2015年2月4日

延長率が高い イングリッシュランゲージカンパニー

英語選びの際、大規模校はクラス分けはしっかりしているけれど、学校の雰囲気がさっぱりしていて不安という声を聞くことがあります。その中で、イングリッシュランゲージカンパニー(ELC)はアットホームさとクラス分けの細かさが同居している学校です。
学校卒業前にはもっと学校に通いたくて延長してしまう人も多いELC。高い延長率のヒミツをご案内します!


クラスの一体感

他の学校の学生さんからのフィードバックに比べ、「友達との時間が楽しい、クラスの一体感が有る⇒学校で学ぶのが楽しい。」という感想が多いELC。豊富なアクティビティに加え、先生のクラスでの雰囲気作り、会話を多く取り入れたカリキュラムなどもクラス全体のモチベーションアップに影響しているようです。



先生のクオリティー

ELCはオーナーがもともと英語の先生なので、先生のクオリティーには拘りがあります。
先生の採用には資格や経験があることはもちろんですが、ELCでは先生たちの教育にも力を入れており、定期的なトレーニングに加え、ベテランの先生から若い先生までみんなが学べるワークショップを回り持ちで行っているそうです。
テーマは教授法についてから、学生さんからのフィードバックの活かし方など、毎月そのテーマに対してみんなが新しいアイディアなども出し、活発な話し合いが行われるそうです。学生さんたちが英語力を伸ばしてその先の目標に進めるよう、先生たちも時間をかけて教授法を日々磨いてくれているのは嬉しいですね。



フレンドリーなスタッフ

ELCの学校スタッフには日本人はいませんが、先生はもちろん、受付から広報スタッフ、アクティビティコーディネーターまで、いつも笑顔で対応してくれるので話しやすい!
実際、生活相談などはあまり時間を割いてくれない学校も多いのですが、ELCのスタッフは学校のことからアルバイトやシェアハウス、恋愛相談(!)まで、何でも相談にのってくれるそうです。



その他、人気のポイント

‐弱点克服が可能な午後の選択授業(スペシャルフォーカスモジュール)
‐アクティビティのように参加ができるオプション授業(イングリッシュエクストラ)
‐週25時間授業



イングリッシュランゲージカンパニーについて

学生が英語力をアップさせるにはどうしたらよいか、ということを徹底的に考えてカリキュラムを組んでいるELC。講師や授業のクオリティが高いことに定評があり、南半球のベストスクールを決める“LTM Star Language School Southern Hemisphere“という国際的な賞において、2007年・2009年・2011年、2012年には見事最優秀語学学校に選ばれています。


いかがでしょうか?
学校選びはカリキュラムだけではなく、学生生活全体が楽しく過ごせるかどうかというのもポイントの一つです。ELCを更に詳しく知りたい方は是非こちらまでご相談下さい!