2016年2月16日

ラングポーツの時間割が新しくなります

LANG-BNE-240513 (1)

ブリスベン、ゴールドコースト、シドニーにキャンパスを構えるラングポーツ・イングリッシュ・ランゲージ・カレッジから、新しい時間割についてのお知らせです。

ケンブリッジ試験対策コースについては変更がありませんが、その他の一般英語コース、進学英語コース、TOEICプラスコース、IELTS試験対策コース、ビジネス英語コース、そしてケンブリッジ Flexi(準備コース)は、2016年8月1日以降、新しい時間割が導入されます

在校生、新入生ともに、新しい時間割にて授業が行われますので、同校の入学を予定している方は、ご確認ください。

現在の時間割(2016年7月30日迄)


2016年7月31日までは、引き続き下記の時間割で授業が行われます。ラングポーツを代表する「UFOカリキュラム」ですが、Use of Englishで基礎英語力を向上、Language Skillのクラスで、自分のスキルレベルに合わせた授業をうけます。



そして、各留学生の要望にあわせた、Optionクラスという時間割です。全体的な授業時間としては、23時間の授業+2時間のアクティビティとなります。


Langports_UFC

新しい時間割(2016年8月1日以降)


2016年8月1日以降に導入される、新しい時間割はこちらです。



Information_for_Students

旧時間割と比較して頂くとわかりやすいかと思いますが、UFOの各役割は変わりません。引き続き、留学生のスキルレベルに合わせた授業をうけることができます。



その中で、Use of Englishと、Focus Englishがともに10分短くなりました。その分、Optionクラスを更に細分化し、Optionクラスと、Language Workshopとしてカリキュラムが組まれます。これにより、20時間の授業+2時間のランゲージ・ワークショップの授業となります。



若干授業時間が短くなりますが、注目したいのは、新しいOptionクラスです。



Optionクラスでは、以下の選択授業を選ぶことができます。各専門性に特化した、選択授業を選ぶことが出来るのは、他の語学学校との大きな違いといえます。個人的には、English through Media and the Internetが気になります!



  • English through Media and the Internet
  • English for Business and Administration
  • English for Engineering and Science
  • English for Finance and Law


さらに、新しいランゲージ・ワークショップでは、以下の授業がうけられます。



  • English for the Workplace, Level 2,3 /Level 4,5,6
  • Exam Practice (IELTS, TOEIC & TOEFL)
  • Aussie Culture / Indigenous Studies
  • Skills Extension
  • Homework Club / Language Clinic
  • Engaging in the community
  • Preparation for volunteering (research & presentation)


試験対策はもちろん、現地での仕事探しをする留学生にとっても嬉しいワークショップがそろっていますね。



2016年8月からということもあり、新しい時間割の評判をお伝えすることは出来ませんが、新しい時間割がスタート次第、生徒さんからの情報を、随時当社WEBサイトでもお伝えしたいと思います。



ラングポーツ・イングリッシュ・ランゲージ・カレッジの新しい時間割や、コースについてはこちらよりご連絡ください。