2013年9月18日

スキル別クラス分け! 大学施設が利用可能!

英語のスキルレベルでクラス編成がされて、さらに大学施設が利用可能な学校って。。。
えーーそんな学校ないですよね?って思われた方、、実はあるんですよ!

slide_13
アデレードにある名門大学フリンダース大学の付属英語学校(IELI / Intensive English Language Institute)では上記のポイントに加え、大学付属なのに費用がリーズナブルと言う嬉しいオマケもついてきます。フリンダース大学付属英語学校の3つのお薦めポイント!!をご紹介します!


スキル別クラスで英語学習!


初日に受けたテストを元に各スキル毎のレベルで授業を行います。スキル別授業を取り入れている学校は非常に少ないですが、実施している学校のレベルが高いのは周知の事実。授業時間数は、22時間の先生からの授業に3時間の選択授業です。

IELI

フリンダース大学付属英語学校の大きな特徴ですが、クラスはスキル・科目(コミュニケーション、 リーディング/ライティング、リスニング)に分かれ、各々の分野でレベル分けがされ授業が行われています。
(例)リーディングの力がレベル3なら、リーディングレベル3のクラス。リスニングがレベル4ならリスニングレベル4のクラスなど。スキル別のクラスわけになります。

このスキル別クラスわけの恩恵は、各それぞれのスキルを伸ばすことによって苦手な部分を徹底して勉強できるということを意味しています。同校で学ぶ生徒は英語が伸びるのが早い!と言われるところですね。英語レベルは7レベル。初級者から上級者まで学べる英語コースはかなり充実しているのと、ホームステイも学校から30分以内のファミリーを選んでくれるのも嬉しいポリシーだったりします。


大学施設を利用できる


大学付属英語学校の大きなメリットの一つとして、大学施設が利用できることです。
フリンダース大学は、アデレード市内から12キロのアデレードヒルの南部山麓に位置しており、豊かなキャンパスライフをエンジョイすることができます。交通機関はバスとなり市内中心部から15~25分ほど。キャンパスからは、セントビンセント湾とアデレード市内の美しい景色を見渡せます。

フリンダース大学付属英語学校の生徒は、フリンダース大学キャンパス内にある「図書館」「コンピュータ」「スポーツジム」などの全ての施設を利用することができます。キャンパス内ではオーストラリア人の学生はもちろんのこと、海外からの多くの留学生と交流ができます。

Flinders_Uni


大学付属なのに授業料がリーズナブル


多くの大学付属は施設利用なども含め授業料が高めの設定になってしまいます。
アデレードは留学生に優しい生活費を抑えることが出来る都市ですが、フリンダース大学付属英語学校の授業料もお財布に優しいリーズナブルな設定です。

2013年 授業料
1~25週週あたり350ドル
30週以上週あたり315ドル

2014年 授業料
1~25週週あたり370ドル
30週以上週あたり333ドル

2014年度授業料は、2013年度に比べて1~25週で週あたり20ドル!、30週以上で週あたり18ドルの値上げになります。
2013年10月末までのお申し込みに限り、2014年入学でも2013年料金が適応されます!


真剣に学びたい人へ


いかがでしたでしょうか?
アデレードは最も日本人率の低い州都ですから、学校もプライベートも英語漬けになれる環境なので、フリンダース大学付属英語学校の選択は、真剣に英語を学びたい留学生にとって、たくさんのメリットがあるのではないでしょうか。

2014年料金が発表済みとなり、大幅値上げになりますが、2013年10月末までのお申し込みで2013年料金が適応されますので、英語を真剣に学ばれたい方、将来フリンダース大学へ進学希望の方、などお早めにお問合せください!

アデレードについてはココから!