2013年5月1日

大学を休学してTAFE NSWでビジネス学んでます!

2013年6月末、TAFE NSW(州立専門学校)での Certificate IV in Business コースを終了する長島君から体験談をもらいました!大学を休学して1年間の留学も終盤を迎えています。英語を学んだ語学学校ELS Universal English Collegeと現在就学中のTAFEでの専門コースについて、ロングインタビューです。

大学を休学して学べることは英語だけではありません。ご参考ください!

お名前長島 智康くん
ビザの種類学生ビザ
学校名ELS Universal English College
コース名アカデミックセメスター
コース期間2012年 9月 10日~ 2013年 1月 25日までの 20週間

学校名TAFE NSW Sydney Institute Ultimo Campus
コース名Certificate Ⅳ in Business
コース期間2013年 2月4日〜 2013年 6月 30日までの 21週間

まずは英語・・

DSCN1212
ELS Universal English College で英語を学びました。
コースはアカデミックセメスターを選択しました。

アカデミックセメスターでは、期間中に自由にコースを変えられること(一般英語からアカデミックイングリッシュ、IELTS、ケンブリッジなど)が魅力的だったのでこのコースを選びました。実際僕は、途中でアカデミックイングリッシュのクラスに進み、結果としてTAFEへ進学することができました。また、TOEICは2回、IELTSとケンブリッジは1回、無料で受けることができ、僕はTOEICを2回無料で受けました。これも魅力の一つでした。


ELSのコースでは、どんな勉強をしましたか?


一般英語で12週間、アカデミックイングリッシュで8週間勉強をしていたのですが、一般英語では各1ヵ月のタームごとに、ターム末のテストに向けて1つか2つの文法を中心に勉強し、様々なテーマでディスカッションをしたり、短いエッセイを書くこともありました。もちろんリスニングの練習もあり、すべてのスキルにおいて鍛えることができました。

アカデミックイングリッシュは一般英語とは少し違い、英語で何かを勉強するために必要なスキル、リスニングノートテイキングやリーディングノートテイキング、きちんとしたエッセイの書き方、プレゼンテーションの仕方など を学びました。このコース中にいくつかの課題があり、それらをクリアしないとTAFEに進学出来ないということもあり、緊張感を持って勉強することができました。



ELSの先生や学校の設備は、どうでしたか?


先生はとてもフレンドリーで、休憩時間でも生徒と一緒になっておしゃべりをしている先生もいました。
職員室に行ってわからないことを聞きに行くこともでき、質問以外にも勉強法などのアドバイスもくれました。また、受付のスタッフもとても親身に相談に乗ってくれました。
学校の設備は、コンピュータールームやラウンジ、ブックコーナーなどが揃っていて充実していたと思います。



ELSのクラスの雰囲気を教えてください


一般英語ではとても和気あいあいと楽しく英語を勉強していました。1クラスの生徒数は約15人で、僕は1回クラス替えがありましたがどのクラスでも日本人は1クラスに3,4人でした。他の国籍としては、ブラジル、スイス、フランスが多く、それ以外には、イタリア、ドイツ、タイ、韓国、台湾など、様々な地域の学生がいました。

アカデミックイングリッシュも1クラス約15人で、アジアの学生がほとんどでした。TAFEや大学への進学を志望する学生がほとんどなので、緊張感がありました。それでも楽しくやるときとしっかりやるときとメリハリをつけてやっていました。コースの最終日には、先生の計らいで学校の近くの公園にピクニックに行き、各国の料理をみんなで持ち寄ってのんびりとした時間も過ごしました。



ELSには、どのようなアクティビティがありましたか?


動物園や水族館、ウォーキングクラブやサーフキャンプなど、幅広いアクティビティがありました。僕が参加した中では、サッカー観戦とキャンベラへの日帰り旅行が印象的でした。



ELSのおススメ出来る点を教えてください。


学校の立地も非常に良かったと思います。学校の周りにはカフェやフードコートが多くあり、またオペラハウスやサーキュラーキーにも徒歩数分で行けるというのは魅力だと思います。学校の下にあるカフェの店員さんがおもしろくフレンドリーでよく行っていました(笑)



ホームステイをされた方は、ステイ先について教えてください。


ホームステイでは、食事が付いて自炊をする必要がなかったのでとても楽でした(笑)ホストファミリーにはレストランに連れて行ってもらったり、子供たちのイベントにも行きました。家では一緒にスポーツ観戦をしたり、流行りの番組を見たり、またシドニーについても教えてもらい、良い英語の練習にもなりました。



渡豪前の英語力と、現在の英語力の変化を、どのように感じていますか。


どのスキルにおいても向上したと思います。特に、以前に比べればスムーズに話すことができるようにもなり、読むスピードも速くなったと思います。日本にいる時とは違い、日常的に英語に触れているので、吸収が早いと思います。

DSC_0776



Academic Englishを規定の成績で終え、TAFEへ進学


TAFE の Certificate IV in Busines への進学を決めたのは、前に通っていたELSで1年間勉強する予定でしたが、ELSで受けたかったコースがなくなってしまったのと、やはりネイティブのいる環境で勉強したいという気持ちからこのTAFEを選びました。TAFEではビジネスの授業を受けていて、今までビジネスの勉強をしたことがなく、将来的にも役立つだろうと思いこのコースを選びました。



TAFEのコースでは、どんな勉強をしていますか?


Certificate IV in Busines では、商品やサービスのプロモーション、予算のマネジメント、リーダーシップ、顧客サービス戦略などを受けています。
どの科目でも基本からしっかりとやっていますが、専門用語はもちろんのこと、今まで勉強したことがないことを英語で勉強するのは、非常に難しいです。(笑)



TAFEの先生や学校の設備は、どうですか?


先生はとても親切で、気軽に授業中や授業後の質問ができます。また、自分がインターナショナルの生徒ということで非常に優しくしてくれます。(笑)
学校の設備は、カフェテリアはメニューも多く、図書館も本の種類が豊富なのでとても充実しています。



TAFEのクラスの雰囲気を教えてください。


自分のクラスは約25人で、約7割はローカルの学生です。雰囲気は、みんな仲が良く、授業中に積極的に発言しています。また、ローカルの学生が発音の練習をしてくれたり、英語の宿題をくれるので、とても良い勉強になります。



TAFEでのどのようなアクティビティがありましたか?


ときどきキャンパス内で無料でホットドッグやアイスを配っていることがあります。
また、インターナショナルの学生向けのワークショップやイベントもあります。




TAFEのおススメ出来る点を教えてください。


語学学校と違って、英語は出来て当たり前、英語で何かを勉強するという環境なので、非常に大変ですが、それが英語の勉強にもなるのでとても為になります。語学学校でもそうでしたが、色々な国の友達ができ、さらにローカルの友達もできるのは良い点だと思います。また、TAFEには日本語のコースもあり、図書館で日本語を勉強している学生に話しかけられるという嬉しい出会いもありました。



今後の予定・将来の目標を教えてください!


今後の予定は、9月に日本に帰国し大学3年生を再スタートして、12月からの就職活動に臨みます。将来の目標としては、今はまだしっかりと決まっていないのですが、何らかの形で日本と海外が繋がるような仕事につきたいと思っています。



これから留学する人へ何かアドバイスをお願いします。


とにかく何事にも積極的にチャレンジすることが大事だと思います。それは英語だけでなく、留学中にしかできないこと、遊びでも何でも色々なことに挑戦してみると良いと思います。人との出会いに関しても、学校内外かかわらず、いつどこで何が起きるかわかりません。様々な面において確実に成長出来る機会なので、楽しむ気持ちを忘れずに充実した時間を過ごしてほしいと思います。お酒が飲めない人でも十分楽しめます。(笑)

DSCN0547


オーストラリア留学センターを利用された率直な印象をお聞かせ下さい。


オーストラリア留学センターさんは、サポートが無料というのが魅力的です。また、オーストラリアに本社があるエージェントさんということは非常に信頼できる点だと思います。
オーストラリア各地に支店があるというのも安心できる点です。オフィスの方々はとても親切で、来たばっかりでわからないことややらなければならないことを教えてくださり、また学校の手続きなどでも、何度も助けてもらいました。もちろん、慣れた今でも助けてもらっています。(笑)