2016年12月22日

カプラン・パース校での1週間、オリエンテーション編!

私、川口 知子(かわぐち ともこ)が、カプラン・インターナショナル・イングリッシュ・パース校に、1週間学生として入学をしてきました!私は現在ECU(エディスコーワン大学)でMBAを学んでいますが、留学の初めは不安なことがいっぱい。私も当時はそうでした。オーストラリアに来て語学学校がスタート、土地感がまだわからないので『学校まで行けるか心配』、『きちんと学校の授業にはついていけるのかな』、『お友達はできるのかな・・・』そんな不安でいっぱいの学生さんたちを、笑顔でフレンドリーに迎えてくれるのがカプランです!今回は初日の月曜日に行われるオリエンテーションから、金曜日の卒業式まで、私が体験したことを全てレポートします!


初めての語学学校!


ドキドキワクワクのカプラン初日。朝シティーからレッドキャットに乗って、カプランがあるオシャレなカフェやレストランが立ち並ぶウエストパース(レッドキャット17番)に到着しました。学校レセプションに到着したら“My name is Tomoko. This is my first day at Kaplan!”と伝えると、すでに用意されている自分の名前がプリントされたシールが渡されます。

その後、レセプション横のお部屋で、学生証の為の写真撮影をします。カプランは、学生証の写真まで撮ってくれるんですね!さらに、その写真を元に学生証が作られ、スマートライダー(パース公共交通機関の乗車カード)と1枚にして、カプランが配布をしてくれるそうです!これは初めてパースに来て、スマートライダーの作り方もわからない学生には嬉しいサービスですね!


8時20分・オリエンテーション開始


いよいよオリエンテーションの始まりです。この日は私の他に9人の学生さんたちがオリエンテーションに参加していました。出身国は世界各国様々で、イタリア・韓国・ブラジル・日本・インドネシア・台湾・リトアニア・トルコ・チュニジアでした。

そして校長先生のピーターさんが登場。自己紹介をされた後、一日の流れをホワイトボードを使って説明してくださいました。その中でも私が1番印象に残った言葉は、

“We are here to help you with anything. But if you don’t ask for help, Kaplan thinks everything is ok with you.”



つまり、“学生さん助けることには大歓迎だけど、助けを求めてくれないと学生さんが困っていることもわからないから、ためらわずにいつでも教えてね”という校長先生からの心優しいお言葉でした。

9時・キャンパスツアーの開始!


ここからは副教務主任のニコラさんにバトンタッチ。連絡先やメディカルコンディション等の事務書類を記入後、スマートライダーと学生証についての簡単な説明が行われました。



その後、キャンパスツアーに出発です。学生さんが自由に使って良い食堂/談笑スペース、各レッスンルーム、学生用の郵便ポストスペース(カプランでは学生の郵便物も預かってくれます)、カプラン人気のアクティビティ、Conversation Club(会話クラブ)が行われる、一面ガラス窓の明るい光がたくさん入る広いアクティビティルームを見せて頂きました。

そして学生サポートデスクで、サポートスタッフの紹介です。カプランには、韓国人ですが日本語がペラペラのオリビアさんというスタッフがいらっしゃるそうです!本当に困ったときは、日本語での相談もできるので、安心ですね。

10時・ウェストパース散策!


さて次はカプラン周辺のウェストパースツアーへ。ウエストパースからはパースでは有名なキングスパークまで徒歩15分。ニコラさんがお勧めのカフェやバス乗り場、銀行等の場所を案内してくれました。また学校から一番近くのスマートライダーをチャージできるお店も教えてもらえます。


10時30分・レベルチェックテスト!


次はレベルチェックテストです。このテストを元にクラス分けをするそうです。まずは文法とリスニングのテストで、コンピューター室にてオンラインテストを受けます。全て4択問題で特に時間制限はなく自分のペースで行うことができます。ただし終了した人からコンピューター室を離れていくため、少しプレッシャーに思うかもしれませんが、落ち着いて正解を導き出して下さい!

続いてはスピーキングテストです。こちらはとてもカジュアルで、校長先生もしくは教務主任のニッキーさんとの会話によるレベルチェックです。そこでは自己紹介、どうして英語を上達させたいか、また今後の目標等を聞かれました。そして最後はライティング。私の問題は、“Describe your journey to this country”というトピックで、自分の友達に手紙を書く事でした。こちらも時間制限は特になく、自分のペースで書く事ができます。かなりしっかり、全体の英語レベルをチェックするんだ!!と驚きました。


12時30分・最新システムK+Toolの使い方の説明


ランチ休憩後はパースでの生活安全のビデオを見ます。内容はパースの安全情報、気候上の注意、交通安全/ルール、公共交通機関について、緊急連絡先などでした。その後、コンピュータールームに移動して、K+toolという教材についての説明です。カプランは独自の教材を使用しており、教科書のほかにオンラインの教材も利用することができます。カプランのパソコン、または自分のコンピューターからもアクセスでき、学生一人一人が自分のアカウントを利用できるので、自主学習にも役立ちます。さらに、英語のクイズをすればするほど、プログラムが英語レベルを認識してくれ、自分のレベルに合わせた問題を提出してくれます。ハイテクですね!

その後は図書館に移動して、図書館の利用方法について説明がありました。レベル別に色のついたシールが本やDVDに貼られており、自分にあった教材が選べるのでとても便利ですね。

その後、ニッキーさんからカプランの勉強面の指導があります。どのようにクラスのレベルが上がっていくのか、学生ビザについてのルール、学校の出席率などについてとても大切な内容のお話でした。自分のクラスが合ってないと思った場合、また一般英語からケンブリッジコースへ挑戦してみたい、などの学業面のことはいつでもニッキーさんに相談できます。


初日の最後

最後は今日受けた試験結果をもらって、明日からのクラスのレベルに合った教科書を貰います。時間割と教室をそれぞれチェックして、初日のオリエンテーションが終了です!

オリエンテーションは緊張しますが、最初の友達を作るチャンスでもあります!英語での会話となるとなかなか話しかけづらいですが、ランチ休憩を一緒にするなど、勇気を出して話しかけてみてください、今後の友達作りのきっかけになると思います!

次回は、『カプラン・パース校での1週間、授業編!』をお送りします!