2017年10月1日

ブリスベンでTESOLを学ぶ


2020年の東京オリンピックと同時期にむけて、日本の小学校でも小学校3年生から英語教育を開始するという方針が発表されましたね。

ますます英語の必要性が重視されている中で、注目のコースがTESOLコース!TESOLとは、Teaching English to Speaking of Other Languagesの略で、英語を母国語としない学生(児童~成人)に対する英語教授法を学ぶコースとなります。

2017年11月現在、ブリスベン地区でTESOLコースを開講しているのは、Australian Language School(ALS)になり、CertificateIVのコースを開講しています。
ALS

学校名Australian Language School
コース名Certificate IV in TESOL
コース期間8週間
入学日2018年1月22日、6月4日、7月30日
入学条件IELTS5.5 以上または学校独自のテストに合格すること

入学金195ドル
教材費400ドル
授業料230ドル
宿泊費3,100ドル→2,600ドル※
州立小学校見学費用200ドル→無料※
合計3,195ドル(日本円で約281,160円程)


出願の注意点

ALSのTESOLコース受講の際は、事前に規定の英語力レベルをクリアしている証明が必要となりますが、日本から事前にオンラインテストを受ける事ができます。このオンラインテストの結果によって、TESOLのコースに入る基準のIELTS5.5のレベルになるまで、何週間英語コースが必要か算出してもらう事が可能です。留学のプランも立てやすくなりますから、TESOLコースを希望する場合は、まずレベルチェックテストを受けていただくことをおおすすめします。

また、学校は各入学日に対して入額枠を設けていますから、いずれの入学日も定員数に達し次第、受け入れが締め切られます。この入学枠はもちろん英語力テストを受ける時間の含め、時間に余裕をもって準備を進めていきましょう。

将来英語を使って仕事をしたいとお考えの方、英語講師としてのステップの為など、興味のある方は下記お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合せ下さい!