2017年9月5日

【GC学校訪問シリーズ】ブラウンズで体験授業を受けました!

こんにちは。ゴールドコースト支店アシスタントの田中です。
スタッフの私が語学学校を訪問して、その特徴などをご紹介するシリーズです!

私は現在グリフィス大学の学生として留学生活を送っていますが、オーストラリアの語学学校には通ったことがないので、フレッシュな目線で各学校の特徴についてお伝えできればと思います!

第一弾はBrowns English Language School
Brownsは2003年の創立以来「ファーストクラス」をモットーに、カリキュラム、指導者、学生サービス、キャンパス、学生寮すべてにおいて高い品質を提供しています。

キャンパス

学校はサウスポートというエリアにあり、徒歩圏内にバス停、トラム駅、カフェやスーパーなどがありとても便利です。

キャンパスは新しくてとてもキレイ!!ガラス張りの建物は光が差し込みとても明るい雰囲気です。Student lounge には自由に使えるパソコンや自習用の教材が用意されています。もちろんWiFi完備です。2階建てのビルですが、エレベーターもあり、バリアフリー環境も整っています。


壁面のボードには学校主催のアクテビティの情報が貼り出されているので、興味のあるイベントをチェックして参加すれば、違うクラスの学生とも仲良くなるチャンスです!

クラス

今回私が体験したのは、集中一般英語コースのIntermediate(中級)クラスの授業です。
生徒数は9人、出身国は日本、韓国、コロンビア、スペイン、フランス、スイス、トルコという多国籍なクラスでした。

授業内容

集中一般英語コースでは曜日ごとに学習するスキルが決まっていて、総合的な英語力の向上を図っています。

火曜日;リーディング&ボキャブラリー
水曜日;ライティング
木曜日;グラマー
金曜日;リスニング&スピーキング

午前中はテキストを使っての学習、午後の授業では生徒同士でのコミュニケーションが中心になります。

この日はスピーキング中心の授業で、テーマは”Job”。
生徒同士でペアになり、与えられたテーマについてお互いに質問→回答しながら会話を行います。自由な雰囲気で活発にコミュニケーションが行われ、生徒たちも楽しんでいました。

後半はクロスワードパズルを使ってゲーム感覚でJobに関する単語を学びました。縦のキーワードを持っている生徒と横のキーワードを持っている生徒がペアになり、クロスワード完成させるべく自分の単語を相手に説明します。

簡単な単語でも英語でその意味を説明するのはなかなか難しかったりして、私も勉強になりました。生徒同士でグループワークをしている間も、先生が巡回しながら疑問に答えてくれたり間違いを正してくれるので安心です。

体験授業の感想

とても和気あいあいとした雰囲気で、発言しやすい環境だと感じました。スピーキングの授業だったこともあり、生徒同士のコミュニケーションがとても活発で、楽しみながら学べると思います。

Browns おすすめポイント

・素晴らしい学習環境
便利なロケーションはもちろん、新しくてキレイなキャンパスは学習意欲を高めてくれそうです。さらに、全教室にコンピューターディスプレイがあり、パワーポイントを使っての授業や教材としてビデオを見たり等、最新式の授業が受けられます!

・多彩なコース内容
一般英語コース以外にも、進学英語コース、ケンブリッジ試験準備コース、IELTS試験準備コース、バリスタコースが開講しており、目的に合わせて選べるのも魅力です。

・活発なコミュニケーション
一般英語コースの授業はとても和気あいあいとした雰囲気なので、人前で話すのが苦手だったり、スピーキングに自信がないという方でも積極的に話せる環境だと思います!

ブラウンズにご興味のある方は是非こちらからお問い合わせください!