2019年11月1日

学生寮が人気のシドニー語学学校 TOP3


LINK2より

語学留学をされる方から、お問い合わせがかなり増えている学生寮。そこで、今回は学生寮が人気の語学学校 TOP3@シドニーをご紹介します。

1位 イングリッシュ・ランゲージ・カンパニー(ELC)


ELCはかなり早い時期から、徒歩で通える比較的費用抑えめの学生寮を紹介しており、安定の人気を誇ります。そのため、ヨーロッパや南米の学生さんが増える9月〜3月は半年前くらいから部屋が埋まり始めるので、滞在を希望の場合は早めのブッキングが重要です。
1つのアパートメントに8−10人ほどの滞在となり、みんなでお話をしたりコミュニケーションを取りやすい環境なので、みんなでワイワイ過ごしたい方にオススメの学生寮です。14〜28日の期間をご希望の場合は短期手配料が50ドルかかります。





Student House

地域Ultimo(学校まで徒歩15〜20分)
利用できるお部屋タイプシングル、ツインシェア(ベッドルームは男女別)
宿泊手配費(2020年)260ドル
シングル1週間の宿泊費(2020年)365ドル(4週間から)
ツイン1週間の宿泊費(2020年)約295ドル(4週間から)
設備TV、PC、フリーWIFI、共有キッチン、共有バスルーム、ランドリー





2位 ユニバーサル・イングリッシュ・カレッジ(UEC)


学生寮ではワイワイとにぎやかな環境になることが多いですが、寮に入る理由が「できるだけ学校に近い環境でしっかり勉強をしたい」という方には、UECのファルコンロッジが人気です。滞在者は学生ばかりではなく働いている方も住んでいるので、自分のスペースをしっかり確保ができる点に評価が集まっています。お家についたら、落ち着いた環境で過ごしたい方にオススメです。





Falcon Lodge

地域North Sydney(学校までバスで30〜40分)
利用できるお部屋タイプシングル、シングル(バス・トイレ付)、ツイン(2人でお申し込みの場合)
宿泊手配費(2020年)305ドル
シングル1週間の宿泊費(2020年)335ドル(4週間〜)
シングル(トイレ・バス付)1週間の宿泊費(2020年)395ドル(4週間〜)
ツイン1週間の宿泊費(2020年)400ドル/部屋(4週間〜)
設備各部屋にTV、フリーWIFI、共有キッチン、共有バスルーム、ランドリー(有料)、庭





3位 ラングポーツ シドニー


ラングポーツも様々な学生寮が手配できる学校の一つですが、特に人気があるのは徒歩圏で通学できる学生寮とのこと。一つのアパートメントには7−9人の学生が滞在します。若干費用が高めなので、費用が気になる場合は、少し郊外の学生寮を選ぶこともできます。14〜28日の期間をご希望の場合は短期手配料が50ドルかかります。





Modern Student Apartments

地域Broadway、Haymarket(学校まで徒歩20〜25分)
利用できるお部屋タイプシングル、ツインシェア(ベッドルームは男女別)、各バス・トイレ付も有
宿泊手配費(2020年)260ドル
シングル1週間の宿泊費(2020年)405ドル(2週間から)
シングル1週間(バス・トイレ付)の宿泊費(2020年)510ドル(2週間から)
ツイン1週間の宿泊費(2020年)約320ドル(2週間から)
ツイン1週間(バス・トイレ付)の宿泊費(2020年)約360ドル(2週間から)
設備TV、PC、フリーWIFI、共有キッチン、共有バスルーム、ランドリー




特別ランキング アイエルエスシー シドニー(ILSC)


大学生向けにも提供されている学生寮Igluと提携しているILSC。ショップが多く生活に便利で、駅からも徒歩数分の場所で交通の便、生活ともに良い立地です。中も設備が整っておりきれいですが、流石に費用は若干高めです。ただ、きれいな環境・便利な立地などが優先で、予算も比較的余裕がある方には非常に人気の学生寮です。一つのアパートメントには5ベッドルームあります。




Iglu

地域Chatswood(学校まで電車で20分)
利用できるお部屋タイプシングル(プライベートバスルーム)
宿泊手配費(2020年)275ドル
シングル1週間の宿泊費(2020年)459ドル(4週間〜。25週以上の場合は週429ドル)
設備TV、PC、フリーWIFI、共有キッチン、エアコン、リビングダイニングルーム






シドニーの場合、学校はビルの中にあるのが一般的なので、大学のように「学校の敷地内にあり、その学校の学生だけが住む」という学生寮をもつ学校は少なく、様々な大学と提携している学生寮の部屋や、誰でも借りれるアパートメントタイプの部屋を、語学学校が学生さんのために借りるスタイルの学生寮が主流です。

また、学生寮は「安い」イメージがありますが、シドニーの場合はシティに近いことが多く、設備も整っていることが多いので、逆にシングルルームだとホームステイより高いことも多いです。生活費を安く抑えたい場合は、学生寮でもシェアルームを選ぶなどの注意が必要です。

一般的には、距離や自由度を選ぶと学生寮、コミュニケーションや費用、食事の心配を考えるとホームステイとなりますが、何を優先に滞在先を考えるかでオススメが異なります。滞在先にこだわりがある場合は、カウンセリングの最初にお知らせいただければ、考慮して語学学校のご案内ができますので、最初にお知らせいただくと安心です。

滞在先も含め、目的にあった学校選びをされたい方は、こちらまでご相談ください!