2007年4月27日

QLD州警察広報:盗難対策

QLD州警察の協力により、全ての在豪邦人(ワーキングホリデー、留学生、ビジネスビザ保持者、永住者)、今後の渡航予定者に役立つQLD州警察発表の安全・防犯対策情報を掲載します。全ての情報はQLD州警察より提供されています。


QLD州警察ロゴ
盗難対策:PROPERTY IDENTIFICATION
盗難は発生率の高い犯罪のひとつです。今回は盗難防止対策:PROPERTY
IDENTIFICATIONについて紹介します。
それぞれの警察署に盗難品を収める部屋が設置されいることをご存知ですか?それらの部屋は常に多くの物品でいっぱいになっています。しかし、その物品の多くは所有者未確認のままです。
“PROPERTY IDENTIFICATION”は、大切な品物に彫刻を入れることにより盗難品の発見率を高め盗難品の所有者確認を容易にするための手段です。 
彫刻は警察署にて行えます。まず最寄の警察署へお越しいただき、警察署に設置されてある“PROPERTY IDENTIFICATION”のパンフレットを参照後、職員に彫刻機をお尋ねください。彫刻を始める前に個人識別番号を設定します。
個人識別番号は、イニシャル、生年月日そしてアルファベットのQ(クイーンズランドのQ)による9つの文字と数字により構成されます。
例:氏名   Peter Alex Smith
  生年月日 1960年2月1日(01/02/1960)
個人識別番号は、PS010260Q となります。
個人識別番号の設定後、希望される品物に彫刻をします。宝石類や絵画、骨董品等彫刻できないの高価な品物は、写真やビデオ撮影をしておくとよいでしょう。定規を横に並べて撮影しておけばその品物の大きさが示され、確定に役立ちます。
また、盗難の対象となりやすい高価なものや無くしたくない大切な物はそれぞれのシリアル・ナンバー、メーカー名、モデル名やその品物の特徴を記録したリストを作成しておくとよいでしょう。
彫刻後、“PROPERTY IDENTIFICATION”のパンフレット内のPROPERTY TRACINGの欄にあなたの住所、氏名、電話番号また彫刻した個人識別番号を記載し、警察に提出してください。警察はその情報をデータベースに記録します。これは、万が一盗難に遭い犯人が逮捕されたときに盗難品の追跡の際に使われます。
もし盗難品に彫刻がなされていない場合、警察はその盗難の被害者より与えられた盗難品のシリアル・ナンバー、メーカー名やモデル名などの情報のみを頼りに捜査することになります。この多くの場合、犯人はこれらの情報を品物より取り除くことができ、盗難品追跡は困難になります。しかし、品物に彫刻がされていると、その彫刻された情報は品物を傷つけずに取り除くのは難しく、傷ついた品物は売買されにくくなります。つまり彫刻された品物は盗難されにくくなるのです。
あなたの貴重品に彫刻をした後は、忘れずに申込用紙“PROPERTY TRACING”をご記入の上、最寄の警察署へ提出してください。書類提出時に警察より“WARNING All items of value have been marked for POLICE IDENTIFICATION”と記載されたステッカーを渡されます。これを窓などよく見えるところへ貼付し盗犯へあなたの家は標的にするべきではないことを指摘してください。
犯罪防止は社会一人一人の責任です。すべての住民のより安全な地域確立のためお互いに助け合いましょう。