2018年6月29日

西オーストラリア州立専門学校(TAFE)で英語を学ぶ!

まずはTAFE(テイフ)という所がどのような機関なのかをご存知でない方も多いと思います。TAFEは(Technical and Further Education)の略で、オーストラリアの各州にある政府が運営をしている、”職業訓練校”です。TAFEの本科では留学生だけでなく、たくさんの現地オーストラリア人が専門的な技術を身につける為に学んでいます。

そしてそういった専門コースに進学をする為の準備コースとして、TAFEでは英語を母国語としない留学生の為に、英語コースも開講しています。進学英語コースからは本科にダイレクトエントリーができることから、多くの進学希望の学生が英語コースで学んでいます。




コースの種類


●一般英語コース

一般英語コースは5週間毎にタームが組まれています。一般英語コースでレベルが上がれば、進学英語コース、IELTSコースに進むことができます。

●進学英語コース

進学英語コースは10週間ごとにタームが組まれており、EAP4からはIELTSのスコアなしでTAFE本科にダイレクトエントリーが可能です。このコースでは専門コースで必要なスキル、アカデミックライティングやプレゼンテーションの仕方、リサーチスキルなどを中心に学びます。

●IELTS試験対策コース

IELTS試験対策コースは10週間毎にタームが組まれています。このコースではIELTSの本試験と同じ環境での模擬試験を行い、講師からのフィードバックを元に弱点の強化を図ります。



タイムテーブルと充実の学習サポート!


タイムテーブルは①一般英語コースと②進学英語コース&IELTSコースとに分かれており、Self-Accessではコース毎に学生をサポートするセルフスタディの為のアクティビティが用意されています。



学習サポート①:1時間のセルフアクセス

●セルフアクセス(一般英語コース)

●セルフアクセス(進学英語コース&IELTSコース)


学習サポート②:Clarity English(クラリティイングリッシュ)

英語コースの学生だけが利用できる、TAFEの図書館からアクセスが可能のオンライン学習教材です。


学習サポート③:アクティビティも毎日開催

留学中は授業外でも英語を学ぶ機会がたくさんあります。講師とのエクスカージョン(遠足)や、ヨガ、交流会などのアクティビティにたくさん参加をして、英語力を伸ばしましょう!


スタッフサポート&設備も充実しています


TAFEのノースブリッジキャンパスには、英語コースの生徒も利用できる、大きな図書館やパソコンルーム、食堂、講義室などがあり、英語コースの生徒専用のパソコンも25台が別に用意されています。

またTAFEではカウンセリングサポートも行っており、本科進学への進学相談、英語学習に関しての相談などを聞いてくれるカウンセラーが常駐しています。



<TAFEの英語コースにご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください>

※メールでのお問い合わせは無料留学相談フォームから、お問い合わせ下さい。


※お電話でのお問い合わせは、パース支店スタッフと直接お話し頂けます、「050-8882-5719」または「050-5876-7125」にお電話下さい。インターネット回線を利用しておりますので、日本国内利用料でお電話頂けます。

回線の状況でつながりずらいこともございますが、その場合はお手数ですが、留守番電話にメッセージを残して頂けましたら、折り返しお電話致します!