2017年2月1日

カプラン・インターナショナル・カレッジ (シドニー校) はどんなところ?

ヨーロッパからの留学生が多いカプラン・インターナショナル・イングリッシュ。シドニー・シティ校はハイドパ−ク近くに位置し、日本語環境を避けて留学生活を送りたい学生さんに人気の高い学校です。今回は、シティ校の学校の様子とカプランの特徴についてご案内をして行きます!


カプラン・シドニー校ってどんなところ?




カプラン・シドニー校は、オーストラリアの中で一番大きなキャンパスをもち、約300名の多国籍に富んだ学生が学んでいます。生徒数が多いだけに、クラスのレベル分けも細かくされていることもオススメポイントの一つです。

学校から外に出ると、周辺にはカフェやレストランはもちろん、ハイドパークを始め、近くに公園が何箇所かあり、勉強で疲れた息抜きでリラックスするのに良さそうです。



学校やクラスの中は、とても新しく明るいイメージで、設備も充実していました。
バルコニーも広々としており、私が訪れた際にもボードゲームで遊ぶ生徒がいたりと、和気あいあいとしたラウンジでした。
バルコニーにはバーベキューコンロもあり、たまにバーベキューパーティーが行われることもあるそうです。



4つの視点からアプローチ

カプランで英語を学ぶ上で欠かせないのがカプラン独自で開発した4つの勉強アプローチ方法です。
それがK+Books, K+tools, K+Extra, K+clubsです。
これらK+ラーニングは授業内、授業外、オフライン、オンラインからの学習方法を提供します。


まず、クラス内では、電子ボードを使ったリーディング・ライティング練習。
また、エクササイズを多く取り入れたスピーキングやリスニングの練習など、生徒参加型の授業を行っています。

その際に活躍するのがK+Books。
K+Booksはたくさんのエクササイズが盛り込まれ、流行りの文化や時事問題を反映できるように定期的に内容が更新され、よりリアルで実践的な内容になっています。



自分のペースでオンラインラーニング


また、カプランはオンラインラーニングにとても力を入れています。
専門家が過去の実績や生徒のニーズを元に研究と分析を重ね開発したカプラン独自のオンラインラーニングシステムであるK+toolsとK+Extraは授業外でもアクセスでき、自宅などからいつでも予習、復習をすることができます。



K+ ToolsがListening, Speaking, Reading, Writing
K+ ExtraがGrammar, Vocabulary, Pronunciationの練習ができるようになっています。

まずはクラス内でK+Booksを使って学習した後は、K+Tools、K+Extraでわからなかったボキャブラリーや文法を見直すこともできます。
学校にもK+Tools、K+Extraにアクセスできるコンピューターが多数用意されています。





例えば文法でもそれぞれ細かく区分分けされており、写真や音声、さらには動画つきでわかりやすく学習することできます。


それぞれのレベルに合った学習プログラムが組まれ、その都度フィードバックを受けることができるので、しっかり自分の弱点を克服できます。
生徒は、希望すればいつでも、先生からの細かいフィードバックも受け取ることができます。
授業で分からなかったところや、重点的に身につけたい部分を自分のペースで学習することができます。



クラスの枠を超えた自由に英語が使える場


その他に、カプランはクラス内だけでなく、その枠を超えて英語を学べるプログラムが多数用意されています。
K+clubsは授業の枠を超えて、授業で学んだことを実践できる最適の場所です。
K+clubsは1週間を通して、通常の授業と並行して行われます。
クラス内で行う内容とはまた違った視点から、幅広いトピックに触れていきます。
通常の授業に比べて、より自由に英語使って学ぶことができます。



また上記の写真のように、月ごとに授業外のアクティビティの一覧があり、ほぼ毎日のように何かのアクティビティが開催されています。
特に週末にはシドニー市外への1日旅行や、カプラン生徒さん用の特別価格で行ける旅行も用意されています。
クラス外での新しい友達を作ったり、友達と英語を使って話すには最適な機会ですね。

このように、カプランはクラス内だけでなく、より実践に近づいた、リアルな英語を身につけるために、自分のペースで学べるオンライン学習や、教室の枠を超えた自由で実践的な学習など、様々な角度からの総合的に英語を習得できる場を提供しています。
たくさん英語を実践できる場が欲しい、自分のペースで英語を身につけたいという方にオススメの学校です。