2018年4月27日

IHシドニーのTESOLコースが2種類になりました

英語教師養成コースのパイオニア、インターナショナルハウス・シドニーのTESOLコースが、カリキュラム変更に合わせて、2タイプのTESOLになりました。


今まで開講されていたのは「Certificate 4 in TESOL 8週間」でしたが、2018年4月より「IH Sydney TESOL(IH認定)8週間」と「Certificate 4 in TESOL(オーストラリア政府認定)14週間」の2つとなりました。

IH Sydney認定 TESOLコースについて

IH Sydney TESOLは、4週間の理論授業+4週間の実習で成り立つ、合計8週間のコースです。
後半の実習では、実際の学生さんの前で週1回授業(合計4回)を行います。
実習の前には授業プランの作成、実習後には先生からのフィードバックがあり、その他の時間は他の学生さんの授業を見学します。





オーストラリア政府認定 Certificate 4 in TESOLについて

Certificate 4 in TESOLは、4週間のオンライン授業+4週間の理論授業+6週間の実習で成り立つ、合計14週間のコースです。
最初の4週間はオンラインで教育原理を学び、その後IH Sydney TESOLと同様のユニットを学びます。実習の期間はトータル6週間となり、週1回の実習が6週間、合計6回の実習を行います。
また、Certificate 4では、実習以外に言語、受講者、教材の開発や専門家としての発展についての課題提出があります。
オンライン授業は日本で受講していただくことも、現地で受講していただくことも可能です。

Certificate4のコースは、オーストラリア政府認可のコースなので、オーストラリアで英語の先生として働くことも可能です。





2つのコースの違い


   IH Sydney TESOL Certificate 4 in TESOL
受講期間 8週間 14週間
実践レッスン時間数* 240時間(60分X4回) 360時間(60分X6回)
取得できる資格 IH SydneyのTESOL修了証 Certificate IV
受講費用 3,250ドル 4,550ドル

※入学金 200ドル(学生ビザ)/100ドル(その他のビザ)、教材費150ドルが別途かかります。



入学日と入学条件

入学日と入学条件はどちらも同じです。



入学日毎週月曜日。ただし、祝日、年末年始を除く
入学条件IELTS 5.5相当(TOEIC 650、TOEFL 550、CBT 213、IBT 79以上)、18歳以上
入学テスト筆記テスト後、電話インタビュー。TOEICやIELTSのスコアを提出できる方は、筆記テスト免除の可能性あり。

TESOL+ETYL(児童英語)のダブル資格も!

それぞれのTESOLコースと児童英語コースのダブル受講の場合は、単位が一部免除となります。TESOLコース終了後に2週間のコースを受講することで、児童英語の資格も取得可能です。

※J-SHINEは受講しなければならない単位が決まっているため、TESOLとJ-SHINE同時受講の場合でも免除がありません。学費はTESOL+J-SHINEとなります。





 学費
IH Sydney TESOL+ETYL3,850ドル
Certificate 4 in TESOL+ETYL5,150ドル

※入学金 200ドル(学生ビザ)/100ドル(その他のビザ)、教材費150ドルが別途かかります。



もともとIH Sydneyに通った学生さんから評価の高い「授業で実践的に教える力をつける」という点では、どちらでも同様のスキルをつけられるということですので、学費や期間、最終的にもらえるサティフィケートの活かし方、実習の時間数が自分に合うものを選ぶと良いですね。

どちらのコースがあっているかお悩みの方、レベルチェックテストをご希望の方は、こちらまでお問い合わせください。