2016年5月7日

一般英語クラスの様子を見てみよう!〜ELC〜

英語学校を選ぶ際にポイントとなるのは、学校のプログラム内容、先生の教授スキルや経験、費用があげられますが、意外と重要なのが学校の雰囲気。ワーホリさんの多い学校は元気でワイワイした感じになりますし、進学の学生さんが多い学校は真面目に勉強をするなど学校ごとに雰囲気が異なります。

これからご案内をするイングリッシュランゲージカンパニー(ELC)は、多国籍な学校で長期や短期の学生さんが混在する学校なのですが、全体的に落ち着いていてアットホームな雰囲気の学校です。ELCの雰囲気を感じてもらえる一般英語クラスのムービーが公開されましたのでご案内します!



ELCの一般英語コース

多くの学生さんが最初に受講をするコースで、読む聞く話す書くの4技能を満遍なく学べるコースです。レベルは初級から上級まで開講されており、午前中はテキストを使った授業で、午後はクラスメートが変わり午後の1時間目は選択授業、午後2時間目はオプション授業となります。

ELCの一般英語コースでは、12週間で1つのレベルが上がるようになっており、1つのレベルは4週間ごとになります。一般的に4週間毎にレベルチェックテストが行われる学校が多いですが、ELCでは毎週月曜日に前の週の内容を理解しているかのテストを行います。これはどんどん上に上がっていくことを目指すためというよりは、理解の出来ていない生徒さんのフォローが主な理由です。テストの結果、そのレッスンの内容の課題をもう少しやったほうが良いと先生が判断した場合は、午後のオプション授業の時に、自習室で特別な課題を行ってもらったり先生が相談にのってくれるので、ついていけるか不安という方は非常に安心です。

下記のムービーが授業の様子です。先生ともクラスメートともコミュニケーションをたくさん取りますので、クラスメート同士も国籍関係なく仲が良いです。この一体感が延長率の高さにもつながっているのですね。





学校の特徴は?

ELCは進学をされる方がたくさんいるというよりは、「会話力をあげたい・日常で使える英語を学びたい」という方が多く学ぶ学校です。その為学校としても、基本的な「読み・書き・話す・聞く」のスキルはもちろん、選択授業で会話や発音のクラスが多く取れたり、タイムテーブルでも沢山の友達ができるような工夫がされています。また、学校に通う生徒さんの多くが目指すケンブリッジFCEの合格率にもこだわっています。
さらに、学校外でたくさんの経験ができるようにという考えから、英語レベルによってスタート時間が3つに分かれるタイムテーブルを作っていたり、本格インターンシップが出来ることもポイントです。
タイムテーブルに関してはこちらをご覧ください。


笑顔で迎えてくれる受付スタッフ



多くの学校はレベルアップ・理解力テストとして大きなテストを4週間に一回行うので、ELCの学校スタッフに何故大きいテストをしないのか聞いてみたところ「海外にいると既に普段の生活がストレスに晒されているのだから、テストテストとプレッシャーをかけず、せめてクラスくらいは平和な場所であるようにしたいですよね。」という答えが返ってきました。人数は決して少ない学校ではないのですが、とってもアットホームな雰囲気になるのは学校スタッフや先生たちがこう考えて学生さんたちに接しているからなんだな、と嬉しい気持ちになりました。
落ち着いた環境で勉強をしたい方はもちろん、自分は授業について行けるのだろうか、海外生活不安だな、と思われている方は是非ELCで勉強してみてくださいね。
留学プランのご相談はこちらまでお問合せ下さい。