2018年3月29日

ラングポーツはあなたにぴったり?

こんにちは。ゴールドコースト支店アシスタントの杉谷です。

今回はラングポーツ・ゴールドコースト校を見学し、校長のジョンさんにラングポーツの魅力を聞いてきました。


ラングポーツは観光の中心地であるサーファーズ・パラダイスに位置する語学学校です。

独自のカリキュラムを展開することで、個々の得意な英語スキルを伸ばし、苦手な英語スキルを克服する教育に長けているといえます。

学生からの評判もよく、その証拠に2011年から2015年の5年間と2017年に「オーストラリア国内最優秀語学学校」を受賞しています。

キャンパスツアーの感想

サーファーズ・パラダイスの賑やかな大通りから曲がって細い道に入り、少し落ち着いた道沿いに建つラングポーツ・ゴールドコースト校。

校長先生に初めてお話を聞きに行くという事で、少し緊張しながらも入って、受付へ。受付の方はとびきりの笑顔で出迎えてくださり、とてもフレンドリーでした。

少し待つと校長先生のジョンさんが来てくださり、落ち着いた声のトーンと優しい話し方に緊張もほぐれました。親切に案内してもらえるので、初めてラングポーツに行く方でも安心して見学ができる印象を受けました。

キャンパスカラーの青と緑。知的できっちりとした雰囲気を感じました。

教室は、学生一人一人が参加しやすいように机が円型に並べられていて、先生が前に立ち、ホワイトボードと大型スクリーンを使いながら授業を進めていく様子。

キッチン、ダイニングスペース、図書室に加え、卓球台やサッカーボードゲームなど共有スペースが充実。

学内の友達とより仲良くなれそうな共有スペースでした。

ラングポーツ・ゴールドコースト校の基本情報

・ゴールドコースト校の在学生数は、最大で330人、オフピークは180人程度
・日本人の他にヨーロッパや南米の学生が多い
・学校全体ではケンブリッジコースが一番人気
・日本人にはUFOEnglish(一般英語コース)とTOEIC+が人気
・ゴールドコースト校は年齢層が若干若く、20代の学生が比較的多い傾向

ラングポーツはコースに柔軟性がある

今回の見学で、ラングポーツはコースに柔軟性があるという特徴を見つけました。

☆「個々」のレベルと目標に合わせたコース組みが可能


UFO English コースというラングポーツ独自のカリキュラムを活用しています。学生は自分のクラスを以下のようにカスタマイズすることが可能です。

 
  • U…「USE 」「英語を使う」午前のUSEでは、学生の総合的な英語レベル別にクラスが分けられています。文法・語彙・発音の力を鍛え、「英語を使う」を強化していきます。
  • F…「FOCUS」「スキル集中」午前から午後にかけてのFOCUSでは、学生の英語の得意不得意に沿ってクラス分けされています。
    例えば、苦手なスピーキングのレベルは2でも、得意のリーディングはレベル4のクラスを受けることが可能です。
    自分に合ったレベルから、苦手な英語スキルを克服し、得意なスキルはどんどん伸ばしていこうという方針です。
  • O…「OPTIONS」「オプション」午後のOPTIONSでは、学生は個人の目標に合わせていくつかのレベル別の授業から1つ選択できます。
    例:レベル2-3 Introduction to Business English(ビジネス英語へ入門)


☆ケンブリッジ試験対策を始めやすい

ラングポーツはケンブリッジコースが2つあります。ケンブリッジコースとは、ケンブリッジ英語検定試験の為の対策コースです。

Cambridge Closed Course(ケンブリッジ・クローズドコース)とCambridge Flexi(ケンブリッジ・フレックシ)の2つがありますが、今回はケンブリッジ・フレックシというコースに注目します。

これは、もう一つのケンブリッジ・クローズドコースと異なり、試験に向けて勉強をより始めやすい対策コースです。

ケンブリッジ・クローズドコースの様に入学日が固定されておらず、毎週月曜日から授業に参加できます。

また、通常ケンブリッジコースは10週以上の受講が必須ですが、ケンブリッジ・フレックシであれば、最低4週以上、10週以下でもクラスに参加できます。

クローズドコースに入るレベル(最低FCEレベル)にまだ達していない方や10週間以上みっちり集中してやるのは厳しいという方にとって、フレックシは最適な選択肢でしょう。

このように、ラングポーツでは学生のレベルと目標に沿った、柔軟性のあるコース提供が特徴的です。

ラングポーツがオススメな理由

☆完全英語環境

ゴールドコーストの語学学校の中でも厳しいEnglish Only Policyをもつラングポーツ。

母国語で会話しているのが先生に見つかるとレッドカードを渡されてしまいます。ゲームと同じようにペナルティ付きなので、このルールをしっかりと守る学生が多いです。

完全英語環境に身を置きたい、英語で友達を作りたい方には必要なルールです。

☆出席率を高くキープできる

学生ビザの方は出席率が80%以下になると、ビザのルール違反となる為、出席率を保つことは不可欠ですが、観光ビザやワーキングホリデービザの学生は基本、自己責任です。


しかし、ラングポーツはどのビザを所持していても、出席率が80%以下だと卒業証書が発行されません。その為、出席率が下がっていると先生に何度も催促されます。


また、遅刻禁止のルールが設けられており、これも出席率を保つ為のルールです。


月曜日から金曜日の間で、10分以内の遅刻であれば、注意の紙をわたされ、授業を受けることができます。


しかし、一週間内で3回目以降の遅刻(翌週リセット)は、たとえ1分でも基本的には授業に参加できません。仮に参加できたとしても、出席としてはカウントしてもらえません。


このように、出席率を高く保つことで、学生が真剣に授業に取り組めるように促しているでしょう。



☆先生の学習サポートが手厚い
  1. 毎週月曜日は学生と先生が1対1で面談することが必須となっています。そこで何か困っていることはないかの確認や現状のレベルについて個人面談をしてくれます。
  2. 先生同士のトレーニングが定期的に行われており、授業の実例を参考に、学生にとってより分かりやすい教え方を見直しています。
  3. 職員室のドアは必ず開いており、放課後にも先生がそこに残ってくれているので、質問を聞きにいきやすいです。
  4. クラスの宿題だけでなく、自主勉強をしたい学生には、その学生の目標に合ったオリジナルの課題を先生が用意してくれることもあります。

☆他では経験できないアクティビティがある

ラングポーツはアボリジナル(先住民族)コミュニティーと友好的なコネクションを築いています。

その為、稀に年に一度、アボリジナル・コミュニティーに参加できるプログラムがあります。

保守的なコミュニティーであることから、部外者が参加することは通常難しく、コネクションのあるラングポーツだからこそ提供できるアクティビティです。

観光でも滅多に触れることのできない、オーストラリアの貴重な文化を体験できるチャンスです。

☆ジョブサポートが無料!

他校は有料な場合もありますが、ラングポーツでは仕事を見つける為の必要な履歴書の準備やアドバイスを無料で受けられます。

こんな方にはぴったり!


☆しっかりと英語環境に身を置きたい方


☆勇気を出して積極的に授業に参加できる方


☆目標を持って勉強できる方


☆自分の苦手な英語スキルを克服して、得意を伸ばしたい方


☆先生から充実した学習サポートを受けたい方


ラングポーツにご興味を持った方は、こちらまでお問い合わせください。