2016年12月16日

この学校でケンブリッジ英語検定に合格しました!-ブリスベンその4-

最近ブリスベンでよくご質問を頂く、ケンブリッジ英語検定。ビジネス環境で英語を使える一つの目安ということで、FCEレベルの合格を目指す方が多くなっています!

試験日は3月、6月、8月、12月の年4回。語学学校の対策コースは試験日に合わせて1月、3月、6月、9月から始まり、10〜12週間のコースとなっています。

本日は、インパクト・イングリッシュ・カレッジ(ブリスベン校)で6月のFCE対策コースを受講、実際に合格を勝ち取ることが出来たお客様、櫻井智子さんのご紹介をしたいと思います。




(写真左:インパクト人気講師Sarah、写真右:櫻井智子さん)


インパクトのFCEコースの国籍、受講人数

私が受講をしていた、FCE Closedコース(6月〜8月)は13名の学生が受講をしていました。国籍割合は、以下の通りです。

日本人4人、韓国人1、ブラジル5人、ベネズエラ人1人、イタリア人1人、コロンビア人1人

母国で学生の方は、英語力アップのため、母国で社会人を経験してからの留学の方は、帰国後の就職活動の際に有利となるように、受講していました。


インパクトのFCEコースの授業内容

月曜日模擬テスト(文法とリーディングとリスニング)
火曜日、水曜日テストレビュー・復習、スピーキング、リスニング、文法中心の授業
木曜日、金曜日ライティング、語彙中心の授業
その他4週に一度、月曜日と火曜日に全ての科目の模擬テストを行いました。


インパクトのFCEコースの良かった点


テストに合格するという一つの目標を共有していることもあり、クラスメイトのモチベーションがとても高かったことです。

約3か月(10週間)という期間は私にとっては意外と長く、モチベーションが下がることもありましたが、クラスメイトの意識の高さに助けられました。

一般英語コースとは異なり、10週間同じメンバーで勉強するので、クラスメイトとの仲も深まりやすかったです。

また、ケンブリッジ検定を熟知している先生がいることも強みかと思います。インパクトでは1週間で2人の先生が教えてくれますが、クラスの雰囲気やモチベーションを上手にコントロールしてくれました。

また、文法については準備された自己学習用のプリントで学習することで、限られた期間内で効率的に学習することができました。


ケンブリッジFCEコースで苦労した点


前述しましたが、10週間という期間は長く、コース開始時は[まだたくさん時間がある]と感じ、すぐにテストに向けて集中というわけにはいきませんでした。また、コース後半は、モチベーションを高く持ち続けることが難しかったです。

テスト内容に関することとしては、ライティングではエッセイなど日本語で書くことも難しいような内容を英語で書くことが大変でした。週に1度自身のライティングを先生に提出し、採点してもらっていましたが、なかなか改善しませんでした。

スピーキングでは、2つの写真を比較して表現する独特のテスト形式に慣れることや、ディスカッションで与えられたトピックについてすぐに自分の意見を発言することが難しかったです。


CAEにもチャレンジ!

智子さんは、元々ご渡航時の英語レベルが高いこともあり、最初から一般英語コースではUpper Intermediate(中上級レベル)からスタート。

FCEコース受講後にはその一つ上の上級レベルCAEにもチャレンジされました。

一般英語Upper Intermediateレベル(中上級)12週間
ケンブリッジFCEコース10週間
ケンブリッジCAEコース12週間
Advancedレベル(上級)2週間
ビジネスコース(メルボルン校)8週間
合計40週間


インパクトは、学校内で一切母国語が禁止のとても厳しいイングリッシュオンリーポリシーが設定されています。

智子さんのように、既に高い英語レベルのある方は上級レベルのCAE合格を目指して、英語力が初級・これからの向上を目指す方は中級レベルFCE合格を目指して欲しいと思います!

自分のレベルが分からない!対策コースまでどのくらい英語コースに通学をすれば良いか分からない・・という方もご安心下さい。

インパクトでは無料のレベルチェックテストを用意していますので、無料で現在の英語レベルを測ることが可能です。(もちろん当社でのお手配も無料です。)

インパクトについてのご質問やご不明点のある方は、是非お問い合わせフォーム よりお問い合わせくださいませ。