2010年11月16日

【バイロンベイ】全米ヨガアライアンス認定、Yoga Teacher Training Course

20日間の短期、または8週間。全米ヨガアライアンス認定、ヨガティーチャートレーニングコース


・ヨガの喜びを体験する
・ヨガインストラクターの資格を取る
・海のある美しいバイロンベイでヨガをする    
BBELS_Logo英語コース:最短4週間~@Byronbay English Language School(BBELS)
BBYCヨガコース :Byron Yoga Centre, Byron Bay
ジョン・オギルヴィによって1988年に設立されたバイロンヨガセンターはオーストラリアで最も古いヨガスクールの一つです。深い知識や経験を持つ熟練講師たちによって構成されています。ジョンは20年以上に渡りヨガを教えています。ジョンは明るい心でヨガを捉え、そのテクニックを教えています。
▼Level 1 Teacher Training – 20 日間短期
費用:$4,304
(コース費$2,250、宿泊費&食費$1,880、参考文書$174が含まれます。)
yoga02バイロンベイの20日間短期ティーチャー・トレイニングコースは全米ヨガアライアンス認定コースで、コースでは心と身体と精神面のあらゆる角度からアプローチをしてヨガを総体的に捉えていきます。
開催日時
2010年12月5日 – 12月24日
2011年1月23日 – 2月11日
2011年4月10日 – 4月29日
2011年6月26日 – 7月15日
2011年8月7日 – 8月26日
2011年10月16日 – 11月3日
2011年12月4日 – 12月23日
Part A: 12日間のスケジュール
6:00 – 7:30    早朝のヨガクラス(アサナ、プラナヤーマ、瞑想やシークエンスの組み方に重点をおいたセッション等)
7:30 – 9:00    実技と講義(アジャストメント、ヨガセラピーや解剖学のセッション等)
9:00 – 10:00    朝食
10:00 – 11:30   実技と講義
11:30 – 01:00   実技と実習
13:00 – 14:00   ランチ
15:00 – 16:30   実技と実習
16:30 – 18:00   実技と実習
18:00 – 19:00   夕食
19:00 – 20:30   実技と講義(瞑想、ヨガ哲学、アユールベーダ、キルタンやその他の体験型のセッションなど)
Part B : 8日間のスケジュール
6:00 – 7:30    一般クラスを教える又は生徒として参加
7:30 – 8:00    自己練習
         朝食
10:00 – 12:00   アセスメント又はスーパーバイザーの下自己練習 
         ランチ
13:00 – 15:00   アセスメント又はスーパーバイザーの下自己練習
16:00 – 18:00   一般クラスを教える又は生徒として参加
         夕食
▼Certificate Ⅳ Training – 8週間
費用:$8,314
(コース費$4,500、宿泊費&食費$3,640、参考文書&DVD$174が含まれます。)
yoga03バイロンヨガセンターのCertificate IV 8週間のトレーニングは全米ヨガアライアンス(RYT500)、オーストラリアン ティーチャーズアソシエーション(YTAA350)の認定コースです。また オーストラリアで初のVETAB Certificate IVのヨガ指導者の資格にもなります。この資格はヨガインストラクターの資格の中では最も高いレベルの資格として世界的に知られているものです。
Certificate IV では単にヨガのポースを取るだけでなく、哲学、瞑想、プラナヤーマ(調気法)を使って自分の呼吸をコントロールしたり、日常生活の中での道徳心を養ったりなどのあらゆる面からアプローチをして心と身体と精神を融合させていきます。
開催日時  
2010年7月26日 – 9月17日
2011年2月14日 – 4月8日
2011年5月2日 – 6月24日      
2011年7月25日 –9 月16日
スケジュール
· 平日の08:30、13:00、14:30、18:00の必修クラスへ出席すること。(週末に行われるいくつかのクラスも前の週の復習をしたり翌週の予習をしたりする為に
出席しなければならない場合もあります。)
· 毎朝6:00 – 7:30のクラスに出席すること。(早朝のクラスでは瞑想、プラナヤーマ、アサナの練習、シークエンスについて、哲学、倫理、8支則の段階など様々なテーマを取り上げていきます。)
· ゲスト講師によるスペシャルワークショップ等にも参加すること。(各専門分野の知識をさらに深めていきます。)
· コース期間中のうちの7週間は週に最低5つのヨガクラス(通常クラス)に参加し、指導方法などをメモにとること。(シークエンス、アジャストや修正、プロップの使用方法など)
· 1日最低1時間半程度の自習をすること。(予習、復習、宿題や課題、練習の記録をつけるなど)
· Part 2ではコースの一環として、平日の朝6:00- 7:30のクラスと夕方4:00–5:30のチャリティークラスは空きがあればシフト制で受講生の皆様に教えて頂きます。
· 週末のセッションにも積極的に参加すること。(必修ではありませんが、できるだけ参加する事をお勧めします。)
■食事
バイロンヨガセンターの食事は新鮮な食材(出来るだけオーガニックな食材)を使っています。アユールベーダの原則に沿ってピュアで軽めの食事を心がけて考案されています。ヘルシーで美味しいベジタリアンメニューをお楽しみ頂けます。
■宿泊
宿泊施設はビーチにほど近い快適なツインシェアーのお部屋を提供しています。
■英語力条件
中級以上の英語力が必要
英語力が満たない場合、Byronbay yoga Centreと提携をしているBBELSで就学。
Byronbay Yoga Centreでのヨガガコースを受講される方でBBELSにて英語コース受講者は、英語コース期間中にByronbay Yoga Centreの一般ヨガクラスが無料で受けられたり、英語コースの選択科目中でウェルネスクラスを受ける事が出来ます。
    
yoga01