2008年10月7日

WWOOFからのセカンド申請に関して !

セカンドワーキングホリデービザ取得の為の方法としてWWOOFをご検討中の方への最新情報です!!


オーストラリアのワーキングホリデーメーカーにとってセカンドワーキングホリデーは現在、オーストラリアへ渡航される為の目的の一つになってきております。
セカンド取得の為に必要な第1次産業での就労ですが、ピッキングと並んでファームステイも人気の一つとなっております。
ファームステイの場合、個人でインターネットや口コミなどで探され働かれるものと、WWOOFと呼ばれますファームステイ協会認定のファームで就労されるケースもあります。
WWOOFに認定・登録されているファームステイは確かな情報の下、協会が管理をしておりますのでこれまで多くの方が利用をされてきております。
WWOOF オーストラリア:
http://www.wwoof.com.au/
ただ、最近になって、協会の目を盗んでかどうかは分かりませんが、悪質なファームステイ先も出てきているようで、セカンドビザ取得の為に必要な雇用主からのリファレンスやサインを拒否されるファームがあるようです。
WWOOF協会自体は日本やカナダなど世界各国でも展開している世界的な協会で問題があるというわけではありませんが一部こうした悪質なファームステイが実在するということになります。
セカンドは考えていない・・・という方であれば現時点では特に問題にすることではありませんが、セカンド目的の方は実際にちゃんと働いたのに、その証明が貰えない(WWOOFの場合には基本的に無給となりますので働いた証明が雇用主から貰えないとなると働いた証明が難しくなります)となるとその時間が無駄になってしまいます。
現在、WWOOF協会側も移民局と連動してこうした事態に対して対処を検討しているようです。
今回の情報は実際にWWOOFで働かれて現在そういった状況になられている方から頂きました情報ですので更なる詳細は弊社では把握いたしてはおりませんが、今後WWOOFを通してセカンドをご検討中の皆様は十分にお気をつけ下さい。