2016年2月18日

こだわり別、お薦めケンブリッジコース

留学の集大成として人気のケンブリッジ英検。ここ数年では長期留学の定番ともなってきています。
シドニーでは多くの学校がケンブリッジコースを開催しており、いろいろな特徴を持っているためなかなか選択が難しいところ。本日は、シドニーのケンブリッジ検定コースを開催している学校の中でも特にお薦めの学校を、タイプ別にご案内します!

合格率にこだわる

DSC_0410


ラングポーツイングリッシュランゲージカレッジがお薦めです。

こちらの学校は進学目的ではなく生活英語の習得にフォーカスをしているため、ケンブリッジ検定コースにも力を入れています。
テキストはケンブリッジから出版されているテキスト以外に、ラングポーツの先生が作った合格のためのポイントが詰まったワークブックも利用。そして、ベテランケンブリッジの先生と新しいケンブリッジの先生(とは言っても学校内では経験の高い先生です)がタッグを組み、学生さんがしっかり合格ができるようにサポートをしてくれます。
詳しい特徴はこちらをご覧下さい。

前回のテストの合格率はFCE87%、そして上級レベルのCAEは96%の合格率を誇るため、特に就職の際にケンブリッジの資格が重要視されるスイスの学生さんから人気です。
またシドニーでは珍しく、コースの途中に「リトリート」と呼ばれる一泊旅行が含まれますので、クラスメートとより仲良くなれる事間違いなしです!



テストの練習量にこだわる

DSC07268


イングリッシュランゲージカンパニー(ELC)がお薦めです。

ELCのケンブリッジクラスは、「入学日が決まっていて同じクラスメートと10〜12週間集中して勉強をする」のは他校と同じですが、タイムテーブルに特徴があります。
午前中はコース期間中テキストを使ったケンブリッジ対策授業を行いますが、午後の選択授業は前半8週間と後半4週間に分かれ、前半の8週間は下記のクラスの中から好きなもの、自分の苦手なものを選ぶことが出来ます。(クラス数が少ない場合は先生の決めた選択授業になる場合もあります。)

-ケンブリッジスピーキング・リスニング・ボキャブラリー
-ケンブリッジ文法
-ケンブリッジライティング
-ビジネス英語

そしてしっかり力をつけた後半の4週間は毎日模擬テストを行いますので、かなり多くの時間テストの練習をすることが出来ます。
じっくりと苦手分野を集中的に勉強した上で、多くの模擬テストの練習ができるので、「テストは緊張してしまう」という方にお薦めです。



コースの参加にこだわる

DSC07250

グリニッジイングリッシュカレッジがお薦めです。

こちらの学校は、ケンブリッジ検定でテストされる内容を学ぶことは、日常生活で英語を運用していくのに大切なポイントが抑えられること、そしてテスト対策コースに参加される学生さんはまじめに勉強をしたい学生さんが多いことから、より効率的にしっかりと勉強したい学生さんに、ケンブリッジ対策コースの参加をお薦めしています。

合格率ももちろん大切ですが、それよりもケンブリッジ英語検定コースで学べる様々な文法の使い分け、単語の使い分け、コミュニケーションのための会話のポイントなどをコースの中で習得することを重要視しているので、ケンブリッジ検定のテスト受験は必須ではありません。
中級レベルのPETから、FCE、CAEの開講はもちろん、2016年3月からは初級のKETも開講をしますので、真面目に勉強をしたい、文法はある程度わかるけれど実際の使い方がわからないという方は是非参加をしてみてください。

いかがでしょうか?
現在ラングポーツとグリニッジではケンブリッジに関するキャンペーンも行っています(条件あり)ので、ご希望の方はこちらまでお問合せ下さいませ。