2009年5月20日

[在メルボルン総領事館:000060]総領事館からのお知らせ(6月号)

在メルボルン日本国総領事館メールマガジン
総領事館からのお知らせ(6月号)


*総領事館からのお知らせ(6月号)*
1.新型インフルエンザに関して
これまで新型インフルエンザに関するお知らせを随時送信して参りましたが、WHOによれば、5月19日現在、40カ国(豪州、日本含む)で8,829人の感染が確認されています。豪州においては、5月19日付保健高齢化省発表によれば、感染の確認された例はクィーンズランド州の1名のみで、感染の疑いのある例は24名(ビクトリア州1名、南オーストラリア州0名、タスマニア州0名)とされています。
日本外務省は、豪州を含む、新型インフルエンザの感染の確認された国に滞在される方に、「今後WHOの情報にも留意しつつ、感染防止対策を徹底するとともに、感染が疑われた場合には速やかに医療機関で受診してください」との感染症危険情報を発出しています。
引き続き、手洗い、うがいを励行し、感染防止に努め、発熱や咳などインフルエンザと似た症状が見られた場合には、速やかにかかりつけの医師等に電話で相談を行って下さい。各種連絡先は5月11日付「新型インフルエンザに関するお知らせ(その4)」(当館ホームページ掲載及びメール送信済)を御参照下さい(外務省電話相談窓口の内線番号は5月15日より4101、4102に変更)。
なお、在留邦人の方で、新型インフルエンザ感染疑いがあるとの診断を受けた方は、ご面倒でも当館領事部までご一報頂くようお願い致します。
今後も随時メールマガジン及び当館ホームページを通じて新たな情報を発信致しますので、御高覧下さい。
2.アデレード一日総領事館の実施
7月25日(土)、アデレードで一日総領事館を以下の通り実施致します。在留届、転居届、在外選挙人名簿登録、各種証明申請の受け付け、旅券の交付(申請書7月17日(金)当館必着)等を行います。旅券の交付を希望する方は、希望する旅券の種類、氏名及び連絡先を記載した紙、現有旅券顔写真頁及び豪州査証の写し各1部、返信用切手付封筒(A4サイズ以上)を当館に送付し、申請書を御請求下さい。詳細は、南オーストラリア州在留邦人の皆様宛てに近日発送予定の案内状を御覧下さい。概要は当館ホームページにも掲載予定です。
*アデレード一日総領事館*
日時:7月25日(土)09:00-12:00, 12:30-15:00
場所:Mercure Grosvenor Hotel Adelaide, 125 North Terrace, Adelaide, SA, 5000
当日の連絡先(携帯電話):0407-303-769
3.盗難被害(置き引き)の発生
盗難被害、特に置き引き被害については、これまでに当館ホームページ、メール・マガジンなどでお知らせしていますが、日本人の方の被害が跡を絶ちません。
最近の被害として、メルボルン市内の喫茶店で飲食中、足下の床に置いていた財布、運転免許証などの入った鞄を盗まれたという状況が当館に報告されています。被害者は、市内で置き引き被害が多発していることを承知されていましたが、一瞬の隙を衝かれたようです。
手口として、犯人が被害者の荷物の上にわざと自分のジャケットなどを落とし、これを拾う振りをして盗むというものや、棒状の道具で荷物を引っかけて盗むというものもありますが、特にこの場合、犯人は被害者の近くでしゃがんだりすることもないので、被害者が写った防犯カメラを確認しても不審な者すら分からない場合があります。
被害者から、被害に遭う前に次のような挙動の不審な者がいたという話をよく聞きますので、特に警戒してください。
・周囲をうろうろしたり、背後に立つ者がいた。                
・少し離れたところから様子を窺っている者がいた。
・自分の荷物を見つめる者がいた。
・席がたくさん空いているのにわざわざ近くの席に座る者がいた。
また、飲食店、ショッピングセンター、イベント会場、駅など不特定多数の人が出入りする場所では、
・旅券や財布など大切なものは身につけておく
・鞄は足下や椅子の背もたれなど、狙われやすい場所に置かない
・貴重品の入ったバックは膝の上に置く
・友人と一緒だからといって安心せず、自分の持ち物は自分でしっかり管理する
など、盗難防止を心掛けて下さい。
4.盗難被害(空き巣)の発生
南オーストラリア州アデレード郊外で、被害者が昼間、外出していた際に自宅に侵入され、現金やパソコンを盗まれたという状況が当館に報告されています。犯人は裏口の鍵を壊して侵入したということです。
短時間の外出でも確実に施錠し、電話の呼び出し音を小さくしておくなど、留守にしていることが分からないようにしてください。
また、万一の場合に備えて、パソコンや家電製品の製造番号を控えておくとともに、個人情報等大切なデータはパソコン内のハードディスクではなく、外付けのハードディスクやUSBメモリーなどに保存し、パソコンとは別の場所に保管することにより、パソコン内のデータの悪用を防ぐことができます。
<転居届・変更届・帰国届は必ず提出して下さい>
在留届提出後、住所を変更された方は「転居届」、家族の移動等、在留届の記載事項(電話番号、メール・アドレス等)に変更が生じた方は「変更届」、帰国予定の方は「帰国届」を当館に提出して下さい。届出は、当館領事部の窓口、電話(03-9639-3244)、FAX(03-9650-7295)、メール(meljapan@nexnet.net.au)、郵送、また、在留届をオンラインで提出した場合にはオンラインでも可能です。
————————————————————————————————————————-
<在外選挙人名簿にご登録下さい>
海外にお住まいの有権者の皆様が、日本の国政選挙に参加するためには、予め「在外選挙人名簿」に登録することが必要です。「在外選挙制度」は日本人である皆様の権利を守る制度の一つです。登録申請より在外選挙人証の受領まで2~3か月を要しますので、お早めの登録申請手続きをお勧め致します。詳細は当館ホームページをご参照頂くか、当館領事部までお問い合わせ下さい。
————————————————————————————————————————-