2013年3月12日

大学の科目受講が出来る1年間の留学プラン

シドニー工科大学(UTS)附属校インサーチでは、大学で認められている単位を受講できるスタディーアブロードコースを今年から正式にスタートしました。


UTS:インサーチとは


シドニーでも人気大学3本指に入るシドニー工科大学(UTS)の附属専門学校です。ここでは、シドニー工科大学を目指す生徒さん向けに進学の為の準備コース(英語、ファンデーション)、および一部大学認定コース(ディプロマ)を開講しています。

シドニー工科大学はオーストラリアの工科大学5校からなるAustralian Technology Networkのメンバーです。このグループに参加する大学は、オーストラリアでも産業界と密接に結びついて、大学でありながらも卒業後にすぐに仕事で役立てるスキルを身につけられる為人気があります。
また、シドニー工科大学は豪州トップクラスの大学で国際的にもその地位を認められており、近年では2012年のQS世界大学ランキングで優れた高等教育機関として5つ星の評価を得ました。シドニー中心部にある数少ない大学の一つです。

シドニー工科大学に入学を希望する生徒さん対象コース以外にも、インサーチは英語プログラムの開発としても知名度があり、一般英語およびアカデミック英語コースを各種開講しています。インサーチの講師陣、サポート体制、最新施設の完備により人気があります。



インサーチのスタディアブロードについて


スタディアブロードというのは、一般的に半年〜1年間高等教育機関のクラスに参加をするプログラムのことです。
インサーチのスタディアブロードプログラムでは、基礎となる英語力を最初につけ、その後の4ヶ月間(1学期)で大学認定科目を含めて3科目を学びます。

■基本コース
英語プログラム 10〜20週間+アカデミックプログラム 16週間=合計26〜36週間(およそ7〜9ヶ月)

■アカデミックプログラム
ビジネス(3科目)/IT(3科目)

ビジネスコースは、AACSB*の認証を受けているUTSビジネススクールと共同で開発されました。修了後には企業における会計、財務、マーケティング、経営のしくみを明確に理解することができるようになります。
*世界のビジネススクールを査定する機関。AACSB認定大学は世界のビジネススクールの中でもトップ5%に入ると言われています。

ITコースは、シドニー工科大学の工学・情報技術学部と共同で開発されました。修了後には、システムの問題を分析しつつ解決策を明らかにし、基本的なネットワークを構築し、さらにオブジェクト指向のコードを書く上で必要な技能を身につけることができます。

■入学日
英語コース:2013年4月15日/5月20日/6月24日/7月29日/9月2日/10月7日/11月11日
アカデミックコース:2013年6月3日/9月30日
*毎年2月、6月、10月に開講されます。

4月から英語コースに入学をすると、20週間の英語コースの後、9月末のアカデミックコースに入学をし、翌年1月にコースが終了する形になります。

また、英語力のある方であれば6月から英語コースに10週間通い、9月末のアカデミックコースに入学をし、翌年1月にコースが終了する形になります。

逆にしっかり英語力をつけてから進学をしたい方は、30週間の英語コースを2月初旬にスタートする事も可能ですし、既にアカデミックプログラムに入る英語力のある方は、ダイレクトにアカデミックプログラムに入学も可能です。
入学日は英語力や生徒さんのプランに合わせて、自由にプランをする事が可能です。 




入学の条件は?


■英語力条件:IELTS 6.0(アカデミックオーバーオール)もしくは相当の英語力
■アカデミック:高校卒業(ビジネスGPA3.0以上 /IT GPA2.8以上)

一般的に、IELTS5.5の場合は、およそ10週間の英語コース就学が必要となります。英語力の結果によりお申し込みが可能ですが、アカデミックプログラムへのご入学は、規定の英語力に達しない限り入学が出来ませんので、余裕を持ったプランニングがお勧めです。



スタディアブロードの体験談


<サトウ ミノリさん 日本> ITプログラムに参加

ITの授業やプロジェクトはとても実践的で、将来の仕事に備えることができます。また、講師陣の質も大変高く、学業面でのサポートはとても役に立ちました。







<ジェイ ジュンさん 韓国> ビジネスプログラムに参加


ビジネス課程の質は非常に高く、先生方はとても頼りになりました。クラスが少人数制なので、グループワークを通じて沢山のことを学ぶことができました。





<ハギノ ダイキさん 日本> 英語プログラムに参加

英語のライティングが僕にとって最大の課題でしたが、UTS:INSEARCHのコースを修了したことで進学の可能性が広がりました。今では大学修士レベルのライティングとリーディングが可能になりました。



—————————————-

他大学で行っているスタディアブロードとの違いは、一緒に勉強をするのが現役大学生ではなく、現在大学に進学を目指している専門学校生であるという事です。ただ、インサーチの場合は周辺他大学の附属専門学校に比べローカル学生の率も高い方ですので、雰囲気や授業の厳しさは大学と同じように感じられると思います。もちろん、インサーチの生徒さんは隣接しているシドニー工科大学の施設も使う事が出来ます。

インサーチはUTS大学の附属校とはいえ、かなりの実力校。インサーチから大学への進学率は80%以上、更に入学した生徒さんは、大学を卒業時成績優秀者に選ばれる事もあるほどです。実際に通っていた生徒さんもなかなかハードな生活で、インサーチで学ぶ事に誇りを持っているようでした。

「大学聴講」ではなく、現地の大学科目をローカルの生徒と一緒にしっかり勉強をする事が出来るインサーチのスタディアブロード。卒業後は修了証ももらえます。
入学日や英語力条件などが決まっているので、気になる方は早めにお問い合わせ下さい。無料英語チェックテストも、東京支店で受験可能です!