2019年5月23日

【インパクト・イングリッシュ・カレッジ(メルボルン校)】心のこもった学生サポート!

留学を決めるとき、どきどきわくわくした気持ちと同時に、ちょっとした不安や緊張を感じる、という方もいらっしゃるかもしれません。

留学生にも人気の都市メルボルンの中でも、特に在校生・卒業生からのフィードバックの良い語学学校のひとつ「インパクト・イングリッシュ・カレッジ」では、そんな留学中の不安な状況にも対応できるサポート体制が確立されています。

今回は、皆さんの抱える不安や緊張をパーッと吹き飛ばして、素敵な留学生活をサポートしてくれるようなインパクト・イングリッシュ・カレッジの魅力の数々をご紹介したいと思います!



「インパクト・イングリッシュ・カレッジ」とは

インパクト・イングリッシュ・カレッジ(メルボルン校)は、現在全校生徒数約600人を抱える大規模校で、日本人にも大変人気の学校です。一般英語だけでなく、ケンブリッジ試験対策、IELTS試験対策、バリスタコースなど、多様なコースを開講しております。


学校見学のレポートは下記もご参照ください!
【学校見学】インパクト・イングリッシュ・カレッジ どんなところ?

心のこもった学生サポート!

まず第一にインパクト・イングリッシュ・カレッジでは、学生サポートに大変力を入れています。「生徒が楽しい留学生活を送れるように!」という生活面から、「しっかりと実力を伸ばしてあげられるように!」という学習面に至るまで、学校のスタッフ、教師陣が一丸となって学校作りを行っています。


こちらインパクト・イングリッシュ・カレッジを支える頼もしいスタッフです!(もちろん他にも沢山の素晴らしいスタッフ、教師が学校を支えています!)
一番右が日本人担当カウンセラーのアオイさんです。

インパクト・イングリッシュ・カレッジでは多くの日本人学生が学んでいますが、アオイさんは生徒一人ひとりの名前やクラス、試験の結果などなど、様々な情報を把握されています。校内でも積極的に生徒に話しかけて、様子を気にかけてくれています。

インパクト・イングリッシュ・カレッジでは、入学後から卒業まで学校全体でしっかり学生をサポートする体制が下記のように整っています。


学校開始時、どんなサポートが受けられるの?

まず、初日には…
学校開始日には、入学生全体へのオリエンテーションが行われ、メルボルンの基本的な情報や学校ルール、アクティビティなどに関する説明がなされますが、これはもちろん英語でのオリエンテーションになります。

そこで、この全体オリエンテーションの後に、日本人の学生のみを対象としたオリエンテーションがアオイさんから行われます!学校初日、ドキドキしていてなんだか落ち着かない…という生徒さんも多いはず。アオイさんの明るい雰囲気にすっと緊張がほぐれるという生徒さんもいらっしゃいます。

オリエンテーションの次の日には…
ホームステイをインパクトでお申し込みされている学生さんには、ホームステイ担当より、ホームステイオリエンテーションが行われます。ここでは、ホームステイの心得や、注意したほうがいいことなど詳しく教えてくれます。

入学後1週間くらいを目安に…
入学後から1週間程度を目安に、アオイさんと個別面談の時間が設けられます。初めは戸惑いばかりの一週間、クラスにも少し慣れてきた頃に、学校や日常について相談できる機会となっています。クラスはどんな調子か?ホームステイはどうか?など学生の様子や状態をしっかりと把握して、必要なサポートを提供してくれます!また将来的にコース変更を考えている方はこの時にスタディプランの相談をすることも可能です。



2種類のカウンセリング!

さて、無事に留学生活のスタートがきれた!という後にも、慣れない土地での生活で何かに困ってしまうことや、「私の英語力、ちゃんと伸びてるのかな…」といった不安、はたまた「日本語、ほんのちょっとだけ話してすっきりしたいな…」なんていう想いも出てくることかと思います。インパクト・イングリッシュ・カレッジでは、先にご紹介したカウンセリングの他に、2種類のカウンセリングシステムを設けています。

*パーソナルカウンセリング*
こちらは、特に生活面に関するカウンセリングです。健康面、ホームステイ、出席や、人間関係などについて幅広く相談することが出来ます。

インパクト・イングリッシュ・カレッジは、イングリッシュ・オンリー・ポリシー(母国語禁止ルール)が徹底された学校ですが、こちらのカウンセリングだけは、マルチ・ランゲージ・カウンセリング・ルームというお部屋で行われますので、アオイさんに日本語でお話して頂くことができます。英語ではなかなか説明できない気持ちも、不自由なく話せれば、それだけですっきりできる!なんていうこともあるかもしれませんね。


*アカデミック・カウンセリング*
こちらは、学習面に関するカウンセリングです。基本的には5週ごとに、生徒と教師間で行われるもので、英語の伸びや進学などに関してアドバイスをもらうことができます。ただし、短期留学の生徒さんや、特別にニーズのある場合などは、期間外であっても個別に対応してくれます。また、担任だけではなく、アカデミックマネジャーの先生とお話することで、客観的な意見やアドバイスを受けることもできます。

仕事に誇りを持ったプロフェッショナルなスタッフ達!

インパクト・イングリッシュ・カレッジでは、何よりも「人」を重視しているそうです。教師はみな、英語を教えることが大好きで、スタッフも含めて海外生活や言語を学ぶということに関して十分な経験がある方ばかりです。だからこそ、自然にプロフェッショナルなサービスが提供できるのだと言います。

「インパクト・イングリッシュ・カレッジでは、必ず貴方を支えてくれる人、アドバイスをくれる人が見つかります」というスローガンをモットーに、スタッフは皆、自分の仕事や生徒へのサポートに誇りを持っています!

さて、そんなスタッフ、教師陣との授業外での関わりがあるのもとても素敵です!というのも、インパクト・イングリッシュ・カレッジでは年に数回、イベントパーティなどの企画が用意され、また週1回は水族館やジム、ビーチなどで学外に出る機会があります。

そんなときには、教師も学生も入り混じって、同じ空間を同じ視線で楽しんでいるそうです。また、特別なアクティビティがなくとも、キャンパス内の公共スペースなどで、教師と学生が交流することは珍しくありません。こうした身近な距離での関わりが、学生の学校や教師への信頼感に繋がっているのかもしれませんね。


ビクトリア州政府から表彰されました!

今回の記事ではスチューデントサポートや教師陣にスポットを当ててご紹介しましたが、授業カリキュラムやコースなどもとても魅力のインパクト・イングリッシュ・カレッジ!

2018年9月には、ビクトリア州政府国際教育賞 (VIEA) にて、ビクトリア州政府国際教育賞の7度目の受賞をしています。2013にこの賞が始まって以来、インパクト・イングリッシュカレッジは英語教育部門では3回、留学生満足部門1回、留学生雇用促進部門1回 (バリスタコース)、留学生大賞を1回、そしてビクトリア州知事賞である教育機関賞の大賞を1回、通算で7つの賞を受賞しています。


インパクト・イングリッシュ・カレッジの学校作りや生徒サポートは、こうした賞などで「留学生へ全ての分野において素晴らしい英語教育プログラムの経験を提供し続けている」と外部機関にも高く評価されています。

みなさんの大切な留学体験をしっかりと支えてくれるインパクト・イングリッシュ・カレッジ・メルボルン校(ブリスベン校もあります!)の費用や、英語力診断、学校詳細については当社までお問合せくださいね。お問い合わせはこちらから