2009年4月2日

ケンブリッジFCEコース日記 番外編・2

番外編 4月27日 学校選び の巻
先週学校であった出来事なんですが。
教師主任が金曜日に各クラスへ足を運びました。
理由は。
「この学校が開校して3年たつけど、ここ最近の状況は学校始まって以来最悪!校内では英語オンリーポリシーを掲げてるが、ここ最近色々な母国語が飛び交ってる。非常に悲しいことだ。来週(4月27日より)から同じような現場に先生などが見つけたら、出て行ってもらう。ここは英語を学ぶ場だから、学ぶ気のない人には来てもらいたくない。
ただ、このクラスはFCEクラスなんでこういう話をしなくてもいいと思ってるけど、一応全クラスへ今話してるので」
との事。
私自身、オーストラリア国内全ての語学学校見てきましたが、まあ大体の学校では、校内では英語オンリーポリシーですといいますが、ただこれってもはや個人の意識の問題と私個人は捉えてます。
学校などによっては、校内で母国語を話してるのを見つかったらその日1日は退学処分って学校もあります。
私個人はどうも日本人と英語で話すのが嫌いです。
日本人独特の英語ってもの同士で話していても英語を話してる間隔にならないんです。そういった事もあって、日本人率の低い今の学校にしました。
そして更に付け加えるなら、今5週間経過しましたが、未だに日本人の友達はいません。挨拶程度はしますが、作らないようにしています。
今の学校での、友達ってのは全て外国人です。
せっかく色々な人と知り合える場に来てるんですが、今自分にとって一番重要なのはFCE試験に合格することなので、とにかく頭の中を英語中心にしたいって思いからです。
これをお読みのこれから留学をご検討中のみなさんに学校選びの一つの参考になればと思い、本日番外編としました。
学校へ行く目的って10人いれば10通りの目的があるとも思います。
その中で自分の一番重要視してる目的は何かってのを持ってると持ってないでは、実際に学校へ行った後々、お金の無駄遣いだったってことにもなりかねます。ですので、学校選びする際幾つも目的なんていりません。
最低一つ持っていてそれを達成しようという意志さえあれば、きっと有意義な海外留学できると、私は思ってます。
まあ今の私の場合は試験に合格すること!
それだけです!
さてみなさん今週も頑張って参りましょう!