2011年7月28日

【パース】老人ホームでボランティアを体験しました!

老人ホームで3週間ボランティアをされたまきこさんの体験談です♪
★ ボランティア先 Bassendean Adult day care 
★ボランティア期間:3週間

ボランティアとしてどんなお仕事をしていましたか

私がボランティアをしたデイケアセンターは高齢者や障害をもたれた方が週に1,2度センターに通い、他のクライアントの方やスタッフの方とアクティビティ、食事などを一緒にして過ごし午後にはお家に帰って行かれます。
私のボランティアとしてのお仕事は、出勤後まずテーブルふき、カップをセットする等のモーニングティーの準備をします。
その後、クライアントの方を車でお迎えにいきます。
クライアントの方が車の乗り降りをする際の補助や乗車後のシートベルトの確認をします。
センターに到着後はモーニングティーのお手伝いです。もちろん、一緒にティーを飲みながら会話を楽しめます。
午前、午後で(ビンゴゲーム、製作、ボーリング等)アクティビティがあるので、スタッフの方のお手伝いをします。
昼食時はテーブルのセッティングと配膳、下膳をします。
全ての仕事をスタッフの方と一緒にするので分からないこともその都度確認できます。

ボランティアをしてみての感想

ボランティアの仕事を始めるにあたり、自分の英語力で大丈夫なのか不安でいっぱいでした。しかし、スタッフやクライアントの方々はとてもフレンドリーで私を暖かく迎えてくださったのでその不安はすぐになくなりました。
もちろん英語が聞き取れず、聞きなおしても理解できずコミュニケーションが取れず困った事もありました。でもみんながフォローしてくださいました。
第1週目の時は戸惑う私が逆にクライアントの方にケアされていました。
私の他にもボランティアスタッフの方がいて何年も働いているということを聞き、とても驚きました。
日々英語と触れ合う中で今まで聞いたことはあっても使ったことのない単語やフレーズを聞き、こういう時につかうんだという勉強にもなりました。
学校とは違った生きた英語を学べるいい機会でした。
クライアント、スタッフの方々はとても元気でアクティブな方が多く、私も負けてられないなとも思いました。
午後のアクティビティではドライブしてどこかへ出かけることが多く、近くのスワンバレーのワイナリーやアイスクリームを食べに行きました。
日本では考えられない、オーストラリアならではのアクティビティだと思いました。
毎日が楽しくとても充実した日々を送れました。
ローカルでどうしても働いてみたかった私にとってこのボランティアに参加できたことは貴重な経験であり、又達成感を味わえ、自分の自信へとつながったと思います。
パース老人介護ボランティアパース老人介護ボランティア