2007年4月27日

QLD州警察広報:交通事故にあったら

QLD州警察の協力により、全ての在豪邦人(ワーキングホリデー、留学生、ビジネスビザ保持者、永住者)、今後の渡航予定者に役立つQLD州警察発表の安全・防犯対策情報を掲載します。全ての情報はQLD州警察より提供されています。


QLD州警察ロゴ
交通事故にあったら
1. 交通事故にあったらまず何をすべきか?
直ちに車を停車し、安全確認をしてください。事故相手を含め、怪我人はいないか確認をします。
もし負傷者があった場合、緊急サービスに連絡し救急車また警察の出動を促してください。もし車から出られない人がいる場合、消防隊への連絡も必要となります。
警察、救急車、消防隊への連絡はすべて緊急サービス‘000’へご連絡ください。
もし負傷者がなく比較的重大ではない場合、事故相手とお互いの連絡先、氏名、自動車の詳細、登録ナンバーを交換してください。もし目撃者がいれば、その目撃者の連絡先も聞いておくべきです。
2. 交通事故に巻き込まれた場合、いつ警察へ連絡するべきか?
負傷者、死者が出た場合、事故が起きたその場で警察へ連絡する必要があります。どんな理由であれ運転者の氏名、住所等の詳細を渡されなかった場合もまた警察に連絡ください。自動車所有者名および車の登録ナンバーを控えておくことも必要です。
車が他の自動車により牽引または他へ移動された場合警察へご連絡ください。
自動車のほかに2500ドル以上の損害があった場合も警察へ連絡するべきでしょう。
警察へはできるだけすぐに連絡してください。例外的な事情を除いては、24時間以内に警察へ通報することが望まれます。
3. 警察へは何を伝えればよいのか?
警察はまず、事故に巻き込まれた運転手の詳細を訪ねます。氏名、住所、電話番号、生年月日、自動車の登録ナンバー、もし運転手と自動車所有者が違う場合は自動車所有者の詳細も訊かれます。
その後、どうのようにしてその交通事故が起きたのか詳細を訊かれます。また分析のため呼気試験や血液試料をとられる場合もあります。
すべての情報をすぐに得る必要はありません。まず警察はできる限りの情報を収集し、他の情報はその後近いうちに集められます。
4. もし事故により負傷者がでた場合どうするべきか?
“000”に連絡し、交通事故の現場の詳細を伝えてください。緊急サービスがすばやく対応いたします。緊急サービスが到着するまでに可能であれば何らかの手当てを試みてください。
5. 牽引の請求手続きをする必要があるか?
もし交通事故が比較的重大ではなく、自動車が走行可能であればそのまま運転して構いません。損害が重大または自動車の走行が不可能な場合は牽引会社へ連絡する必要があります。
事故の重大性により警察に連絡をしたとき、または負傷者が事故車より脱出できないときは、緊急サービスが到着し指示を受けるまでは事故車を動かさないでください。
牽引会社の多くは交通事故に関して経験豊富であり比較的重大ではない事故の場合も助言してくれるでしょう。
法的なアドバイスは必ず弁護士等専門家へお問い合わせください。
6. どういった情報を事故相手より得るべきか?
個人情報を事故相手と交換してください。氏名、住所、自動車の詳細と登録ナンバーまた電話番号が必要です。もし事故の目撃者がいればその目撃者の連絡先も控えておくべきです。
7. 目撃者からはどんな情報を得ればよいのか?
もし事件の目撃者がいれば連絡先を聞き、警察より要求があった場合詳しい目撃内容を聞かれる可能性があることを伝えてください。
8. 当て逃げされた場合
相手の自動車登録ナンバーを控え、その車の特徴(車種、色等)も記録しておいてください。もし運転手の特徴等分かるようであればできる限り記録しておくとよいでしょう。また、事故の目撃者がいるか確認し、もしいれば連絡先を控え、できる限りすぐに警察へ届け出てください。捜査が開始しされると担当の警官より捜査についてや保険請求について説明されます。
9. 道路交通法についての情報はどこで得られるか? 
クイーンズランド・トランスポート・カスタマー・サービスセンターへお問い合わせください。電話:132 380 Website:www.roadsafety.qld.gov.au
Eメール: fastinfo@transport.qld.gov.au