2011年3月15日

【パース】体験授業に行ってきました!!(Perth International College of English)

 今回は、市内のほぼ中心に位置する Perth International College of English(以下PICE) にて、体験授業を受けてきました。

【学校到着まで】
PICE は、パース駅から歩いて10分程とロケーションはとても恵まれています。学校に着くと、まずはエレベータで2Fの受付に!!休憩室や談話スペースには、授業前にくつろぐ生徒達がたくさんいました。

【授業開始!】
スタッフの方に教室まで案内してもらうと、既に何人かの生徒が勉強していました。
どうやら今日提出する宿題をやっているようで、限られた残り時間に終わらせるために、みんな真剣でした。
しばらくして先生が来ましたが、教室に入ってくるなり「明日から3連休ですね。今日は頑張りましょうね!!」と言いながら、朝一でテンションの少し低い生徒に活を入れていました。

まず初めの15分はゲームを行いました。一人の生徒が前に出て、紙に書いてある職業を
ジェスチャーで表現し、その動きから職業を皆で当てるというものでした。
パイロット、サッカー選手、ウェイター/ウェイトレス、ロックンローラーなど、
難しそうなお題を必死で体で表現して、特にロックンローラの真似をした生徒は、とても激しい動きで完全に自分の世界に入っていて、その激しさにみんなで大笑いしていました。

続いて、文法の勉強に入りました。今日のテーマは、現在進行形(Present Continuous)です。中学・高校の時に現在進行形は勉強しましたが、改めて日常会話の中で使用する場合について勉強すると想像以上に難しく感じました。また、説明は当然英語ですので、所々で知らない単語も出てきて、不安に感じましたが、先生が例文を挙げてくれて、この場合は現在形、この場合は現在進行形、と丁寧に2つの違いを教えて下さり、何とか理解することが出来ました。

英語の用法を英語で勉強すると、その後自分でその用法を使う際に、日本語で一旦考える必要が無いため、とてもスムーズに現在進行形の使い方を理解できました。あっ、英語を英語で勉強するのが良いと言われるのは、こうゆうことなんだ! と少し実感することが出来ました。

そして、次はリスニングです。テキストに従って、電話での会話を録音したテープを皆で聴いて、動詞を先程勉強した現在進行形に変えていくというもの。会話の流れから、答えは容易に分かるものばかりでしたので、生徒は間違えるフリをして、ワザと面白い答えをを出して、先生にツッコミを入れさせようとしていました(笑)

今日の授業は、先生が主導権を握りつつも、アットホームな雰囲気の中でクラス全員が会話をしながら進んでいきました。一人一人の意見には皆で耳を傾け、笑いありツッコミありの、とても楽しい1時間でした。

【終わりに…】
Perth International College of English は、生徒数も約250人の中規模校ですが、
アットホームな雰囲気が感じられ、クラスのレベル分けも充実していることから、小規模校の良さと大規模校の良さをあわせ持った学校と言えます。コミュニケーションを重視した授業ですので、先生が教壇に立ち、一方通行の授業ではなく、常に生徒に話しかけ、反応をみながら授業を進めていきます。会話力アップを目的とする人には、とても良い環境だと感じました。