2016年4月13日

レクシスにて英語教授法(TESOL)コースが開講!

レクシス・イングリッシュはオーストラリアに5つ(ヌーサ、サンシャインコースト、ブリスベン、バイロンベイ、パース)、また韓国と日本にもキャンパスを構えている、語学学校として広く知られている学校です。



レクシスは語学学校以外にも「LEXIS TESOL Training Centre」という英語教員育成のセンターを運営しており、今までネイティブスピーカー(またはネイティブに限りなく近い方)を対象としたCELTAなどの英語教員資格取得コースを開講してきました。
レクシス語学学校の講師陣のレベルが高い理由の1つとしても、良くこのセンターの存在が挙げられます。



そのノウハウを生かし、今回留学生向けにCertificateⅣ in TESOL(英語教授法コース)が開講されることになりました!

コース概要

TESOLは正式名称:Teaching English to Speakers of Other Languagesの通り、英語を母国語としない人を対象に英語を英語で教える教授法を学ぶコースです。近年は日本の高等教育でも英語教員が英語で授業をすることが義務付けられる流れもあり、TESOLに注目をされる方は多いです。


レクシスのCertificateⅣ in TESOLは6週間のフルタイムコース。期間は短いですが、その中で12つの科目&実習も行います。
科目は1~11までが必修で、12個目は2つのうち好きな方を選択できます。

[1]Plan, organise and deliver group-based learning
[2]Develop and apply knowledge of cultural factors affecting TESOL teachers
[3]Assist learners to improve pronunciation and speech
[4]Assist learners to learn or improve grammar
[5]Source and develop resources to support learning
[6]Assist learners develop reading and writing skills
[7]Assist learners develop speaking and listening skills
[8]Assess language learning
[9]Apply a range of TESOL methodologies
[10]Assist learners prepare for English language tests
[11]Use Computer Assisted Language Learning to assist learners
[12-1]TESBUS411A – Teach business English (elective)
[12-2]TESCHD412A – Use creative strategies to assist children to learn English (elective)



実習について

CertificateⅣ in TESOLのコースでは6時間の実習が設けられます。
実習の内容はレクシスに実際通学している学生を対象に、放課後に一般英語コースの「無料授業」を6時間分開催し、実際の学生を対象に英語を教えていただくというもの。まさに現役で英語の勉強をしている学生、それも普段はネイティブから習っている学生に指導をすることになるのでかなりハードルは高いですが、とてもやりがいのある実習となります。



言葉を返せば、一般英語コースに通学している学生は、定期的にTESOLの学生の無料授業を受けることができるので、TESOLコース以外の学生にも良いニュースです。



費用、日程、入学条件


□コース名:CertificaateⅣ in TESOL
□期間:6週間
□開講キャンパス:ヌーサ、バイロンベイ
□開講日程:(ヌーサ)5月9日〜6月17日・9月19日〜10月28日、(バイロンベイ)8月1日〜9月9日
□学費:2000ドル
□必要な英語力:Upper-intermediate以上
(Upper Intermediateと判断されてからさらにプレテスト&インタビューを経て、合格すれば受講可能)
※日本にいる方でもテストを受講いただけます

今までレクシスに長期で留学する場合は一般英語→ケンブリッジというのが一般的でしたが、今後はさらに選択肢が増えました!

TESOLコースというとオーストラリアでのメジャーな留学都市で開講されているイメージですが、レクシスのヌーサ・バイロンベイは、日本人が比較的少ない小さな街なので、日本やオーストラリアの都会とは180度違う環境で学ぶことができます。

ゆったりとした時間が流れるビーチタウンで英語教員・講師を目指して学びたい、英語講師の方が技術をブラッシュアップしたい、TESOLを学ぶことで自身の英語力をさらに伸ばしたいという方にはお勧めです。