2013年3月22日

ELS ユニバーサルイングリッシュコース大解剖!

DSC04611

・大学を休学して留学したい
・キャリアチェンジのために英語力をつけたい
・世界に通用する英語試験の証明を取得したい
・英語圏で進学したい

といういろいろな留学スタイルにあわせて、現地でコースを自由に組み合わせる事が出来るELS ユニバーサルイングリッシュカレッジのアカデミックイヤープログラム

アカデミックイヤープログラムの特徴は・・・

在学中に開講されている多彩なコースからコース選択が可能
・ホリデーはフレキシブルに自由に好きなときに取得が出来る
・プログラム期間中、IELTS(1回)、ケンブリッジ(1回)、またはTOEIC(2回)のいずれかの公式受験料が免除
・進学を目指す方には最適、IELTS免除で進学が出来るダイレクトエントリー提携先が多数の進学準備英語コース
長期割引が適応となった授業料

ELSのアカデミックイヤープログラムについてはこちらから

今回はこのELSで開講されている各コースについてポイントをご紹介したいと思います!

一般英語コース


P1020957
一般英語コースは、実際のオーストラリアでの生活の中で、使える実践的な英語の習得を目的としています。
特に、初・中級クラスでは、スピーキング・リスニング・発音に力を入れ、これらのスキルを伸ばすために、授業の中で頻繁にロール・プレイングを取り入れているのが面白いところです。クラス分けが非常に細かくされているので、1人ひとりに合った英語の授業が受けられるのが大きな魅力。
1、2時間目はコアのスキルを伸ばす時間となり、3時間目は2週間毎に異なった科目が選べる選択科目。
選択科目は、レベルによって様々ですが、下記の中から選択する事ができます。

オーストラリアとその文化/ニュース/ビジネス英語/間違えやすい英語/会話スキル/ホスピタリティ英語/映画英語/シンプソンズの英語/日常会話/文法英語/リスニングスキル/IELTSリスニング・スピーキング/IELTSリーディング・ライティング/発音スキル/電話・Email英語/TOEIC準備/ボキャブラリー/ライティングなど


ポイント!
教師は大学卒業以上、ESL(English as a Second Language )教師の資格保持者で、5-10年以上勤務しているベテラン教師が多数。
4週間毎に教師と個別面談があり、弱点を克服するための具体的な勉強方法について、他のコース変更についてやサポートも的確にアドバイスをもらうことが出来ます。
遅刻も厳しく取り締まるので15分以上遅れた生徒は、その授業に参加することが出来ないようになっています。



IELTSコース


IELTSのアカデミック・モジュールのための、試験対策英語コース。
試験の4項目(ライティング/スピーキング/リスニング/リーディング)に求められる受験テクニックを身につけることや、定期的な模試の実施で、IELTS試験に慣れることを目的としています。コース受講期間は4、8または12週間から選択可能で、中級レベル(Intermediate)から受講が可能です。


ポイント!
IELTSクラスを担当している教師は日本の予備校で教えていた経験があるため、スパルタ式で非常に厳しい授業。
怖い教師ではありませんが、授業態度がよくないとはっきり指摘されます。そのため常に緊張感のある授業です。

コース修了後に受験したIELTS試験で7.0、7.5、8.0を取得した卒業生も多く、成果が実感できるコースと言われています。



ケンブリッジ検定準備コース(FCE)


UEC Cambridge Exam Preparation Class
ケンブリッジFCE試験の対策コース。模擬試験や、過去の問題などを頻繁に使って、授業が進められます。
コースのレベルが高いので、事前に一般英語コースに入って、英語力をアップさせてからの参加が理想的です。

ポイント!
ケンブリッジコースを担当するのはキャリアが7年以上のベテラン教師のみ。ELSが特に力を入れているのは、模擬試験の後のフィードバックで、学生ひとりひとりのミスの傾向に沿って丁寧に指導してもらうことが出来ます。
ケンブリッジ検定公式試験の平均合格率は80%
ケンブリッジ検定はヨーロッパ諸国ではTOEIC以上の信用度と認知度を誇っている英語検定試験で、ELSはケンブリッジコースに強い学校としてヨーロッパ圏の学生達の間でも定評があり、多くの生徒さんが学んでいます。



Academic English (AE)


オーストラリアでの進学を目的とした進学準備コースで、レベルは4段階に分かれています。(AE1/AE2/AE3/AE4)。
各コースは8週間単位。AE3およびAE4を規定の成績で修了すると、IELTSスコア免除で進学できるダイレクトエントリーの提携がある大学、大学院、TAFE、専門カレッジが多数。
一般英語コースから内部試験を受け、合格するとAEコースに編入することができます。


ポイント!
コースの最初に成績の判定基準等が具体的にアドバイスされるので、目的の成績(グレード)修めるためにはどのエリアに力を入れるべきかが明確になります。

AE3レベルで評価されるのはInvestigative/ Business Report, Arguments Essay, Presentations, Academic Reading test, Academic Listening test, Leaning Strategies の6つのエリアです。

そのために以下のスキルも必然的に身につけることになります: Note taking – Reading, Note taking – Listening, Referencing, Researching, Spreadsheets, PowerPoint, Dictionary skills

Investigative Report を書く際には、例えばELS Universal English College の学生に実際に行ったアンケート結果を基に、「どれくらいの学生が学校のインターネットスピードに満足しているか」「ソフトウェアに満足しているのはそのうち何%か」等を分析するための語彙、文法、表現について丁寧に学んでいきます。
身近な話題をもとにエクササイズを重ね、さらに進むと「自動車の個人所有と排気ガス問題について」等の、社会的なテーマについてのエッセイライティングが課されます。
ELSを卒業後、大学・大学院進学をされた生徒さんからも、ELSのAEコースでで鍛えられたからこそ、大学・大学院でのしっかり授業についていけるという声が多数です。

また、Career Day(キャリアデー)と呼ばれる進学相談会を年に2回(4月、9月)開催!
提携をしている大学やTAFE、専門学校の担当者が学校に集まるので、卒業後に大学や専門学校へ進学を希望している学生は直接学校担当者と進路相談が出来る環境が整っています。



インターンシップ


アカデミックイヤープログラムでは最長4週間までフルタイムのインターンシップが出来ます。中級の上レベル(Upper Intermediate)以上の英語力に到達している事が条件です。
また、インターンシップ参加には別途インターシップ手配料がかからないのも魅力です。
(*インターンシップ参加数週は、英語コース受講としてカウントされることになります。)


ポイント!
インターンシップは主にオフィスでのアシスタント業務

過去の手配例は
・ホテルでの受付アシスタント
・旅行会社での一般事務
・ファイナンス会社での一般事務
・IT会社でのデータエントリーおよび一般事務

などです。
学校で学ぶ英語以外に、ご自身の英語を試すチャンスを得ることが出来るという点でもメリットは大きいでしょう。



アカデミック・イヤー・プログラムキャンペーン


■アカデミック・イヤー・プラス(51週間)
プログラム費用 $14,720 → $14,220 $500(約49500円) ディスカント!

■アカデミック・イヤー(39週間)

プログラム費用 $11,055 →$10,555 $500(約49500円) ディスカント!

■アカデミック・セメスター(27週間)

プログラム費用 $7,935 →$7,735 $200(約19800円)ディスカウント! 

*2013年6月30日までに新規お申し込み&お支払いの方が対象です

ELSでは2013年度からアカデミック・イヤー・プログラムではさらにサポートが充実し、「スタディプランニングサポート」「在豪日本人による懇談会」が行われます。詳細はこちらから


留学プランや、費用お見積もり、その他ご質問などご相談・お問い合わせをお待ちしています!