2016年3月29日

長期語学留学のプランニング

長期語学留学を希望する方にとって、留学プランニングはとても大切。

このプランニングを適当にしてしまうと、後々すごく困ったことになってきます。その主な理由は、留学期間を誤ってしまう、留学費用が正確に計算できない、自分の希望するコース開催に間に合わない、等々が考えられます。

更に、長期留学生は学生ビザの取得が義務付けられているので、日本で申し込んだ学校、コースが合わないからといって、簡単にそのプランを変更することができません。
そのために、私たちは例えば、現状の英語力、英語試験の取得点数、学生時代の英語の成績など事前にいろいろとお尋ねすることもあります。それは詮索しているのではなく、よりよい留学をして頂きたい私達の熱意の現れとお考え下さい。

そして、最も大切なのは、本人の希望と最終目標です。どのぐらいまでの英語力に到達したいか、英語を使って仕事をしたいかなど。
このくらいの情報が集まるとかなりの絞込んだプランニングができ、留学の目的はどこにあり、現状がこうなので、語学留学はこのくらいで、その次の学校やコースはこうですよという詳しいご案内が可能になります。




一つ、具体例を挙げて想像してみましょう。現在、英語力が英検準二級程度ある方が、1年の語学留学をすると仮定します。一般的には、半年の一般英語の後で、ケンブリッジ英検準備FCEコースに進んでみたり、一般英語は3ヶ月にしておいて、ケンブリッジ英検準備コースのPETレベルとFCEレベルを続けて受講したり。

真剣な長期留学プランニングには少々時間が掛かりますが、その反面、プランニングがしっかりと決まると、それだけ留学の成功率が高くなり、次へのステップもプランしやすくなりますよ。
実際にパースの語学学校に長期留学された方のプランニングをご紹介しましょう。

実際にパース長期留学されたAさんの留学プラン

渡航前に中上級の英語力があったAさんは、一般英語コース以外にIELTSコース、ケンブリッジ英検準備コースを組み合わせて受講。最後の10週間は、元々一般英語コースをお申し込みでしたが、現地でコース変更されました。
学校名:ナビタスイングリッシュ、通学期間39週
一般英語コース2週間
IELTSコース8週間
一般英語コース9週間
ケンブリッジ英検CAEコース12週間
ケンブリッジ英検CAEコース10週間


今年1年間パース留学されるBさんの留学プラン

渡航前の英語力は初級レベル。この後専門学校進学も考えているため、語学学校卒業時にFCEレベル到達を目指すプランです。高校卒業後すぐに渡航されるBさんには、途中にホリデーを入れ、無理なく勉強できるプランを作成しました。
学校名:ミルナーインターナショナル、通学期間40週間
一般英語コース8週間
ホリデー3週間
一般英語コース8週間
ホリデー3週間
一般英語コース14週間
ケンブリッジ英検FCEコース10週間


長期語学留学に関してのお問い合わせは、無料留学相談フォームよりお問い合わせください!