英語力がワーキングホリデー成功のカギ?

ワーキングホリデーで語学学校

目的にあった語学学校選び

英語圏のオーストラリア。楽しい生活を送るためには英語力は欠かせません。その英語力を身につけるため、ワーキングホリデーメーカーは入国後すぐ語学学校に通うのをお勧めします。

語学学校では、英語が上達するというメリットに加えて、同じ目的をもつ様々な国の多くの友人を作ることもできます。

また現地の情報を入手できたりします。学校終了後も学校で知り合った友達と旅行に出かけたり、クラスメートからの情報をもとにシェア探しやアルバイト先をゲットした人もたくさんいます。


語学学校の探し方。日本で決める?それとも現地で??


語学学校を日本から決めてくる方法と現地で実際に学校を何校か見学後に決める方法の2つあります。

日本から決めてくる場合、現地で決める場合、それぞれメリット、デメリットがありますので、日本から決めてきた方が良い!いやいや現地で決めた方が良いよ!とワーホリの先輩や留学エージェントで言ってることが違います。

それぞれにメリット、デメリットがありますから、どちらが正しい、間違えている、と言う事はありませんので、どちらが自分に合うか?を考えてから決めても遅くはありません。


日本から決めるメリット(現地で決めるデメリット)


最大のメリットは時間の節約です。ワーキングホリデービザは、まずは1年間のオーストラリア滞在が認められています。1年間は、長いようですが、あっというまに過ぎていってしまうものです。

事前に学校を決定してくることにより、入学日にあわせて渡航計画が立てれますから、滞在のスタートもスムーズです。
現地で決めるデメリットとしては、やはり時間、とそれに伴うお金を使うことでしょう。
到着後に語学学校を探す場合、最初の1週間の期間を費やしてしまいます。その間の生活費もかかってきますし、交通費もかかってきます。
特に日本人スタッフがいない学校、日本人スタッフが長期不在の際など、学校見学時は英語になります。
そこで英語で不明点を訊ねたり、担当者の説明もしっかりと理解できる人は、各学校を比較検討することが可能になりますが、殆どの方が、一通り学校を見た後に再び、日本語でご相談頂ける当社へご来社されます。

その後、再び学校の説明⇒学校決定となります。つまり、日本から当社オーストラリア留学センターとやり取りを通して事前に学校を決定する事と、到着後に現地当社オフィスで相談して決定する事、この2つの最後は同じステップになります。
留学において時間はお金とともに大切なものです。ワーキングホリデーの多くは半年くらい経ってから「お金よりも時間が勿体無い」という事を口にされることも事実です。


余計な費用は一切かからない!:
格安ワーキングホリデー語学学校付きプラン


現地で決めるメリット(日本から決めるデメリット)


現地で決めるメリット、その1番の要素は「雰囲気」を知れると言うことです。
日本から決める場合は、やはり実際に見学をして決めるわけではないので、学校に通学してから「イメージと違う場合が稀にある。」と言う事でしょう。しかし逆に言えばこの1点のみです。日本から決めてくるメリットと比べ、現地で決める1つのメリットを最重要視するなら、ぜひ見学後に学校を決めましょう。

学校見学のウソ?ホント?
学校見学は、あくまでも見学になりますから「雰囲気」のみです。勿論、学校担当者から話も直接聞けますが、実際の授業に参加するわけではないです。
また見学するクラスも実際に自分の英語力しだいで学ぶクラスが変わりますから、見学したクラスの国籍割合が良くても、実際の自分の入るクラスは日本人やアジア国籍が多い、と言う事も普通にありえますから注意しましょう。

無料相談、無料入学手続き、無料現地サポートを賢く利用


オーストラリア留学センターでは、ワーキングホリデーの皆さん、語学学校をお探しの皆さんのご希望に合った学校選びのために、無料留学カウンセリング、無料学校見学アレンジ、無料入学手続きのサポートをしています。日本からでもオーストラリアからでもお気軽にお問い合わせ、お電話、または支店までご相談ください。