2020年5月11日

オンラインでケンブリッジコースを体験しました!〜ミルナー・インターナショナル・カレッジ・オブ・イングリッシュ〜

ミルナー・インターナショナル・カレッジ・オブ・イングリッシュのケンブリッジ英語検定準備コースをオンラインで体験させていただきました。




そもそもケンブリッジ英語検定とは

ケンブリッジ英語検定とは、IELTSTOEFLと並び、世界150カ国以上で実施されている国際的な英語力検定試験です。テスト項目はリーディング、ライティング、リスニング、スピーキング、ユースオブイングリッシュの5項目で「より正確な英語力を計ることのできる試験」として認知されており、多くの企業や大学で有効な英語力証明として認められています。試験内容はアカデミックな内容に加えて日常生活からのトピックも含まれるので、実際に使える英語力を学ぶにも最適な試験です。


またIELTSTOEFLなどのように有効期限はなく、一度試験に合格すると、生涯資格を保持する事ができることも人気の理由です。



ケンブリッジ英語検定のレベル

ケンブリッジ英語検定には、下記の5段階のレベルがあります。



レベル 英語基準の目安
KET(初級) 英検3級、IELTS4.0、TOEIC450、TOEFL380
PET(初中級) 英検2級、IELTS4.5、TOEIC650、TOEFL430
FCE(中上級) 英検準1級、IELTS5.5、TOEIC750、TOEFL500
CAE(上級) 英検1級、IELTS6.5、TOEIC850、TOEFL550
CPE(超上級) 英検1級上、IELTS7.5、TOEIC900、TOEFL600
 

最も受験者が多いレベルは「FCE」で、中上級レベルの英語能力を証明する試験として世界的に有名です。


※ケンブリッジ英語検定について詳しくはこちらをご覧ください。



パースで一番歴史のある私立語学学校


今回私が体験レッスンを受けたミルナー・インターナショナル・カレッジ・オブ・イングリッシュは、2019年に創立35周年を迎えたパースで最も歴史のある私立語学学校です。キャンパスはパース駅から徒歩15分ほどのところにあり、周辺にはカフェやレストランのほか、とても綺麗でオシャレなパース市立図書館などがあり非常に便利な立地にあります。



ケンブリッジ英語検定FCE準備コースを受講させてもらいました

現在はコロナウイルスの影響でオンラインで授業が行われており、ミルナーでは最近話題の「ZOOM」というツールが使われています。


今回、私にとって初めてのオンラインでの受講だったのですが、事前に送られてくるURLからアクセスして、指定のパスワードを入れるだけで簡単にクラスに参加することができました。




ケンブリッジコース担当のマット先生


また、授業で使用する教材は、先生が画面上のチャットボックスに必要に応じてアップしてくれ、画面共有もしてもらえるので「今どこをやっているのかわからない」ということはありませんでした。


ミルナーのケンブリッジコースでは、午前の授業ではリーディング、ライティング、グラマーを中心に、午後の授業ではボキャブラリー、リスニング、スピーキングを中心に学びます。


私が今回参加させてもらったのは「Reading & Use of English」というパートの授業でした。


前置詞やコロケーションについて学び、それらを使った日常的な例文を作ってみたり、長文を読んで問題を解いたり盛りだくさんの内容だったのですが、中でも私が面白いなと感じたのがこちらの文章の書き換えのエクササイズです。



指定された単語を使って、上の例文と全く同じ意味の文章を作ります。


ただし空欄には指定された単語を含めて2語~5語の単語を入れないといけません。


例えば、26番の問題。


“Are you feeling well enough now for a little walk, Joe?” asked his mother.


 ↓


Joe’s mother asked him ____________________ enough for a little walk.


RECOVERDを含む2語~5語の単語を入れて、同じ意味の文章が作れますか?


答えは「if / whether he had recovered」なのですが、グラマーはもちろんのこと時制も合わせないといけないので、多くの方が苦戦されていました。私の感覚ですが、あまり日本ではない出題方法だなと思いました。


「オンラインだと質問とかできないんじゃ、、、」と心配される方もおられると思いますが、実際は皆さんどんどん質問されていて、先生も頻繁に質問がないか確認してくれました。


もし授業中に聞きそびれても、後で先生にメールして質問することもできます。


受講していて感じたのは、ケンブリッジコースは試験合格という明確な目標を持つ方の集まりなので、皆さん意識が高く積極的に学ぼうとされているのが印象的でした。


またオンラインといえど、クラスメイトの顔を見て話せるので一体感のようなものも感じられました。



ミルナーのケンブリッジ英語検定準備コースは4レベル

ミルナーのケンブリッジ英語検定準備コースではPET(年に4回)、FCE(年に4回)、CAE(年に4回)、CPE(年に2回)の4つのレベルのコースを開講しており、ご自身の英語力や目的に合わせて受講することができます。




<2020年に受講できるコース>

1月、3月入学は終了。


▼PET(初中級)


・6月15日~8月27日(11週間)


※こちらの日程のみ、バーチャルケンブリッジコースとなっており、ケンブリッジ大学認定の試験は受験できません。


・9月7日~11月27日(12週間)、試験日12月4日


▼FCE(中上級)


・6月15日~8月27日(11週間)、試験日8月27日


・9月7日~11月27日(12週間)、試験日12月1日


▼CAE(上級)


・6月15日~8月27日(11週間)、試験日8月28日


・9月7日~11月27日(12週間)、試験日12月2日


▼CPE(超上級)


・9月7日~11月27日(12週間)、試験日12月3日



 

「せっかくなら履歴書に書ける資格を目指したい」、「進学を目指したい」という方は、ぜひFCEレベル以上を目指してください!


※現在のご自身の英語力によっては、ご希望のコースに直接入ることができない場合もございます。


ケンブリッジ英語検定コースの無料入学テストをご希望の方は、こちらよりお問い合わせください。(学校で受験される場合は、入学テスト受験料50ドルがかかります。)



ケンブリッジ英語試験コース受講費用例

PETコース(12週間)
入学金 275ドル
授業料 4,044ドル
教材費 138ドル
ケンブリッジ準備費用 125ドル
ケンブリッジ本試験費用 275ドル
合計 4,857ドル(1ドル75円計算で約36万4,275円)
 

一般英語コース(12週間)+FCEコース(12週間)
入学金 275ドル
授業料(一般英語コース) 3,900ドル
教材費(一般英語コース) 150ドル
授業料(FCEコース) 3,900ドル
教材費(FCEコース) 138ドル
ケンブリッジ準備費用 210ドル
ケンブリッジ本試験費用 335ドル
合計 8,908ドル(1ドル75円計算で約66万8,100円)
 

2020年5月31日までのキャンペーン

5月31日までのお申し込みなので、もうすぐ終わってしまうのですが、ミルナーでは現在オーストラリア国内におられる方のお申し込みの場合、「入学金半額+授業料10%オフ」というキャンペーンを行っています。


昨今のコロナウイルスの影響で、オーストラリア滞在の延長をご検討の方、この機会に挑戦されてみてはいかがでしょうか。



こんな方にオススメです!

ケンブリッジ英語検定コースは下記のような方にオススメです。




 

●オーストラリアで進学したい


●留学の成果を形に残したい


●帰国後、外資系企業や、英語を使う部署に就職したい


●英語学習のモチベーションを上げたい(一般英語コースでは物足りない)



 

ケンブリッジコースでは、試験合格という目標のもと勉強するので、一般英語コースよりも課題なども多く大変ですが、その分意識の高いクラスメイトと一緒に切磋琢磨して勉強することができます。また「Closed Class」 と呼ばれるクラスで、コース期間中の途中入学や卒業が認められておらず、人の入れ替わりがないため、集中して学習を進めることができるのもオススメのポイントです。


 

◎こちらはミルナーでケンブリッジ英語検定の勉強をされて、なんとPETからCAEまで取得された方の体験談です。ぜひご覧ください!


【体験談】ケンブリッジオタクと言われながらPETCAEレベルまで到達!


 

ミルナー・インターナショナル・カレッジ・オブ・イングリッシュやケンブリッジ英語検定にご興味のある方は、こちらよりお問い合わせください。