2016年8月11日

ワーホリで介護資格を得て仕事に繋げよう!

ワーキングホリデービザでは最大17週間までの通学が許可されています。もし語学学校への通学ではなく、オーストラリアで資格を取るために通学したいと考えているようでしたら、こちらのエイジド・ケア(老人介護)コースが大変おすすめです!

特に日本で看護師だった方、アシスタントナースとしてオーストラリアの老人介護使施設で、そのまま仕事に直結するコースです!

学校・コース紹介


学校名EQUALS International
キャンパスアデレード・シティキャンパス
コースCertificate 3 in Individual Support(Ageing)
授業料2495ドル
期間10週間
(老人介護施設等での160時間の実習がコースには含まれます)
入学時期2016年は 9月6日、10月4日、11月1日 の3回残すのみです!
入学条件・高校卒業同等もしくはそれ以上
IELTS5.5以上もしくは同等の英語力

アデレードで開校から23年以上の歴史のある EQUALS International は、看護師、介護、リメディアルマッサージなどのコースで実績のある専門学校です。ローカルの生徒と留学生が両方通学する環境での学習となりますので、大変ですが非常にやりがいのあるコースとなります。
コース終了後は、オーストラリア認定の Certificate Ⅲ が取得できますので、オーストラリアの資格として履歴書に書いていただき、お仕事探しに役立てる事が可能となるコースです。


卒業後のお仕事について

日本と同じようにオーストラリアでも老人介護は人手が必要とされている分野です。

特に同校のあるアデレード、南オーストラリア州はご高齢の方の居住率の高い都市でもありますので、需要が高い(就職に繋がりやすい)分野です。
このコースを修了した後の就職先としては、エイジドケアセンターやデイケアセンター、ナーシングホームの職員として、オーストラリアの老人介護に関わるようなお仕事ができます。

ワーキングホリデービザをお持ちの方ですと、同一雇用主の元で最大6ヶ月まで働く事ができますので、学校終了後にオーストラリアでお仕事を得て働くチャンスが広がります!

英語力に自信がない場合


もし英語力に自信がない場合でも、このコースを目指すチャンスはあります。
EQUALS International では英語力の足りない学生のためにEnglish for Academic Purpose (進学準備英語コース)も開講しています。専門コース受講前に同校のEAPコースを修了して進学することもできますし、アデレードの各英語学校の進学準備コースからも進学可能です。各英語学校の英語力チェックテストは無料で受験できます!

コース卒業後のさらなる進路について


このコースを修了された後、さらにオーストラリアの医療に関わりたいとお考えの場合には、オーストラリアの看護師を目指してさらに学習をして頂く事が可能です。

EQUALS International では、Diploma of Nursing (Enrolled Nurse / Division2) のコースもあり、こちらのコース終了後は、南オーストラリア大学の看護学部の2年次へ編入が出来ます。 そのため、同校のCertificate III in Aged Care(老人介護) から Diploma of Nurse(准看護師) 、さらに Bachelor of Nursing (正看護師)と継続教育が可能です。
今まで看護や介護の経験がないと、オーストラリアの看護師になる為のコースに直接入学する事は難しいのですが、EQUALS International のエイジド・ケアコースは、その後の進学にも有利ですし、第1ステップとしてもおすすめする事ができるコースです!

資格を得たい、就職に繋がるコースで学びたい!とお考えの方、将来的には看護師にも興味がある、と言う方、ぜひお問合せください!