2018年2月6日

ワーキングホリデーで政府認定のマッサージ資格取得!

専門学校への留学は通常学生ビザで渡航する必要がありますが、オーストラリア・ゴールドコーストにあるマッサージの老舗学校「マッサージ・スクールズ・オブ・クイーンズランド(通称:MSQ)」では、ワーキングホリデーで決められている最大17という就学期間以内で、マッサージの政府認定資格を取得できるコースを特別に用意しています。



同コースではマッサージの技術だけではなく解剖学や体の仕組みについてもしっかり学びますので、未経験者でマッサージの基礎をしっかり身に付けたいという方はもちろんのこと、日本でマッサージセラピストエステティシャンの方、理学療法士看護師など医療系従事者スポーツトレーナーなどをされている方からも定評のあるコースとなっております。



CertificateⅣ in Massage Practice

ゴールドコーストで30年の歴史を持つMassage Schools of Queenslandでは、マッサージとアロマセラピーの専門コースを様々なレベルで開講しています。一番期間が短いのは、マッサージの基礎を学ぶCertificateⅣ in Massage Practiceですが、こちらをワーキングホリデー用に16週間で修了ができるようにアレンジされたのが、ワーキングホリデー用のMassage Practiceコースです。


CertificateⅣとは専門学位の1つで”基礎””導入”を学ぶコースとなっております。同コースを卒業することで、CertificateⅣというオーストラリアの国家資格を同時に取得することとなります。

コースで学ぶ内容

マッサージの業界で仕事をするために必要な基礎を身につけるコースです。マッサージの技術は勿論のこと、身体の仕組みや症状の把握、カウンセリング、接客、セラピストにまつわるルールや法律など、セラピストとして仕事をするためには不可欠な知識を学んで行きます。
Core Units(必修) Elective Units(選択)
Establish and manage client relationships Work with diverse people
Manage legal and ethical compliance
Confirm physical health status
Provide first aid
Manage the prevention and control of infection
Develop massage practice
Assess client massage needs
Provide massage treatments
Manage work health and safety
Undertake small business planning Maintain patient records
Provide reflexology for relaxation

実習が必修科目!

同コースの中には、学校に併設されているクリニックで最低80時間の実習が必修で組み込まれています。クリニックは一般開放されているため、一般のお客様への施術経験をすることで、セラピストとしての実務経験を積むことができます。

また現場実習としてゴールドコーストマラソンなどのスポートイベントにブースを出したり、地元プロラグビーチームの選手へのスポーツマッサージの施術機会を定期的に設け、学生が様々な場面で対応できるセラピストになれるよう、実践教育に力を入れています。

現場実習は主にDiplomaという1つランクの高い学生から実力&志望者を募りますが、Certificateの学生でも実力とやる気次第では参加できる可能性もゼロではないようです!

コース詳細

授業は先生もクラスメイトもネイティブスピーカーが多いため、受講にはある程度の英語力が必要です。ただ、オーストラリアの教育機関は多くの場合TOEICのスコアを認めてもらえませんが、同学校はTOEICスコアで英語力証明が可能!英語力に不安がある方は提携している語学学校の英語テストにて英語力判定+足りない場合は英語コースを受講することも可能ですから、お知らせください。
コース期間 16週間
通学スケジュール 週3日(+実習)
キャンパス ゴールドコースト(バーレーヘッズというビーチタウン)
開講日程 2018年1月30日、5月22日、9月11日
入学条件(学歴) 満18歳以上であること/高校卒業以上の学歴
入学条件(英語) 語学学校にて中級以上、IELTS4.5以上、TOEIC700点以上
コース費用 $6,980(入学金、授業料)
 

卒業後のキャリア


同コースをご卒業後は、ワーキングホリデーの残りの時間を使って現地のサロンで経験を積んでからご帰国・日本でセラピストとしてのキャリアに活かすことができます。また、さらに深く学びたい!という方は学生ビザに切り替えて、Diplomaという応用編コースを受講、オーストラリアの正セラピスト資格を目指すこともできます。

日本で医療系に従事されている方は、海外で学んだ知識を日本の医療現場で取り入れていらっしゃるというお話もよく聞きます。

マッサージの学校はオーストラリアにも複数ありますが、中には対面の授業がほぼなく、オンラインと自習(セルフスタディ)だけで進める様なところもあります。MSQは全ての授業がプロの講師によりしっかり教えられます。決して簡単なコースではありませんが、セラピストとしての専門知識を学ぶのであれば、お勧めな学校です。

同コースのお問い合わせ、お待ちしております。