2011年2月16日

【パース】体験授業報告(EUROCENTRES)

 今回、パースにある語学学校「EUROCENTRES」に体験授業に行ってきました。その体験授業の内容をご報告します。

【学校到着まで】
Eurocentres Perth はパース駅やそしてウェリントンバスステーションからとても近く、歩いて5分ほどで着きました。毎日通うのにはとても便利なロケーションです。
歩いていると…ビルの入り口に大きく”EUROCENTRES”と書いているので、直ぐ分かりました。受付に行くと、学校スタッフのLuisaさんがとても丁寧な対応で教室まで連れて行って下さいました。
クラスによっては授業が朝8時から開始することもあり、朝に弱い自分にとっては少し大変でしたが、その分、午前中の時間を有効に使うことが出来ました!!

【緊張の授業開始!】
少し緊張気味でソワソワしながら待っていると、続々と生徒がやってきました。私がニューメンバーということが分かると、気軽に声を掛けてきてくれ、緊張も少し和らぎました。生徒全員で12人くらいです。
担任のマーティン先生はとても気さくな人で、昨日のアクティビティについて話し始めました。昨日の夜は生徒みんなでNorth Bridgeにあるバー「Mustang」に行ったそうで、その時のことについて生徒に質問していました。
途中、何人か遅刻して生徒がきましたが、それは昨日、バーで飲みすぎて寝坊してしまったからということです。授業はとてもアットホームな雰囲気でスタートしました。ブラジル人、スイス人、トルコ人、韓国人と色々な国の留学生がいました。、日本人は自分だけでしたので、初め日本はどのようなところか皆の日本のイメージについて少し討論しました。

今日の授業はパソコンを使って、個々でツアーを計画するというものでした。
パソコン教室へ皆で移動して、初めの40分間は、パース周辺の3泊4日のツアーという仮定で、どのくらいの予算で、どこに行って、何をするか、ネット情報を利用して、自分なりに旅行を組み立てます。
旅行会社のホームページを活用しつつ、皆な真剣な面持ちでパソコンに向かっています。私は、パースから400キロ離れたアルバニーをバスで周遊する3泊4日プランを作りました。

プラン作りが終了すると教室に戻り、自分たちで作った旅行計画を皆に発表します。
初めは、3~4人のグループに分かれて、順番に発表していきます。みんなとても流暢な英語で自分のプランを説明していきます。英語で分からない言葉などがあったら、みんなどんどん質問していました。日本ではめったに見られない光景です。
いよいよ私の番です。みんな私の説明を真剣に聞いてくれました。途中、いくつか質問がありましたが、何とか自分の言葉で答えることができました。特に隣に座っていたスイス人は、細かいことまで色々と聞いてきて、答えるのに大変でしたね。
気が付いたらあっという間に授業が終了しました。ユニークな旅行プランが数多く登場し、自分もぜひ今度行ってみたいと思った場所が見つかっただけでなく、
みんながどのような考え方を持っているのか<価値観、金銭感覚(?)、その国の文化>を肌で感じとることが出来ました。

授業の進め方は、先生や生徒のレベル・英語クラスに応じて毎回違うそうで、
文法中心の授業もあれば、リーディング、ライティング中心の授業もあります。
今回の授業はスピーキング中心で自分のかなり苦手な分野でしたので、プレゼンなどはとても苦戦しましたが、それが故に「もっと英語(特にスピーキング)を伸ばしていかねば!」と今後の勉強意欲が高まりました。

【終わりに…】
Eurocentres Perth は、建物も比較的小さいですが、中の設備はとても綺麗で充実していました。また、細かい配慮が行き届いており、困ったことがあっても先生やスタッフの方が親身になって相談に乗ってくれますので、自分で勉強を進めていく人にはとても良い環境だと感じました。