘れずに!


レクシス・イングリッシュ・パース校 ケンブリッジコース担当のDon先生
もっと早くに教師生活を始めたかったと思うくらい、ティーチングの仕事が楽しいそうです。留学生の英語学習を手伝う教師という仕事は天職だとおっしゃっていました。

開講コースが豊富な学校

下記の学校は、PET(Preliminary English Test)からCPE(Certificate of Proficiency in English)まで、上記の4レベルのコースを全て開講しています。

レクシス・イングリッシュ・パース校

開講レベル:PETコース、FCEコース、CAEコース、CPEコース

開講時期:
2019年9月9日〜11月29日(PET,FCE,CAE,CPE)
2020年1月(PET,FCE,CAE,CPE)、3月(PET,FCE,CAE)、6月(PET,FCE,CAE)、9月(PET,FCE,CAE,CPE)

Lexis パース校は、ケンブリッジ英検の本試験会場でもあるので、慣れた環境で本試験に望めるのも利点の一つです。パース校では、FCE、CAEはもちろんのこと、超上級を対象としているCPEも年に3回開講されており、ケンブリッジ専門の学校ともいえる質の高い授業を提供しています。FCEとCAEは年4回の開講。オーストラリアの夏の時期には、ケンブリッジ試験に合格しないと就職も進学もできない、と言われているスイス人の留学生が多くなります。放課後には、GIL(Guided Indivisual Learning)と言われる、個別で英語の質問ができる時間が設けられているので、授業内でついていけなかったところは、GILで指導をしてもらえます。



ミルナー・インターナショナル・カレッジ・オブ・イングリッシュ

開講レベル:PETコース、FCEコース、CAEコース、CPEコース

開講時期:
2019年9月9日〜11月29日(PET,FCE,CAE,CPE)
2020年1月(PET,FCE,CAE,CPE)、3月(PET,FCE,CAE,CPE)、6月(FCE,CAE)、9月(PET,FCE,CAE,CPE)

ミルナー・インターナショナル・カレッジは、1984年に創立されたパースで一番歴史のある語学学校です。オーストラリアの夏のシーズンは特に、ヨーロッパ人留学生が多くなるのも特徴です。また、ミルナーではPET(年に4回)、FCE(年に4回)、CAE(年に4回)、CPE(年に2回)の4つのレベルを開講していますので、ご自身のレベルに合ったレベルのケンブリッジコースが受講できます。さらにミルナーでは最後の本試験を受験しない生徒も受講することができ、本試験合格が目標でなくても英語レベルの向上を目的に受験する学生もたくさんいる人気のコースです。ミルナーでは毎火曜日と木曜日の放課後に、無料で参加ができる発音矯正クラスを開講しています。


本試験合格率に定評のある学校

模擬試験もほぼ毎日、コースを受講している学生のほとんどがケンブリッジ本試験を受講する学生です。また、本試験の合格率は常に高く、本試験合格を目標にしている方にはお勧めの学校です。

ナビタス・イングリッシュ・パース校

開講レベル:FCEコース、CAEコース

開講時期:
2019年9月23日〜12月13日(FCE,CAE)
2020年12月30日〜3月6日(FCE,CAE)
2020年3月16日〜6月5日(FCE,CAE)
2020年6月8日〜8月28日(FCE,CAE)
2020年9月21日〜12月11日(FCE,CAE)

ナビタス・イングリッシュ・パース校では、FCE、CAEコースが開催されています。ナビタスのケンブリッジ英検コースの特徴は、一人一人の特性をしっかり見ながら、授業を進めてくれます。またケンブリッジ英検コース用のタイムテーブルがあり、一般英語コースより少し授業開始が遅く10時25分スタート。授業が終わってからも学校の図書館には教材の種類も多く、また学校の近くに大きな州立図書館もあり、自主学習も捗ります。ナビタスのケンブリッジコースは非常に厳しい入学基準を設けており、モチベーション、英語レベル共に高い学生が集まるのも特徴で、毎回高い本試験合格率を出しています。


ケンブリッジ英検を勉強しながら、TAFE進学ができる学校

TAFE(州立専門学校)に今後進学を考えている、さらにその前にケンブリッジ英検の資格も取得しておきたい!という方には下記の学校がお勧めです。

カプラン・イングリッシュ・パース校

開講レベル:FCEコース、CAEコース

開講時期:
2019年9月9日〜11月29日(PET,FCE,CAE,CPE)
2020年1月(FCE,CAE)、3月(FCE,CAE)、6月(FCE,CAE)、9月(PET,FCE)

カプランの魅力は、FCE、CAE共に、長年ケンブリッジ英検コースを教えているベテランの講師から学べて、テストの傾向など、要点を抑えてしっかりテスト対策ができるところ。学校施設や教材も充実しており、模擬試験も定期的に開催されています。一般英語コースやIELTSコースなどと組み合わせ、ケンブリッジ英検コースを目標に半年〜1年などの長期留学される方も多いのが特徴です。またカプランのケンブリッジコースは、西オーストラリア州立専門学校TAFEの進学パスウェイにも登録されているので、ケンブリッジコース卒業のサティフィケートでTAFE進学が可能です。


ケンブリッジ英検対策コースにご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください


※ケンブリッジコース入学判定テスト(無料)を受験希望の方、また詳しい情報をお知りになりたい方は、無料留学相談フォームから、お気軽にお問い合わせ下さい!!