2018年2月14日

ワーホリ必見!4週間で接客英語&スキルが身につくコース!

ワーキングホリデー制度の魅力の1つは『海外で働く』ことができるということ。オーストラリアに来るワーホリメーカーも、「オーストラリアで働くこと」を1つの目的とされる方も多いのではないでしょうか。


英語圏であるオーストラリアで仕事に就く場合に大切なことは下記の3つです。

・英語でのコミュニケーション力
・その業界で必要なスキルを持っていること
・英語を使った就労経験

ワーキングホリデーでは接客業に従事する方が多いですが、仕事をゲットするためには基礎英語力に加えた「接客英語」「スキル」「英語での就労経験」が求められます。

オーストラリアに来たばかりで自力で学ぶには難しいこれらのことを、ケアンズにあるケアンズ・カレッジ・オブ・イングリッシュで開講されている「お仕事準備プログラム(Job Ready Program)」では全て学ぶことができるのです!ワーホリで仕事をゲットしたい方には必見のコースをご紹介します。

お仕事準備プログラム(Job Ready Program)とは

お仕事準備プログラムは、「観光・ホスピタリティ業界」で仕事をしたい方のために開発された、4週間の集中コース。同コースでは接客に特化した英語コミュニケーションの他、バリスタ、バーテンダー、ツアーデスクなどで働くために必要な技術を学び、さらに学んだことをすぐに使うことができるインターンシップも含まれています。



ワーキングホリデーで学校通学を終えた後、以下の仕事に就きたい!とお考えの方にはぴったりのコースです。

・レストランのウェイター
・ホテルスタッフ
・クルーズ船のスタッフ
・カフェ/バーのスタッフ
・ツアーデスクのスタッフ
・お土産屋さんのスタッフ



お仕事準備プログラムの時間割サンプル

4週間という短期間の中で、知識から実践まで非常に多くのことを学びます。


※タイムテーブルの拡大版を含む写真アルバムはこちら

1~2週目は教室で接客に特化した英語を中心に学びます。英語での電話応対、英文メールやらクレーム対応、そしてお金を扱う際の英語まで、仕事を始める時にすぐに役に立つ英語を勉強します。



3週目は学校が運営するカフェ・ツアーデスクにて、本格的なバリスタトレーニング、軽食の作り方、メニューの考案、カフェの宣伝などの実技を交えた授業が行われます。
さらに同店でのバリスタ就労体験、ツアーデスク就労体験も含まれています。



最終週はケアンズにある”ノボテル・リゾートホテル”に場所を移し、ホテルの施設を使ったウェイター、バーテンダー技術を学びます。またホスピタリティ業界で働くには欠かせないRSA(アルコール取り扱い)とRSG(カジノで働く場合に必要な資格)もコース修了時に取得できるよう、授業に組み込まれています。



お仕事準備プログラムで取れる資格・修了書

同コース修了時には、合計で9つの資格&修了書が取得できます。

• バリスタ資格
• 衛生管理の資格
• RSA(アルコール取り扱い)
• RSG(カジノでの就労資格)
• ノボテルホテルからの接客トレーニング受講の証明書
• ワークショップ修了書
• 担任教員からの推薦状
• カスタマーサービスコースの修了書
• カフェ&ツアーデスクでの就労体験の修了書

一見「自分には必要ないかも・・・」と思われる資格もあるかもしれませんが、実は意外なところで必要になるかもしれません。例えばホテルで仕事が見つかったとして、そのホテルにカジノがある場合はRSGがないと働けないこともあります。そういった可能性を見据えて、ホスピタリティ業界全体の扉を開けてくれるのが、同コースと言えます。



入学条件・費用・開講スケジュール


【同プログラムへの参加条件】
・直接入学希望の場合:学校で英語力が初中級〜中級レベルと判断された場合
・ワーキングホリデーパッケージを利用の場合:英語力の規定はありません

お仕事準備プログラムは4週間という短期間で専門の知識を学びますから、基礎的な英語力は身についていなければなりません。そのためワーホリで渡航をされる方には英語力に関わらず、一般英語を受講したあとに同コースに入られることをお勧めします。また、学校で用意されているワーキングホリデーパッケージでお申し込みをする場合は、申し込み時の英語力は問われません。



【プログラム費用】※2019年基本料金
○プログラム4週間、ホームステイ4週間、空港お出迎えの場合
・入学金:250ドル
・教材費(接客英語):100ドル ※50ドルはデポジットのため返金あり
・授業料(接客英語):1790ドル
・ホームステイ手配料:250ドル
・ホームステイ費:1000ドル(週250ドル×4週間)
・空港出迎え:ホームステイの場合は無料
・合計:3390ドル(1ドル80円計算で約27.1万円)

【ワーキングホリデーパッケージ】※2019年12月末迄
○一般英語13週間&同プログラム4週間の特別パッケージ、ホームステイ4週間、空港お出迎えの場合
・入学金:250ドル
・教材費:100ドル ※50ドルはデポジットのため返金あり
・授業料:6,080ドル ※通常より約4.2万円ほどお得!
・ホームステイ手配料:250ドル
・ホームステイ費:1000ドル(週250ドル×4週間)
・空港出迎え:ホームステイの場合は無料
・合計:7,680ドル(1ドル81円計算で約62.2万円)

※お見積もりは2019年1月時点の情報を元に作成しておりますが、予告なく変更となる場合もございますのでご注意下さい

【2019年開講スケジュール】
2月18日、4月29日、8月5日、10月8日



観光のメッカ・ケアンズで接客英語を学ぶ!

日本からの観光地としても知名度の高いケアンズは、世界中から観光客が訪れ、街全体で観光業に力を入れています。


街を歩くとツアー会社が軒を連ね、決して広くはない街中に、ホテル、レストラン、カフェ、バーが密集しています。また多くのお店で「複数の言語に対応」しており、1つのお店にさまざまな国籍のスタッフが働いている光景もよくみられます。
そんな観光のメッカ・ケアンズは、接客英語やオーストラリア流の接客技術を学ぶことで、日本人であることを生かしながら接客の仕事をしていただける街です。



逆に「日本人観光客が少ないところで挑戦したい!」という方には、ケアンズで経験を積んだ後にバイロンベイサンシャインコーストなど、より英語力と経験を求められる土地に移動されても良いと思います。

仕事探しに役立つ英語コースをお探しの方には、ぴったりのコースです。スケジュールは年に4回ほどで、人数も限られておりますので、ご希望の方はお早めにお問い合わせください!