2021年4月28日

【学校見学】ディスカバー・イングリッシュに行ってきました!-2024年7月-

最終更新日:

先日学校見学でディスカバー・イングリッシュにお邪魔してきました!今回は、キャンパスや授業の様子をご紹介したいと思います。


メルボルンには大規模から小規模まで数多くの語学学校があり、特徴は様々です。その中でも中規模校のディスカバーは大規模校と小規模校の双方の利点を兼ね揃えたバランスのとれた学校です。

そんなディスカバーのキャンパスは、メルボルンらしさにこだわったオシャレで清潔感のあるキャンパスです!今回はキャンパスを余すところなくご紹介していきますね!

キャンパスはフリンダース駅から徒歩約5分、Collins Streetに面したおしゃれな建物内にあります。



学校名の入ったファザードが目印です。キャンパスの周りにはカフェやレストランが充実しており、在校生からも「授業の後で学校の友達と遊びに行ったり、コーヒーを飲んだりするのにぴったり!」という声が上がっています。トラムストップが学校の目の前にあるので、通学にも便利です。

エレベーターで1階に上がり左に曲がると受付があります。この日は、AndreaさんとPlaさんが笑顔で出迎えてくれました!

計6フロアの大きなキャンパス!

キャンパスは地下から5階まで計6フロアにわたって教室や休憩スペースが配置されています。

まずは地下スペース。エレベーターを降りて右手には、広々としたラウンジスペースとキッチンがあります。

この日は、ちょうどお昼休憩の時間帯だったこともあり、ランチを食べる学生さんで賑わっていました。とても和気あいあいとした雰囲気で、みなさん楽しそうに過ごされていましたよ!

エレベーターを降りて左に曲がるとそこには約20台のパソコンスペースもあります。

パソコンスペースには英語の本なども置いてあり、自習スペースも設けられているので、授業が終わってからここで勉強している方もいるようです。

また、この日はパソコンスペースの奥でエクストラクラスが開催されていました!

エクストラクラスは自由参加ということもあり、今回は学生さん2人に対し先生1人という超少人数制で行われていました。ディスカバーの授業は基本的に少人数制ですが、エクストラクラスでは更に先生と近い距離で勉強することができますよ!

2階、3階、4階、5階は教室となっています。各階4部屋ずつ教室があります。

各階にはちょっとしたラウンジエリアが設けられているのでわざわざ地下の大きなラウンジに行かなくても休憩できるスペースがあるのは助かりますね。

廊下にはメルボルンらしいものや名所の写真が貼られています。各階で写真は違うようなのでお気に入りの写真を探しながら歩くと楽しいかもしれません。『これ素敵だね!見たことある?』なんて会話が友達と自然に楽しめそうな予感がします。

メルボルン市内でよく見られる素敵な”グラフィティー”もここでも見られます!

受付やスタッフのオフィスがある1階には教室はなくこのような広い部屋が用意されています。

ここは、学校初日のオリエンテーションをするのに使用されたり、TOEICやケンブリッジテストの試験場としても使われています。

そして、今回は私も一般英語コースの上級クラスの授業に少しだけ参加してきました!

この日の担当はHamid先生。ELICOSコースを教え始めて25年という大ベテランです。授業内ではテキストを中心に、グループでトピックについて話し合ったり、ゲームをしたりと、盛りだくさんの2時間でした。Hamid先生は、生徒一人ひとりを気にかけてくれ、学生同士のちょっとした会話にも積極的に加わってくれました。テキストには載っていない新しい単語を教えてくれたり、発音を丁寧に直してくれたりと、とても親身になってくれる先生でした。

学生同士も仲が良く、教室ではグループを越えて英語が飛び交っていましたよ。授業にも積極的に参加し、どんどん発言していました。初対面の私にも気さくに話しかけてくれ、クラスみんなで週末に一緒に遊びに行く予定だと教えてくれました。先生も学生もフレンドリーなのは、ディスカバーの大きな特徴の1つですね!楽しく英語を学びたい人にはぴったりの環境だと感じました。

校内ルールはしっかり!

校内では母国語禁止ルールが徹底されており、同じ国籍同士でも英語で会話をしている様子が見受けられました。また、各教室の扉には教室内でのルールが貼られており、その中には15分遅刻したら入室禁止のマークもありました。

こうしたルールで、しっかり勉強したい学生にとってモチベーションを保ちやすい環境作りがされています。

英語以外にも有意義な体験を!

ディスカバーでは、学校での英語の勉強以外にも、様々な経験をつめる機会を提供しています。
アクティビティー
ディスカバーではほぼ毎日アクティビティを開催しています!セントキルダビーチの散策など、選択肢が多いので、自分の楽しめそうな活動を選びやすいですね。在校生もしくは卒業生であれば、一部を除いて基本は参加料は無料となり、仕事探しに役立つジョブクラブやサッカークラブなどは固定のアクティビティーとして開催されています。

また、今後はメルボルン現地の大学で日本語を学んでいる学生さんとの交流なども予定されているそうです。

ボランティア・パッケージ
ディスカバ−在校生は、希望すれば現地の学校の日本語教師アシスタントや環境保護のボランティアを勉強と並行して行うことが出来ます。ディスカバーには、社会問題に関心があったり、意識の高い学生が在籍しているので、英語だけでなく人間性の成長も期待できます。特に日本語教師アシスタントは、メルボルン現地の学生と交流できるということもあり、大変人気のプログラムだそうですよ!

デミペア・パッケージ
『英語・プラス・デミペア・パッケージ』のコースでは、学校への通学と並行して現地の家庭に滞在し衣食住を共にしながら、パートタイムのベビーシッターを経験するプログラムです。

このように、ディスカバーでは、授業の中で英語を学ぶだけでなく、現地の方との積極的な交流を通して、日常の様々な場面で英語を使いながら、コミュニケーション力を高めるための機会を提供しています。『基礎的な英語力も高めたいけど、もっと実用的な英語も学びたい!』『学校以外でも英語を使える環境に身を置きたい!』という方には大変お勧めです!

現役生から選ばれる頼れるアンバサダー

ディスカバーの特徴の1つが、現役生から選ばれるアンバサダーです。コロナ禍で一時中止されていましたが、今年から復活しました!
アンバサダーは生徒会のような存在で、アクティビティの企画進行や、他の学生のサポートといった役割を担っています。

同じ留学生だからこそ、相談しやすいこともあったり、みんなが楽しめるアクティビティを企画できるという良さがありますね。スチューデントサポートスタッフに伝えれば、直接アンバサダーと会って個別にやり取りをすることも可能だそうですよ!学生にとっては心強い存在ですね。

また、アンバサダーは10週間にわたって活動し、活動終了時には学校からリファレンスレターが発行されます。1週間に1回は活動のためのミーティングもあり、常に情報のアップデートをしているとか。アンバサダーとして、留学中に語学学校で働くことができるのは、とても貴重な経験ですよね!

日本人スタッフのサポート

ディスカバーには現在日本人スタッフのMikiさんとJunkaさんが常駐しています。学校開始後に何か困ったことがあれば、キャンパスでお二人を訪ねて、いつでも相談できますよ!

私がキャンパスにお邪魔した際は、Mikiさんがラウンジや廊下で積極的に学生さんに声をかけているのが印象的でした。

他のサポートスタッフも明るくフレンドリーな方ばかり。何か困ったことがあったときに相談できる相手がいるのは心強いですよね。

様々なイベントも


ディスカバーでは、季節に応じて様々なイベントが開催されています。

例えばハロウィンのシーズンには、キャンパス中がハロウィン仕様にデコレーションされ、自由参加の仮装大会なども開催されます。また、冬場には無料のホットチョコレートが配られることも!

このように、ディスカバーではコースやレベルを超えて学生同士が交流し、みんなが楽しめる機会を年間を通じて提供しています。

動画で体感、キャンパスツアー

動画から学校の雰囲気をより詳しく感じて頂けます。
– Discover Englishのキャンパスの様子【日本語版】
※2021年3月に弊社スタッフによって、キャンパスで撮影された動画です


留学生が快適に学校生活を送れることを第一に考えるディスカバー・イングリッシュはメルボルンでも大人気の学校です。興味のある方は弊社までお問い合わせください。

※※備考※※
・コロナウィルスの影響により留学生が2021年4月現在入国できません。その関係で上記でご案内しているコースやサービスが一部行われていない可能性があります。お申し込み・渡航前に現在行われているサービスの確認を弊社までお願いします。