2017年10月13日

【語学学校】私立(民間経営)と大学付属の違いについて

ご相談で「大学付属のほうがなんとなく良さそう」「私立と大学付属どう違うの?」というご質問をよく頂きます。それぞれ目的やコース、雰囲気は全くことなるので、どちらを好まれるかはお客様次第です!


項目名私立大学付属
立地市内の便利なロケーションが多い郊外にある大学キャンパスが多い
国籍バランスが良く多国籍アジア・中東系学生が多い
年齢層幅広い(10代後半から30代くらい)10代後半から20代前半が多い
学費各校により異なる私立より高いことが多い
雰囲気各校により異なるアカデミックで真面目な雰囲気
入学時期毎週月曜日決まっている
コースの種類豊富(一般英語、発音矯正、ビジネス英語、バリスタ、進学英語、資格取得など)進学英語がメイン(一般英語、ビジネス英語、進学英語など)
メリット・アクティビティが多い
・期間を自由に選べる
・大学施設が利用できる
・大学進学を目標とする長期留学生が多い

以上をまとめると・・・

★私立の語学学校はこういう方におすすめ!
・会話力アップを重視したい
・多国籍な環境で学びたい
・便利な立地で学びたい
・多彩なコースから選びたい
・アクティビティで交流の機会を増やしたい

★大学付属の語学学校はこういう方におすすめ!
・日本の大学から認定留学でいきたい
・大学のキャンパスで学びたい
・同世代(10代後半から20代)のひとたちと学びたい
・アカデミック(学術的)な内容を学びたい
・大学の部活動に関わりたい

いかがでしょうか。もっと詳しく聞きたい!という方は是非お問い合わせくださいね!