2016年11月3日

どうやって選ぶ?? タイプ別お勧めケンブリッジコース【メルボルン】

留学の集大成として、取得する方が増えている「ケンブリッジ英検試験対策準備コース」。語学学校就学の最後に取得して、その資格と共に就職活動や次のキャリアアップに役立ておられる方も急増中です。
メルボルンではここ数年、沢山の学校でケンブリッジ検定準備対策コースの開講が始まっています。沢山あるといったいどこの学校を選んだらいいのか迷ってしまいますよね。そんな方の為にタイプ別でご案内しますね。



ファンデーションコースでしっかりウォームアップしてから臨む

ケンブリッジコースといってもレベルは様々です。コースに入るには、そのレベルに合わせた英語力が必要です。
PET :中級レベル以上
FCE :中上級レベル以上
CAE:上級レベル以上
CPE:上級+レベル以上

レベルにあったコースに入った場合でも、急にケンブリッジ英検試験対策準備コースに入るとその授業の速さについていけなかったり、他の方とのレベルの違いを感じたりする方も多いようです。
そういった方にお勧めなのが、ファンデーションコースを開講している学校です。ファンデーションコースでケンブリッジコース前に準備をした状態でしっかり臨むことが可能です。

開講している学校はこの二校です!
インパクト・イングリッシュ・カレッジ

インパクト・イングリッシュ・カレッジでは「エクストリーム・イングリッシュ(EXCEL)」という10週間の集中英語コースをほば毎月開講しています。エクストリーム・イングリッシュ・コースでは、日常生活のすべての状況で英語を活用できるよう、様々なトピックやボキャブラリーを用いた内容を学習していきます。
通常の一般英語コース以上に、ライティングやリーディング、そしてテスト形式に慣れることに焦点を置いた授業となっています。定期的なテストが行われたり、宿題も出されますので、ケンブリッジ検定試験対策準備コース(FCE)に入学するための準備をすることができます。
インパクト・イングリッシュ・カレッジではFCEとCAEコースのみを開講しています。

ディスカバー・イングリッシュ

ディスカバー・イングリッシュでは「ケンブリッジ・ファンデーション」という10週間の集中英語コースをほば毎月開講しています。このコースは、毎週試験ベースのライティングタスクを行ったり、ケンブリッジで出てくるであろう文法を集中して行ったり、ネイティブが日常で使うである毎日の英語表現を学んだりと、ケンブリッジ検定試験対策準備コース(FCE)に進まれる生徒さん用にデザインされています。また、毎週担当教師がアセスメントをして、日々の課程を見ていきますので、FCEコースに向けて真剣に取り組むことが可能です。
またディスカバー・イングリッシュでは、メルボルンで唯一CPEコースを開講している学校となります。オーストラリアの大学などで学んだ後に、高い英語力を証明する英語資格を取得したい方にお勧めです。
PET,FCE,CAE,CPEすべてのコースを開講しているのは現在ディスカバー・イングリッシュのみです。



ケンブリッジ試験センターで学ぶ

たくさんの学校で行われているこの試験対策コースですが、実際試験会場は学校外という事も多いです。
試験会場が学校であれば、模擬試験も本会場で受験できますので、試験当日は緊張することなく受験が可能です。

試験センターが学校内にあるのはこの3校です!
インパクト・イングリッシュ・カレッジ
インパクト・イングリッシュ・カレッジでは、テストセンターということもあり、いつでも最新のケンブリッジ検定情報を把握していて、必要であれば在校生にも情報を伝えています。
また、ケンブリッジコースを教えている特別チームがあり、そこで合格率を分析したり、評判の良かった授業のアクティビティー等を共有したりと、常に情報を共有しながらコースをより良いものにするよう努力が重ねられています。

グリニッジ・イングリッシュ・カレッジ

グリニッジ・イングリッシュ・カレッジはオーストラリアで初めて「Cambridge marketing award of excellence」という賞を受賞した学校であり、メルボルンキャンパスでもすでに人気のコースとなっています。
同校では、テストセンターを利用し、毎週金曜日に模擬試験を行っています。ですので何度もテストを試験センターで行うことにより本番にもすんなりと溶けこむことが可能です。



ディスカバー・イングリッシュ
ディスカバー・イングリッシュでは、新しいキャンパスになったのを機に2016年11月より学校内で本試験を受験できるようになりました。これにより模擬テストも学校の試験会場で行えるのでよりリラックスして試験本番に臨むことが出来ます。

受講時間が選べる

本当は試験を受けたいんだけど、なかなか時間帯が合わないという方には、タイムテーブルが2つある学校をご紹介します。朝クラスと夜クラスがあるため、ご自身のスケジュールに合わせて希望のタイムテーブルを予め選ぶことが可能です。

アビリティー・エデュケーション

アビリティー・エデュケーションでは現在ケンブリッジ英検試験対策準備コースを朝と夜開講しています。
朝授業は、PETとFCEとCAE用に開講されており、月曜日から木曜日の8時30分もしくは9時から5時間、合計20時間となります。金曜日には3時間模擬試験のクラスがあります。
夜授業は、FCEのみに開講されており、月曜日から金曜日の17時から21時30分、合計20時間となります。

グリニッジ・イングリッシュ・カレッジ
グリニッジ・イングリッシュ・カレッジでは現在ケンブリッジ英検試験対策準備コースを朝と夜開講しています。
また同校では、PET,FCE,CAEの3つのレベルが現在開講されており、すべてのレベルで朝と夜の選択肢から選ぶことが可能です。
朝授業は、月曜日から金曜日の9時から5時間、合計20時間となります。金曜日には3時間の選択授業があるので、ここで模擬試験を受験することも可能です。
夜授業は、月曜日から金曜日の16時30分から4時間、合計20時間となります。



国籍率が比較的バランスがよい

ケンブリッジ英検試験対策準備コースですが、特にFCEコースになりますと、最近は日本人の受講も増えています。
ですのでどの学校でもクラスに日本人がいる可能性はありますが、比較的国籍色豊かな環境の可能性が多い学校をご案内します。

カプラン・インターナショナル・カレッジ

カプラン・インターナショナル・カレッジでは現在FCEとCAEコースを開講しています。全体的な日本人率が平均10%前後という同校は、ケンブリッジコースも日本人率が少なく、クラスの国籍率も比較的多国籍となります。

いかがでしょうか?ご自身の希望に合わせて、学校をお選びくださいね!

ケンブリッジ検定準備対策コースの実際の体験談は、下記より確認できます。
インパクト・イングリッシュ・カレッジにて受講 田中さんのFCE体験談
インパクト・イングリッシュ・カレッジにて受講 松田さんのFCE体験談
インパクト・イングリッシュ・カレッジにて受講 栗田さんのCAE体験談

コース入学にはレベルチェックテストが事前に必要になりますので、興味のある方はまずは弊社までお問い合わせ下さい。学校見学やセミナーの参加などを手配することも可能です。
お問い合わせはこちらから