2009年3月24日

身近なエコ商品で優しくなろう~

エコという言葉が一般的に普及をしてきている今日、日常生活の至る所で、様々なエコ関連商品を見ることができますよね。
今回は、そんなエコ関連商品でも代表的な物をご紹介させて頂きます。


まずは、何といってもエコ商品の一番手という事でこれでしょう!!
「エコ・ボトル」
エコボトル
エコボトルエコボトル
もともと、エコ・ボトルというよりアウトドアで活躍をしていた簡易水筒なのですが、これがエコにぴったりマッチしてしまいました。
ペットボトルや、コーヒーを飲みに行ったときなどのテイク・アウェイの時のカップなどをこのエコボトルを持参することによって少しでも使用量を減らすことができます。
日本でもスターバックスなどでもエコ(マイ)ボトルを持参でいくらか安くなるといった活動もしていますよね。
ボトルにはいろいろな種類が出ており、中には保温性の高いボトルもありますので暖かいものや冷たいものを入れても暫くは良い感じで飲むことができます。
エコボトルに次いで良く目にするのがエコバックですね。
エコバック
エコバックは現在、本当に良く見かけます。
お店で商品を購入された際にビニール袋をご利用になられずにこのバックで済ましてしまおうということですが、スーパーマーケットのオリジナルエコバックなどもよく見かけます。
ここオーストラリアでもスーパーのオリジナル商品などがあります。
エコバックはファッションとしても利用されているようですができればファッションとしてだけではなく一歩進んで、実際にビニール袋の代わりに利用して欲しいですね!
エコバック
オーストラリア最大の電話会社のテルストラのエコバック!
エコバック
オーストラリアの2大スーパーマーケットのうちの一つである、ウールワース(通称:ウーリー)!
エコバック
新聞や雑誌を販売している、ニュースエージェンシーのもの!