2016年4月14日

ナビタスIELTSコースを体験してきました!

本日はナビタス・イングリッシュ・パース校のIELTSサンプルクラスを受講してきました。現ナビタス在校生もたくさん参加をされており、皆さん真剣に授業を受けられていました。IELTSサンプルクラスを担当してくださる講師は、ナビタスで講師としても経験がおありのCentre Manager and Director of StudiesのDanielleさんです。



いよいよ授業がスタート!


最初にIELTSのテスト構成、それぞれの項目に与えられる時間、そしてジェネラルモジュール(一般英語用)とアカデミックモジュール(学術英語用)との違いの説明がありました。使う教材は、ケンブリッジ大学出版の『Objective IELTS』です。レベルは、Intermediate(中級)とAdvanced(上級)とが使用されます。IELTSの教材という事で、すごく難しい本かと思いましたが、カラーや挿絵もあり、わかりやすい内容でした。この日のサンプルクラスで使った教科書は、Intermediateです。



グラマーのレッスンがスタート!


授業は、まず教科書を使ってグラマーから学びます。テーブル毎にグループになり、2分程で問題を解いて、まずはグループで答え合わせです。自分では自信のなかった問題も、グループで相談しあうと、色んなアイデアや意見があり、グループワークで学ぶ面白さがわかりました。



リスニングのレッスンがスタート!


次はリスニングのレッスンです。BBCのニュースをまずは音なしで見て、どのような内容かを視覚だけで、アイデアを得ます。それを見ながら、どのような単語が使われるだろうか想像します。リスニングのポイントは、文章の抑揚の中で、どの部分が強調されているかをよく聞き取る事です。もちろん強調されている部分が、相手(スピーカー)が最も伝えたい部分です。




その他、スピーキングではどの部分を試験官は見ているのか、どのように採点されるかのポイントを、Danielleさんの模範回答ビデオを見ながらポイントを伝授。リーディングでは、文章を全部読むのではなく、どのように答えを探し当てるか、というようなテクニックを、質問形式で学びました。

改めて思いましたが、IELTSコースはもちろんIELTSのスコアを目指す方向けではありますが、IELTSを目指していない方でも、ご自身の弱点の把握、強化、またはリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングのコツを学ぶことができます。一般英語コースで学んだ英語を、どのように使うかという事で悩まれている方にも受講頂きたいコースです!

ナビタスで受講するポイント!


・IELTSの試験官経験がある講師からのアドバイス

・IELTSテストセンターからゲスト講師(IELTSテストセンター試験官長)を招きセミナーを開催

・デイタイムもイブニングもIELTSコースを開催



IELTSコースの詳細


■入学日

2016年入学日:5月23日、6月20日、7月18日、8月15日、9月12日、10月10日、11月7日、12月5日

■コース期間:8週間

■コース受講英語レベル:中級以上〜

■コース受講料:お得なパッケージプランがありますので、詳しくはお問い合わせください。

■タイムテーブル(デイタイム)

デイタイムコース 月曜日〜金曜日
10時25分〜12時25分 レッスン1
12時40分〜13時30分 試験練習(Session 1)
13時30分〜14時20分 試験練習(Session 2)
14時35分〜16時35分 レッスン2

※夜間コースは2種類あり(詳しくは、お問い合わせください)
■IELTS Preparation(Evening)月〜金まで、時間は16時40分〜21時
申し込み週数:4週間〜 授業料:239ドル/週
■IELTS Professional(Evening)月〜木まで、時間は18時〜20時 
※IELTSバンドスコア7.0を目指す方対象
申し込み週数:1週間〜 授業料:210ドル/週



ナビタス・イングリッシュ・パース校の場所は:



※メールでのお問い合わせは無料留学相談フォームから、お問い合わせ下さい。



<お気軽にお電話でもお問い合わせください!>

お電話でのご相談をご希望でしたら、パース支店スタッフと直接お話し頂けます、「050-8882-5719」または「050-5876-7125」にお電話下さい。インターネット回線を利用しておりますので、日本国内利用料でお電話頂けます。

※回線の状況でつながりずらいこともございますが、その場合はお手数なのですが、留守番電話にメッセージを残して頂けましたら折り返しお電話致します!